ストリート・アート

ストリート・アート · 18日 11月 2019
バンクシーはイギリスを基盤に活動している匿名の芸術家。現在は世界を舞台に神出鬼没を繰り返しながら活動することが多い。アート・ワールドにおいてバンクシーは、おもにストリート・アート、パブリック・アート、政治活動家として評価されている。ほかに映画制作もしている。 バンクシーの風刺的なストリート・アートや攻撃的なメッセージは、独特のステンシル技法で描かれるグラフィティ絵画とダークユーモアが一体となって表現される。政治的であり社会的な批評性のあるバンクシーの作品は、世界中のストリート、壁、橋に描かれている。 バンクシーの作品は芸術家と音楽家のコラボレーションが活発なブリストルのアンダーグラウンド・シーンで育まれた。そのスタイルは、1981年にパリでステンシル作品を始めた3Dとよく似ていることが指摘されている。バンクシーによれば、のちに音楽グループ「マッシヴ・アタック」のメンバーとなった3Dから影響を受けているという。 バンクシーは、自身の作品を街の壁や自作の小道具的なオブジェなど誰でも見える公共空間に展示する。ストリート・アートの複製物や写真作品を販売することはないが、

ストリート・アート · 23日 9月 2019
《クリスマスおめでとう》は2018年12月にバンクシーによって制作されたストリート・アート。イギリス、ポートタルボットにある鉄工所労働者のガレージの2つの壁に描かれた作品で、地元の製鉄所から噴出される粉じんに対する抗議を示唆した内容となっている。 2018年12月末、バンクシーはインスタグラムに作品の紹介映像をアップロード。子ども向けクリスマスソング「リトル・スノーフレイク」の音楽にあわせて、両腕を広げて、口を大きく開けて、空から降ってくる雪を食べようと少年の絵が映し出される。 カメラは正面の壁の角をまたいで横面へ移動すると、そこには産業用ゴミ箱と燃え上がる火が描かれているというもの。少年が食べようとしているものは雪ではなく粉じんだった。

ストリート・アート · 09日 9月 2019
「かろうじて合法」は2006年にカリフォルニア州ロサンゼルスにある産業倉庫で開催されたバンクシーの個展。2006年9月16日の週末に無料ショーが開催された。 37歳のインド象「Tai」が展示物の1つとして設置され、象の身体に周囲の部屋の壁紙にあわせて絵柄が描かれた。 展示では多くの人が無視している貧困などの重要な問題に目を向けることを意図しており、「問題があっても、誰もその問題について触れようとしない」という英語の慣用句「Elephant in the room」のメタファーとして、象を設置した。

ストリート・アート · 09日 9月 2019
「Turf War(ターフ・ウォー)」は2003年7月18日から20日にかけて3日間、ロンドンのイーストエンドのキングスランド・ロード沿いの倉庫で開催されたバンクシーの初個展である。展示場所は、開催前日まで明らかにされなかった。 多種多様な表現方法やテクニックで作品を展示している。特に注目を集めたのはサマセット農場から運び込まれた生きた牛や羊の体に直接ペインティングをした「BRANDALISM」作品。BRANDALISMとは家畜に焼印する「Branding」と破壊行為「Vandalism」を掛け合わせた造語である。 警察のカラーで染められた豚や、囚人服の縞模様が描かれた羊、アンディ・ウォーホルの顔が描かれた牛などが展示された。

ストリート・アート · 07日 9月 2019
《愛は空中に》は2003年にバンクシーによって制作されたステンシル作品。パレスチナのヨルダン川西岸地区南部の県ベツレヘムのアッシュ・サロン・ストリート沿いの建物に描かれている。《花投げ》と呼ばれることもある。ベツレヘムはムスリムが多数派だが、パレスチナにおける最大級のキリスト教コミュニティーも存在する場所である。

ストリート・アート · 25日 6月 2019
C215ことクリスチャン・ギュミーはフランスのストリート・アーティスト。パリを拠点に活動しており、現在非常に人気を高めており、"バンクシーに対するフランスのアンサー"と評価されている。 C215はおもにステンシルを使った絵画を制作している。彼の最初の作品は2006年に公開されたが、20年以上(2011年時点で)のキャリアを持つグラフィティ・アーティストである。C215の作品はおもに人物肖像画のクローズアップで構成されている。 C215の主題はおもにホームレス、物貰いなどの人々、難民、ストリート・チルドレン、老人である。扱う主題の背景的根拠は「社会から見捨てられがちな人たち」に対して注意を払うことにあるという。また、猫もC215が頻繁に扱う主題の1つである。

ストリート・アート · 04日 6月 2019
ブライアン・ドネリー(1974年11月4日生まれ)、通称KAWSは、ニューヨークを基盤にして活動している画家、グラフィック・デザイナー、彫刻家、トイ作家、ファッションデザイナー、グラフィティ・アーティスト。 KAWSの作品では同じ具象的なキャラクターやモチーフが繰り返し使われる。それらの多くは彼の初期キャリアである1990年代初頭に創造したもので、当初は平面で描かれていたが、のちに立体に発展した。 KAWSのキャラクターの中にはオリジナルのものと、他のクリエイターのキャラクターをリメイクしたものがある。

ストリート・アート · 05日 2月 2019
インキーはロンドンを基盤にして活動する画家、ストリート・アーティスト。ブリストル、クリフトン出身。バンクシー、3D、ニック・ウォーカーとともにブリストルのグラフィティ・シーンを形作った芸術家の1人と評価されている。 インキーは1983年にクライム・インコーポレイテッド・クルー(CIC)で、フェリックスやジョー・ブラウンらとともに働きはじめる。1984年に、映画『ワイルド・スタイル』に影響を受け、フリーハンドでグラフィティを描きはじめ、本格的に活動を開始する。 インキーは1989年にイギリスで最大のグラフィティ一斉摘発「アンダーソン作戦」で逮捕されたアーティストたちの主犯格と、当局からみなされている。

ストリート・アート · 30日 1月 2019
インベーダー(1969年生まれ)はフランスのストリート・アーティスト。スペース・インベーダーと呼ばれることもある。 1970年代から1980年代の8ビットビデオゲームの粗いピクセル絵画を模範にしている。彼のPNは1978年からアーケードゲームの『スペースインベーダー』から由来している。 作品の多くはビデオゲームのキャラクターから影響を受け、正方形のセラミック・タイルで構成される。

ストリート・アート · 29日 1月 2019
ミスター・ブレインウォッシュはロサンゼルスを基盤として活動するフランス人ストリート・アーティスト。2010年にバンクシーが監督した映画『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』でバンクシーが撮影した男性として知られている。本名はティエリー・グエッタ。 ジョン・レノンやビリー・ホリデイなど、著名なアーティストをアイコンにしたアート作品で知られている。2009年にマドンナは自身のアルバム『セレブレーション』のカバーアートとしてグエッタのマリリン・モンローを主題とした作品を利用した。

さらに表示する