実業家

実業家 · 25日 9月 2019
「高橋コレクション」は日本人精神科医・高橋龍太郎の収集による現代アートのコレクション。 高橋龍太郎(1946年・山形生まれ)は慶応大学医学部へ入学し、全共闘運動に加わり、1969年に退学。1977年に東邦大学医学部を卒業して、1980年慶応大学精神神経科へ入局。専攻は社会精神医学を専攻。 1990年東京の鎌田でタカハシクリニックを開業、デイ・ケアや訪問看護を中心とした地域に密着した精神医療へ取り組む。 アートの収集を始めたのは20代後半頃。最初に購入したのは合田佐和子。収集する前はシュルレアリスム系作家の展覧会によく通っていた。マックス・エルンストやポール・デルヴォーなどが好きだったという。

実業家 · 08日 9月 2019
スティーブ・ラザライズ(1969年生まれ)はイギリスの画商。以前はバンクシーの代理業者として知られていた。ラザライズはストリート・アートの普及に貢献した最初の人物の1人であり、またアンダーグラウンド・アートの最新トレンドにおける権威として知られている。

実業家 · 08日 8月 2019
エマニュエル・ペロタン(1968年5月生まれ)はフランスの画商。モントルイユ生まれ。2000年以降の世界で最も重要なギャラリストの1人として注目されている。 エマニュエル・ペロタンは銀行員の父ミシェル・ペロタンと専業主婦の母オーディオ・プリナスのあいだに生まれ、フランス北西部のレタン=ラ=ヴィルで育った。 1990年、21歳のときに最初のギャラリーを開設。以来、アーティストの作品を鑑賞する創造的な環境を提供することを目的とし、現在までに世界中に18を超えるさまざまな展示スペースを開設。 また、25年以上にわたって村上隆、ミスター、KAWS、マウリツィオ・カテラン、ジャン=ミシェル・オトニエル、グザヴィエ・ヴェイヤン、ソフィ・カルといった芸術家たちと深い信頼関係を築き上げながら、野心的な展示プロジェクトを遂行してきた。

実業家 · 18日 7月 2019
ベルナール・アルノー(Bernard Arnault, 1949年3月5日 - )は、フランスの実業家、アートコレクター。「フランス・ファッション界の帝王」の異名を持つ。 1989年からルイ・ヴィトンの取締役会長兼CEO (PDG) を務める。2015年3月に「フォーブス」が発表した富豪ランキングでは370億ドル(4兆円)の資産を有しており、世界で13位となっている。2019年にビル・ゲイツを抜いて世界で2番目の富豪となった。 アートコレクターとして知られており、ピカソ、ヘンリ・ムーア、アンディ・ウォーホル、イヴ・クラインなどの作品を中心に収集している。またフランス芸術の重要なパトロンとして、ルイ・ヴィトンの確立に尽力している。日本人アーティストでは村上隆のコレクターである。 2006年にベルナール・アルノーはルイ・ヴィトン財団美術館を創設。グッゲンハイム美術館をデザインしたことで知られる建築家フランク・ゲーリーが、美術館のデザインを担当して話題になった。

実業家 · 29日 6月 2019
デビッド・ツヴィルナー(1964年10月23日生まれ)はドイツ人画商でニューヨークやロンドンにあるデビッド・ツヴィルナー・ギャラリーのオーナー。取扱作家はドナルド・ジャッド、トーマス・ルフ、草間彌生、河原温など、大規模なミニマル作品を制作する作家が多い。 2012年以來、ツヴィルナーは『ArtReview』が毎年企画している現代美術で最も影響力のある人物を分析してランキング化した「Power 100」の常連番付者となっている。 ツヴィルナーは4位(2010年)、5位(2012年)、2位(2013年)、2位(2014年)、3位(2015年)、4位(2016年)、5位(2017年)、そして2018年には1位にランク付けされた。 2012年にツヴィルナーは『フォーブス』誌の「アメリカで最も力のある画商」企画でナンバー2に選出された(1位はラリー・ガゴシアン)。

実業家 · 28日 6月 2019
パトリック・ドライ(1963年生まれ)は、フランス、ポルトガル、イスラエルの3つの国籍を持つ実業家。1999年からスイスに在住。ドライはオランダのユーロネクスト・アムステルダム証券取引所に上場している電気通信事業者アルティスの創始者であり支配株主。 2019年6月に米競売大手の「サザビーズ」は、パトリック・ドライに37億ドル(約4000億円)で同社を売却し、非上場化することで合意したと発表。サザビーズは上場企業としての31年の歴史に終止符を打った。 パトリック・ドライはモロッコのカサブランカのユダヤ人の家庭に生まれた。15歳のときに家族はフランスのモンペリエへ移る。両親は二人とも数学の教師。 ドライはパリにあるエコール・ポリテクニーク大学で工学の学位を取得し、大学院で光学とエレクトロニクス分野で学位を取得。その後、シリア・ギリシア正教の妻と結婚し、スイスのジュネーブで暮らしている。

実業家 · 14日 8月 2018
ダニエル・ヘンリー・カーンワイラー(1884年6月25日-1979年1月11日)はドイツの美術史家、画商。20世紀初頭のフランス美術を扱う重要な画商の1人。 1907年にパリで画廊を開き、特にパブロ・ピカソやジョルジュ・ブラックらのキュビスムを中心とした前衛芸術の作家をサポートした。 カーンワイラーの家族は、ドイツのプファルツ地方にある小さな村ロッケンハウゼンからドイツ南西部のバーデン領邦へ移り、そこでカーンワイラーは1884年に生まれた。ドイツ中等学校の教育は、カーンワイラーを実践的なビジネスマンとして、また芸術哲学のエキスパートを養成した。

実業家 · 12日 8月 2018
ポール・デュラン=リュエル(1831年10月-1922年2月5日)はフランスの画商。おもに、印象派やバルビゾン派の画家たちと連携していた。 彼は近代画商の先駆者の1人して評価されており、俸給制で画家たちの生活を支援したり、画家の個展を開催した。

実業家 · 14日 7月 2018
ガートルード・スタイン(1874年2月3日-1946年7月27日)はアメリカの小説家、詩人、演劇作家、アートコレクター。 ペンシルベニア州ピッツバーグ近郊にあるアラゲイニー=ウェストで生まれ、カリフォルニア州オークランドで育ち、1903年にパリへ移り、以後フランスで人生を過ごした。 彼女はパリの芸術サロンの主催として活躍し、彼女のサロンにはパブロ・ピカソ、アーネスト・エミングウェイ、アンリ・マティス、F・スコット・フィッツジェラルド、シンクレア・ルイス、エズラ・パウンド、シャーウッド・アンダーソンなど、さざまなあジャンルのモダニストたちが集まった。

実業家 · 17日 9月 2017
ローレンス・ギルバート・ガゴシアン(通称:ラリー・ガゴシアン,1945年4月19日-)は、アメリカのアートディレクター。2015年のアートワールドで最も影響力のある人物第6位。ガゴシアン・ギャラリー・グループのオーナー。 ガゴシアン・ギャラリーは、ラリー・ガゴシアンが所有し、また運営している現代美術の画廊である。おもに近代美術と現代美術の作品や作家を扱っている。 現在、世界中に13のギャラリーとショップ(現在もポスター販売をしている)。年間売上高約10億ドルを誇るラリー・ガゴシアンは、今年もさまざまな画廊経営で最高の収益を叩き出している。

さらに表示する