現代美術家

現代美術家 · 15日 9月 2019
ミロ・モアレ(1983年5月7日生まれ)はスペイン・スロべニア系の両親を持つスイスの現代美術家、モデル。スイス在住だが、おもにドイツのデュッセルドルフを基盤に芸術活動をしている。 スイスのベルン大学で美術と心理学を専攻し、マグナ・クム・ラウデ(成績上位者)を受賞して卒業している。《PlopEgg》《The Script System No.2》《Mirror Box》などのパフォーマンス・アート作品がよく知られている。 2013年ごろから公共空間でのヌード・パフォーマンスで注目を集めはじめる(正式には2007年から活動している)。2015年の「アート・バーゼル」でゲリラ的に現れてヌード・パフォーマンスを行い、話題を呼んだ。 モアレは自身の芸術の立ち位置について、意図的にアートとポルノの境界線上にあると主張している。彼女のウェブサイトで「無修正」と記載された動画は有料で視聴することができる。 モアレは芸術に制限はないべきもので、唯一受け入れる制限があるとしたら「死」とはなしている。モアレはマリーナ・アブラモビッチやヨーゼフ・ボイスから影響を受けている。

現代美術家 · 13日 9月 2019
森万里子(1967年生まれ)は日本の現代美術家。村上隆、奈良美智と並んで世界的に成功した日本の現代美術家の1人で。彼女の作品は世界中の美術館や個人コレクターに所蔵されている。 森は長い間、都市と未来に関連したSF的なセルフポートレイト作品を特徴とする作品を制作してきた。 彼女の作品は、思春期のファンタジー、ナルシシズム、ポップカルチャー、宗教、ファッションなど、多くのテーマにも触れている。 また、日本生まれの森は、芸者や漫画、日本の伝統文化に影響を受けたキャラクター作品が多数登場する。 キャリア全体を通じていえることの1つは、自己意識を超越し、変容する手段としてこうしたものに関心を抱いてたことである。

現代美術家 · 11日 9月 2019
イ・ブル(1964年生まれ)は韓国の現代美術家。1980年後半のアートシーンで彫刻とインスタレーション形式の表現で注目を集めるようになる。現在、韓国で最も有名な現代美術家として国内外で知られている。 彼女の作品は、私たちの文化的および政治的領域に浸透している家父長制の権威や女性差別といったイデオロギーを明らかにし、それらに対して疑問を投げかけている。 彼女はこうした主題を未来社会を繁栄する形で、冷たく機械的な彫刻やインスタレーションで表現している。なかでも、女性の抑圧の形成、性の商品化などに焦点を当て作品を制作してきた。 主題やイデオロギーだけでなく、彼女自身の身体や立体的なテキスタイルアートワークを使用した革新的なパフォーマンスなど、その表現スタイルも高く評価されている。 アメリカのMoMAの招待展では、生魚を使うことで時間の経過とともに生じる腐臭の感覚を展示にもたらした。

現代美術家 · 10日 9月 2019
会田誠(1965年10月4日生まれ)は日本の現代美術家。新潟県で生まれ育ち、16歳のころから芸術家を志す。 社会・少女・戦争・サラリーマン・政治家・テロリストなどさまざまな主題を、具象・抽象・コンセプチュアル・インスタレーション、ビデオ・パフォーマンスなど多様なスタイルで表現する。 日本における会田作品の一般的なイメージは女性に対する暴力的で、エログロ的な具象作品だろう。そのため、彼の暴力的な作品は日本社会でしばしば抗議されることがある。 村上隆と同じく日本の現代と前近代、また欧米文化と日本文化の境界線を曖昧にしたフラットな作風が特徴だが、欧米と自作品の同質性を主張する村上と異なり会田は欧米美術に対して批判的な態度を示すことがある。 会田のコンセプトはその低俗性とダークユーモア性の高さから、LAのロウブロウ・アートやストリート・アートなどのアンダーグラウンド・アーティストたちの姿勢に近いともいえる。会田は日本社会の体制順応的なブルジョアジーに対しても批判的な態度を示している。

現代美術家 · 24日 4月 2019
ジェフ・クーンズ(1955年1月21日生まれ)はアメリカの芸術家。ポップカルチャーを主題と、表面に鏡面処理を施したステンレス製のバルーン・アニマルといったシンプルなオブジェ作品でよく知られる。 クーンズはアメリカにおけるキッチュ性を最もよく表現した作家の1人である。現在ニューヨーク市とペンシルヴァニア州ヨークにある自宅の両方で活動している。 現在、ニューヨークと彼のホームタウンである。ペンシルバニア州のヨークの両方で作品を制作している。 現役で活動している現代美術家の中で、オークション市場で最も高価格で取引される作家の1人としても知られいている。2013年11月に、クーンズの《バルーン・ドッグ(オレンジ)》は、クリスティーズがニューヨークで開催した「戦後美術と現代美術セール」で、5,840万ドル(約60億円)で落札された。

現代美術家 · 28日 3月 2019
近藤聡乃は日本のマンガ家、アニメーション作家、美術作家。1980年千葉県生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。文化庁新進芸術家海外留学制度、ポーラ美術振興財団の助成を受け、2008年よりニューヨーク在住して制作している。2016年にアメリカ人と国際結婚。

現代美術家 · 08日 3月 2019
キャロリー・シュニーマン(1939年10月12日〜)はアメリカの美術家。ボディ・パフォーマンス・アーティスト。性やジェンダーを主題とした表現を行う。バード大学卒業後、イリノイ大学で美術博士号を取得。 シュニーマンの作品はおもに社会体との関係における個々の身体、タブー、視覚的な伝承を探求することを特徴としている。自分の月経の血を身体に付着させたり、生きている蛇を裸体に這わせるなどの過激なパフォーマンスで有名になった。フェミニズムを踏まえたパフォーマンス・アートの先駆けといえる。彼女と同じ系統にマリーナ・アブラモヴィッチやミロ・モアレがいる。

現代美術家 · 10日 12月 2018
プッシー・ライオット(Pussy Riot)は、モスクワを活動の中心としたロシアのフェミニスト・ロックグループである。2011年8月にバンド結成。20歳から33歳のおおよそ11人の多様な女性で構成されている。 彼女たちは赤の広場やモスクワ地下鉄といった公共空間でゲリラパフォーマンスで即興演奏し、その様子を編集したミュージックビデオをインターネットに投稿するのが特徴である。 彼女らのコンセプトはフェミニズム、同性愛者の権利、そしてウラジミール・プーチン大統領のロシア体制への批判である。彼女らはプーチンをスターリンとみなし、またロシア正教会総主教との間に癒着があると指摘する。

現代美術家 · 20日 10月 2018
マルセル・デュシャン(フランス生まれ:1887年7月28日-1968年10月2日)は、フランス生まれ、晩年にアメリカに帰化した画家、彫刻家、チェスプレイヤー。 デュシャンはダダイスムの情報誌の編集をしたり、《泉》のようなコンセプチュアル・アートを発表して、ダダイスムとは深い関わりがあったものの、活動詳細を調べるとダダ・グループの正式なメンバーではなかったと考えられている。デュシャンはダダイスムが標榜した「反芸術」ではなく「無芸術」だと言っている。 また多くのシュルレアリストとコラボレーション活動をしているためシュルレアリストと扱われることもあるが、ブルトンのシュルレアリスム・グループへの参加招待は断っている。 そうした面から、現在のデュシャンの美術史的な位置付けは、パブロ・ピカソ、アンリ・マティスらと並ぶ、20世紀初頭の造形美術において革新的な発展を促した3大のアーティストの1人と見なされている。

現代美術家 · 27日 11月 2017
ジェイク・アンド・ディノス・チャップマンはイギリスの現代美術家、彫刻家。兄のディノス・チャップマン(1962年 - )と弟のジェイク・チャップマン(1966年 - )が共同で作品を制作している。"チャップマン兄弟"の愛称で親しまれている。 彼らの主題は、意図的にショッキングなものを採用するケースが多く、たとえば2008年にはアドルフ・ヒトラーのオリジナルの水彩画を購入して、ヒッピーカルチャーのモチーフを加筆して展示を行った。 1990年代なかばにはYBAに参加。ゴヤのエッチング「戦争の惨禍」をもとにした立体や、顔の一部が性器になった<ファック・フェイス>など複数の人体の胴体や頭部が奇形的なかたちで連結した彫刻がショッキングを与える。 2人はターナー賞にノミネートされたこともある。

さらに表示する