ストリート・アート

ストリート・アート · 15日 7月 2020
バンクシーはイギリスを基盤に活動している匿名の芸術家。現在は世界を舞台に神出鬼没を繰り返しながら活動することが多い。アート・ワールドにおいてバンクシーは、おもにストリート・アート、パブリック・アート、政治活動家として評価されている。ほかに映画制作もしている。 バンクシーの風刺的なストリート・アートや攻撃的なメッセージは、独特のステンシル技法で描かれるグラフィティ絵画とダークユーモアが一体となって表現される。政治的であり社会的な批評性のあるバンクシーの作品は、世界中のストリート、壁、橋に描かれている。 バンクシーの作品は芸術家と音楽家のコラボレーションが活発なブリストルのアンダーグラウンド・シーンで育まれた。そのスタイルは、1981年にパリでステンシル作品を始めた3Dとよく似ていることが指摘されている。バンクシーによれば、のちに音楽グループ「マッシヴ・アタック」のメンバーとなった3Dから影響を受けているという。 バンクシーは、自身の作品を街の壁や自作の小道具的なオブジェなど誰でも見える公共空間に展示する。ストリート・アートの複製物や写真作品を販売することはないが、

ストリート・アート · 26日 6月 2020
『Better Out Than In』は、2013年10月にニューヨークに滞在して制作されたバンクシーによるレジデンス作品。 バンクシーは毎日少なくとも1つの作品を発表し、専用のウェブサイトとインスタグラムのアカウントの両方でその様子を記録した。作品の大半はステンシルグラフィティで、バンクシーの特徴である政治的メッセージが強いものが中心だった。その他の作品やマルチメディアの展示では、ダークなユーモアや風刺を取り入れた作品もあった。 企画の予測不可能性とバンクシーの捉えどころのなさがファンを興奮させる一方で、競合するストリート・アーティストや荒らしたちによる作品の破壊が問題となった。バンクシーの作品は本来違法なものであるにもかかわらず、警察への正式な苦情はなかった。

ストリート・アート · 14日 6月 2020
《モバイル・ラバーズ》は2014年4月にバンクシーがブリストルで制作したストリート・アート。 男女二人が今にもキスをしようとしているが、二人の視線は手に持つ携帯電話に向かっている。背景全体は暗いが携帯電話の周囲に向かって明るくなっていく。女性の携帯電話の光は女性に反映され、男性の携帯電話の光は男性に反映されている。また、二人ともスーツを着ているように見える。 絵はほぼ等身大の大きさで描かれており、真っ黒なドアの上に塗られている。そのためドアが全くないように見え、遠くから見ると二人は小口に立っている非常にリアルの人間に見える。

ストリート・アート · 13日 6月 2020
『分離国会』は2009年にバンクシーが制作した油彩作品『Question Time』をリワークした作品。作品のサイズは2.5メートル×4.2メートルで、バンクシーが描いたキャンバス作品としては最大級となる。英国下院で議論している政治家たちをチンパンジーに置き換えて描いている。 本作品は、2019年の3月から9月の間、ブリストル美術館で2009年に開催された『Banksy vs Bristol Museum』から10年を記念して、ブリストル美術館に展示された。 同年、10月3日にロンドンのサザビーズに出品され、990万ポンド(1,220万ドル)で落札され、これまでのバンクシー作品で最高額となった。

ストリート・アート · 11日 6月 2020
『白黒英国旗柄の防弾チョッキ』はバンクシーがデザインした白黒カラーのユニオンジャック柄防刃チョッキ。 2019年6月28日、イギリスで開催されたロック・フェスティバル「グラストンベリー」で、49年の歴史で初めて黒人のトリを務めたストームジーがステージで着用して話題になった。 バンクシーは「カスタムメイドした防刃ベストを作って、誰がこれを着ることができるのかと思ったんだ。グラストンベリーでストームジーがいい」とInstagramに投稿している。

ストリート・アート · 04日 6月 2020
ニック・ウォーカー(1969年生まれ)はイギリス、ブリストル出身のグラフィティ・アーティスト。山高帽を被った紳士のキャラクター「ヴァンダル」が特徴。 ウォーカーは1980年代から始まったロバート・デル・ナジャを中心とするステンシル・グラフィティ運動の一躍を担った芸術家で、またバンクシーに影響を与えた人物の1人として知られている。

ストリート・アート · 04日 6月 2020
キース・アレン・ヘリング(1958年5月-1990年2月16日)はアメリカの芸術家。おもに1980年代のニューヨークのストリート・カルチャーから発生したポップ・アートやグラフィティ・アートの中で活躍したことで知られる。 ヘリングはニューヨークの地下鉄内で自発的に描いたグラフィティ作品を通じて人気を集めた。黒い広告大の背景にチョーク・アウトライン形式(犯罪現場で被害者の位置を書き記しするための線)のシンプルな絵画が特徴で、よく描くモチーフは「Radiant Baby(光輝く赤ん坊)」「円盤」「犬を象徴するもの」などである。 ヘリングの絵画は「多くの人が認知しやすいビジュアル言語」の要素があり、また後期作品においては政治的、社会的なテーマ、特にホモセクシャルやエイズなどのテーマが含まれるようになった。ホモセクシャルやエイズはヘリング自身の象徴でもあった。

ストリート・アート · 04日 6月 2020
ミスター・ブレインウォッシュはロサンゼルスを基盤として活動するフランス人ストリート・アーティスト。2010年にバンクシーが監督した映画『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』でバンクシーが撮影した男性として知られている。本名はティエリー・グエッタ。 ジョン・レノンやビリー・ホリデイなど、著名なアーティストをアイコンにしたアート作品で知られている。2009年にマドンナは自身のアルバム『セレブレーション』のカバーアートとしてグエッタのマリリン・モンローを主題とした作品を利用した。

ストリート・アート · 04日 6月 2020
インベーダー(1969年生まれ)はフランスのストリート・アーティスト。スペース・インベーダーと呼ばれることもある。 1970年代から1980年代の8ビットビデオゲームの粗いピクセル絵画を模範にしている。彼のPNは1978年からアーケードゲームの『スペースインベーダー』から由来している。 作品の多くはビデオゲームのキャラクターから影響を受け、正方形のセラミック・タイルで構成される。

ストリート・アート · 04日 6月 2020
インキーはロンドンを基盤にして活動する画家、ストリート・アーティスト。ブリストル、クリフトン出身。バンクシー、3D、ニック・ウォーカーとともにブリストルのグラフィティ・シーンを形作った芸術家の1人と評価されている。 インキーは1983年にクライム・インコーポレイテッド・クルー(CIC)で、フェリックスやジョー・ブラウンらとともに働きはじめる。1984年に、映画『ワイルド・スタイル』に影響を受け、フリーハンドでグラフィティを描きはじめ、本格的に活動を開始する。 インキーは1989年にイギリスで最大のグラフィティ一斉摘発「アンダーソン作戦」で逮捕されたアーティストたちの主犯格と、当局からみなされている。

さらに表示する