カテゴリ:ギュスターブ・モロー



画家 · 07日 8月 2018
ギュスターブ・モロー(1826年4月6日-1898年4月18日)はフランスの画家。象徴主義の代表的な画家で、聖書や神話に独自の解釈を加える描写を強調して、高く評価された。 写実主義や印象主義が流行していた時代に、モローはほかの作家や画家たちに想像や幻想の世界の表現をアピールした。象徴派のデカダンス小説家ジョリス=カルル・ユイスマンは『さかしま』(1884)のなかで、主人公が偏愛する画家としてモローが登場し、話題になった。