カテゴリ:作品解説



作品解説 · 30日 6月 2022
【作品解説】フィンセント・ヴァン・ゴッホ作品一覧
《ひまわり》《星月夜》といった代表作やオークションの高額落札品までゴッホの作品を幅広く紹介しています。
作品解説 · 15日 6月 2022
【作品解説】フィンセント・ファン・ゴッホ「オーヴェルの教会」
《オーヴェルの教会》は、1890年にフィンセント・ファン・ゴッホによって制作された油彩画。実物の教会は、パリの北西27kmに位置するフランス、オーヴェル・シュル・オワーズ市のエグリーズ広場にある。本作品は、パリのオルセー美術館が所蔵している。
作品解説 · 13日 6月 2022
【作品解説】フィンセント・ファン・ゴッホ「小麦畑」
《小麦畑》はフィンセント・ファン・ゴッホが、宗教的な学習や説教、自然とのつながり、肉体労働者への感謝、他者に安らぎを与える手段を提供したいという欲求から生まれた数十点の絵画シリーズ。 1885年にオランダで制作された《麦束》から、1888-1890年にフランスのアルル、サンレミ、オーヴェル・シュル・オワーズで描かれたカラフルでドラマチックな作品まで、彼の芸術家としての成長を示す麦畑の作品群。 「ゴッホと神』の著者であるクリフ・エドワードは、次のように述べている。 「ゴッホの人生は統合の探求であり、具体的にはゴッホが関心を持った「宗教」「芸術」「文学」「自然」の観念をいかに統合するかであった」。
作品解説 · 12日 6月 2022
【作品解説】フィンセント・ファン・ゴッホ「アルルの寝室」
《アルルの寝室》は、1888年にフィンセント・ファン・ゴッホによって制作された油彩作品。ゴッホ自身が付けたタイトルは「寝室」である。 「黄色い家」として知られる、フランス、ブーシュ・デュ・ローヌ県アルルのラマルティーヌ広場2番地のゴッホの寝室を描いたものである。 右側の扉は上階と階段に通じており、左側の扉はゴーギャンのために用意した客間の扉である。 正面の窓からは、ラマルティーヌ広場とその庭園が見える。この部屋は長方形ではなく、正面の壁の左側の角が鈍角、右側の角が鋭角の台形であった。 ゴッホの手紙によると3つのバージョンがあり、それらは右側の壁に描かれた絵で簡単に見分けることができる。
作品解説 · 12日 6月 2022
【作品解説】フィンセント・ファン・ゴッホ「ファン・ゴッホの椅子」
《ファン・ゴッホの椅子》は、1888年にフィンセント・ファン・ゴッホによって制作された油彩作品。ロンドンの国立美術館が所蔵している。 タイル張りの床の上に、素朴な木製の椅子と、藁で編まれたシンプルな座面が描かれている。椅子の座面には、装飾されたパイプとパイプタバコの入ったポーチが置かれている。背景にはゴッホの名前が書かれた玉ねぎの箱がある。 ゴッホの作品カタログ制作者であるヤン・ハルスカーは、「後年に、これほど多くのことが書かれたゴッホの絵はほとんどない」と指摘したほど、ゴッホの代表的なイメージとなっている。
作品解説 · 09日 6月 2022
【作品解説】フィンセント・ファン・ゴッホ「ペール・タンギーの肖像」
《ペール・タンギーの肖像》は、1887年にフィンセント・ファン・ゴッホが描いた油彩画。「タンギー爺さんの肖像」と呼ばれることもある。 ゴッホはタンギーを3点描いているが、そのうちの1点である。これらの作品はパリに移った後のゴッホの画風の進歩をよく示しており、ゴッホが自分自身に求めていた静寂さが伝わってくる。 本作品は、パリのロダン美術館に所蔵されている。
作品解説 · 14日 5月 2022
【作品解説】アンディ・ウォーホル作品一覧「マリリン・モンロー、スープ缶、毛沢東など」
ダビデ像で知られるミケランジェロの作品を解説します。
作品解説 · 20日 4月 2022
【作品解説】アンディ・ウォーホル「マリリン二連画」
《マリリン二連画》は1962年にアンディ・ウォーホルによって制作されたシルクスクリーン作品。ウォーホルの代表作品の1つでカミーユ・パミラをはじめ多くの批評家から賞賛されている。 この作品は1962年8月にマリリン・モンローが死去した直後に制作されたもので、キャンバスに50ものモンローの顔を描かれている。描かれているモンローの顔は1953年に公開されたマリリン・モンロー主演のカラー映画『ナイアガラ』の宣伝広告用の写真を元にしている。 画面左側に敷き詰められた25のモンローの顔は明るく着色されているが、画面右側の25のモンローの顔は黒と白のモノクローム調になっている。キャンバスの"左右の関係性"やモンローの"生と死の関係性"など、モンローの人生における出来事や意味を多重的に見せる形で画面が構成されているのがポイントである。これに近い表現方法は、シュルレアリストことサルバドール・ダリのダブルイメージやマルセル・デュシャンの作品群などがある。
作品解説 · 19日 2月 2022
【作品解説】マスクを付ける南アフリカの人々
《マスクを付ける南アフリカの人々》は、Senzart911が2022年に南アフリカ共和国・ソウェトのクリプタウンの壁に制作したストリート・アート。 オミクロン株の流行、またCOVID−19無症状陽性者の隔離を廃止したころに制作したもので、HIVとCOVID-19の関連性を描写していると思われている。
作品解説 · 12日 1月 2022
【作品解説】クロード・モネ「死に際のカミーユ」
《死に際のカミーユ》は、1879年にクロード・モネによって制作された油彩作品。 モネが妻を描いた絵の中でも最も衝撃的な作品であり、最も切実な作品。カミーユとクロードの真の優しさ、揺るぎない愛を表現している。 カミーユは晩年、出産に伴う消化不良症などの病気を患い、大きな苦しみを味わい、32歳の若さで亡くなった。モネは深い悲しみに包まれながら、この複雑な作品を制作した。

さらに表示する