建築

建築 · 11日 5月 2020
アントニ・ガウディ・イ・コルネ(1852年6月25日 - 1926年6月10日)は、カタルーニャ・モダニズムの最大の先駆者として知られるカタルーニャ人の建築家。 ガウディの作品は、非常に個性的でオンリーワンのスタイルを持っている。主な作品であるサグラダ・ファミリア教会を含め、そのほとんどがバルセロナにある。 ガウディの作品は、彼の生活において情熱だったこと(建築、自然、宗教)から影響を受けている。作品の細部を考慮し、セラミック、ステンドグラス、鍛造や大工などの工芸品を建築に統合した。また、廃棄された陶磁器の破片を利用したトレンカディスなど、材料の処理に新しい技術を導入した。

建築 · 12日 8月 2018
オットー・ワーグナー(1841年7月13日-1918年4月11日)はオーストリアの建築家、都市計画家。ウィーン分離派の中心人物。ホームタウンであるウィーンに多くのランドマークとなる建築作品を残したことで知られる。