7月1日


・ゼロヘッジ:実行中のグレートリセット「言論の自由」を終わらせる

 

漫画家でイラストレーターのアリレザカリミモガダムは、ゴッホの作品に恋をし、ゴッホの歴史に没頭し、彼の人生に触発された作品を生み出した。

 

・NYタイムズ:もう見逃せない、別世界のペルソナを持つ歌手、クラウス・ノミ

 

この記事は、その死がthe TIMES紙で報道されなかった、後に注目される人物の死亡記事シリーズ「Overlooked」の一部です。

 

いわゆる、生前はゴッホのように完全にメディアに無視されたが、死後しばらくたって報じるようになった人たちの連載である。

 

クラウス・ノミはエイズに感染していた。彼は8月に病気の合併症で亡くなった。1983年6月6日。彼は39歳だった。

■関連記事:クラウス・ノミ「ニューウェーブの実験オペラ」

 

 

・ゼレンコ博士が6月30日にがんで亡くなりました。彼の死を報じるメディアはないでしょう。世界一詳しいゼレンコ博士のディープ解説を読みたい方は、外部サイトへ