古典

古典 · 21日 7月 2020
ジョット・ディ・ボンドーネ(1267年頃-1337年1月8日)は、一般的にジョットとして知られる中世後期のイタリアの画家、建築家。ゴシック・黎明期ルネッサンス期に活躍した芸術家と見なされている。 ジョットの同時代の銀行家であり歴史家でもあるジョヴァンニ・ヴィラーニは、ジョットを「彼の時代で最も君臨的な絵画の巨匠であり、自然に沿った人物やポーズを描いた」と評価し、彼の「才能と卓越性」は公に認められていたと記録している。 ジョルジョ・ヴァザーリは、著書『最も優れた画家、彫刻家、建築家の生涯』の中で、ジョットはこれまで流行していたビザンチン様式に決定的な打ちこわし、今日私たちが知っているような偉大な絵画芸術を確立し、200年以上も放置されていた技術を蘇らせたと評している。

古典 · 17日 7月 2020
ルネサンスは、日本の教科書や一般的なメディアでは簡単に「古典古代(ギリシア、ローマ)の文化を復興しようとする文化運動」と説明されている。 しかし、本来ルネサンスという言葉はもっと複雑であり、いまだ専門家たちでもさまざまな意見・解釈がなされている。文化運動を指す場合と時代区分を指す場合でしばしば混乱が生じる。 最も共通的に受け入れられている見解としては、ルネサンスとは「中世から近代への移行の印」であり、「15世紀と16世紀を覆うヨーロッパの歴史的期間」といえる。ルネサンスは中世後期のヨーロッパ世界の危機の後に発生した根本的な社会変化と関連した歴史的遷移期間といえる。 なお、標準的に時代区分(15世紀と16世紀)に加え、長期ルネサンス支持者の間には、その始まりを14世紀、終わりを17世紀と主張するものもいる。ルネサンスが近代の始まりなのか、それとも中世の範囲になるのか、という点についても論議が続いている。

古典 · 12日 7月 2020
ラファエロ・サンツィオ・ダ・ウルビーノ(1483年4月6日-1520年4月6日)は、イタリアの画家、建築家。美術史においてラファエロは、ミケランジェロ、レオナルド・ダ・ヴィンチと並んで盛期ルネサンスの三大巨匠の1人とみなされている。 また、ラファエロの作品は、その明確な形態、構成のシンプルさ、そして人間の壮大さという新プラトン主義の世界を正確に視覚化させたことで評価された。 ラファエロは37歳という若さで亡くなったが、非常に多作で、また異常に巨大な工房を経営し、大規模な傑作を多数残した。彼の最もよく知られている作品は、バチカン宮殿にある『ラファエロの間』にある『アテナイの学堂』である。 ローマでの初期時代を経た後の彼の作品の多くは、工房が制作したものが多いため、作品の質にばらつきがあるが、基本的には彼が描いた下絵、ドローイングをもとに制作されている。 ラファエロは生前、ローマでは非常に大きな影響力を持っていたが、ローマ以外の国では、彼の作品の多くは共同版画の画家として知られていた。 ラファエロの死後、偉大なライバルであるミケランジェロの影響力が、18世紀か