その他

その他 · 19日 5月 2020
「Artnet.com」は、米国ニューヨークに本社を置くアートネット・ワールドワイド・コーポレーション(Artnet Worldwide Corporation)が運営している世界最大の美術売買サイト。 フランクフルト証券取引所に上場しているベルリンに本社を置くドイツの上場企業であるアートネット社(Artnet AG)が所有している。2015年には、アートネットは新規登録数が120%増加し、販売された作品点数が顕著に増加。 本社はアメリカのニューヨークに存在する。所有はドイツを基盤にしている株式会社「Artnet AG」。この会社はフランクフルト証券取引所に登録されている。ほかに、ロンドンに小会社「artnet UK Ltd.」が、パリに小会社「artnet France sarl」が存在する。

その他 · 13日 1月 2020
コラージュは芸術における表現手法の1つで、おもに視覚美術の領域で使われる。 異なる素材を組み合わせて、本来の素材が持っていたイメージや性質が切り離され、新しいイメージや性質を作成する技法である。そのため錬金術と言われることもある。よく利用される素材は雑誌、新聞の切り抜き、リボン、絵、写真など。 コラージュの起源は数百年さかのぼることが可能だが、20世紀初頭に前衛芸術の1つの手法として劇的なムーブメントを起こした。なお"コラージュ"という言葉は20世紀初頭にジョルジュ・ブラックとパブロ・ピカソによって作られた造語である。

その他 · 15日 12月 2018
ジグムント・フロイト(1856年5月6日 - 1939年9月23日)は、オーストリアの精神分析学者、精神科医。 神経病理学者を経て精神科医となり、神経症研究、心的外傷論研究(PTSD研究)、自由連想法、無意識研究、精神分析の創始を行い、さらに精神力動論を展開した。 「無意識」を初めて扱ったフロイトの精神分析は、シュルレアリスムに多大な影響を与えた。

その他 · 12日 12月 2018
ジョルジュ・アルベール・モリス・ヴィクトール・バタイユ(1897年9月10日-1962年7月9日)はフランスの知識人、作家。 文学、哲学、経済学、社会学、人類学、美術史など幅広い分野で執筆活動していたが、特にエロティシズムや神秘主義、シュルレアリスム、非倫理的なフィクションに関する著作で世界的に知られるようになった。 代表作は『眼球譚』や『エロティシズム』。バタイユの作品は、ポスト構造主義を含むのちの社会理論や哲学に大きな影響を与えた。

その他 · 10日 12月 2018
クリスティーズはファイン・アートのオークション会社。ほかに宝石、時計、家具など80種以上におよぶ分野の商品を取り扱っている。 現在世界最大のオークション会社の1つで、2014年には半年間で8億ポンドの売上を記録、2013年の同期間より20%売上が増加した。本社はロンドンのキングストリートとニューヨークのロックフェラープラザをにあり、東京、ロサンゼルス、パリ、ジュネーブ、香港、シンガポールなど世界各地にオークションハウスがある。

その他 · 10日 12月 2018
クリスティーズはファイン・アートのオークション会社。ほかに宝石、時計、家具など80種以上におよぶ分野の商品を取り扱っている。 現在世界最大のオークション会社の1つで、2014年には半年間で8億ポンドの売上を記録、2013年の同期間より20%売上が増加した。本社はロンドンのキングストリートとニューヨークのロックフェラープラザをにあり、東京、ロサンゼルス、パリ、ジュネーブ、香港、シンガポールなど世界各地にオークションハウスがある。

その他 · 12日 7月 2018
ヘンリー・ジョージ・リデル(1811年2月6日-1898年1月18日)はオックスフォード大学クライストチャーチの学部長、オックスフォード大学の副学長(1870-1874年)、ウェストミンスター学校の校長(1846-1855)、『ローマ史』の著者。また、ロバート・スコットとの共著『ギリシア語=英語辞典』で"リデル&スコット"として知られている。彼らが出版した『ギリシア語=英語辞典』は現在でも広くギリシア人学生に利用されている。また、ルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』のモデルになったアリス・リデルの父でもある。

その他 · 01日 2月 2018
ナンシー・スペクター(1939年生まれ)は、アメリカのキュレーター。ニューヨークのソロモン・R・グッゲンハイム美術館のチーフクレーター。元ブルックリン美術館のチーフ・  キュレーター。 2017年、ホワイトハウスとトランプ大統領はグッゲンハイム美術館のコレクションであるヴァン・ゴッホの作品《雪景色》の貸付を依頼したが、チーフ・キュレーターのスペクターが依頼を拒否、代わりにマウリツィオ・カテランの18金の便器作品《アメリカ》の貸し付けを提案したことで話題になった。

その他 · 02日 3月 2017
クレメント・グリーンバーグ(1909年1月16日-1994年5月7日)はアメリカの批評家。...

その他 · 08日 2月 2017
バレエ・リュスは、1909年から1929年までヨーロッパと南北アメリカで公演活動を行ったパリに本部があったバレエ団。別名ロシア・バレエ団。今日のモダンバレエの基礎。20世紀の最も影響力のあるバレエ団とみなされている。 設立者で興行主はロシア出身のセルジェ・ディアギレフだが、革命が混乱させたロシアでは一度も公演はなかった。...

さらに表示する