サブカルチャー

サブカルチャー · 17日 1月 2017
レイ・シーザー(1958年10月26日-)はイギリス・ロンドン生まれ、カナダ・トロント在住のポップ・シュルアリスト。デジタル画家。アントワーヌ・ヴァトーの造形に影響を受け、子ども時代の不安な記憶や潜在意識にある世界観を表現している。...

サブカルチャー · 28日 8月 2016
ロウブロウ(Lowbrow)、もしくはロウブロウ・アート(Lowbrow art)とは、1970年代後半にカリフォルニア州のロサンゼルス周辺で起こった地下視覚美術運動を指す言葉である。...

サブカルチャー · 15日 7月 2016
2016年8月4日から8月7日まで、シアトルのセンチュリーリンク・フィールドで開催されるシアトルアートフェアの第二版「Pivot Art + Culture」で、村上隆と有名な美術誌『Juxtapoz』が共同で特別展示企画『Juxtapoz ✕ Superflat』を開催する。...

サブカルチャー · 25日 6月 2016
2016年5月22日から米国バージニア現代美術館(MOCA)で、カリフォルニア州サンフランシスコに拠点を置くロウブロウ・アート雑誌『Hi-Fructose』の回顧展「Turn the Page: The First Ten Years of Hi-Fructose」が開催。 ここ10年間で『Hi-Fructose』の雑誌・ウェブマガジンに掲載されたアーティストのグループ展で、現代の重要なアーティストたち50人以上の作品を総覧できる。...

サブカルチャー · 24日 5月 2016
オードリー川崎(1982年3月31日、カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ)は、ロサンゼルスを拠点としている画家、ポップシュルレアリスト。性衝動の強い思春期少女のエロティックなポートレイトが代表的な作品。 「VOGUE」や「Y...

サブカルチャー · 16日 5月 2016
ラ・ルス・デ・ジーザスギャラリーはロサンゼルスにある企画画廊。ロウブロウアート、カスタムカルチャー、ポップシュルレアリスムに特化した企画画廊である。 ラ・ルス・デ・ジーザスはロサンゼルスで1986年に、起業家でアートコレクターのビリー・シャインによって設立。...

サブカルチャー · 16日 5月 2016
マリオン・ペック(1963年10月3日生まれ)はアメリカの画家、ポップシュルレアリスト。 フィリピンのマニラ生まれ。家族構成は4人姉弟の一番下で、父や母は世界中を旅してまわっており、ペックは幼少期をおもにワシントン州のシアトルで育った。...

サブカルチャー · 07日 5月 2016
カミラ・D・エリコはイタリア系カナダ人のマンガ家、イラストレーター、画家、美術家。ポップシュルレアリスト。現在、カナダのバンクーバーを基盤に活動をしている。...

サブカルチャー · 09日 8月 2015
ティム・ビスカップ(1967年9月21日生まれ)はアメリカの画家、イラストレーター、ロウブロウアーティスト。1950年代の絵本イラストレーションを呼び起こす古風な絵柄が魅力。 美術学校を中退し、大好きだったアニメ「Ren&Stimpy」の作者ジョン・クリクファルセーのスタジオに入り、腕を磨く。...