作品解説 · 04日 2月 2023
ダーウィンの風刺画
ダーウィンの風刺画についてご紹介いたします。ダーウィンの風刺画は、社会的な問題を批判するものとして歴史的に重要な作品です。この記事では、当時の風刺画の種類と、解説、受け取られ方、作者などを詳しくご紹介します。また、ダーウィンの風刺画が持つ独自の意味を、歴史的な背景を踏まえて掘り下げていきます。ぜひ、この記事をご覧いただき、当時の風刺画の深い意味を体感してください。
アーティスト一覧 · 04日 2月 2023
【美術解説】ミケランジェロ「ダ・ヴィンチと並ぶ盛期ルネサンスの天才芸術家」
ミケランジェロ・ディ・ロドヴィコ・ブオナロティ・シモーニ(1475年3月6日-1564年2月18日)は、盛期ルネサンス時代のフィレンツェ共和国で生まれ、後の西洋美術の発展に比類のない影響力を発揮したイタリアで最も有名な彫刻家、画家、建築家、詩人。 一般的に「ミケランジェロ」という名称で知られている。彼の芸術的多彩さと技術的高さは、当時ライバルだったレオナルド・ダ・ヴィンチにともに比較され、典型的な「ルネサンス・マン」の称号の与えられるほど評価が高かった。 代表作は30歳前に制作した「ピエタ」と「ダビデ」の2つの彫刻作品。また、ダ・ヴィンチと異なり絵画にはあまり関心を示さなかったが、ローマのシスティナ礼拝堂の天井に描いた《システィーナ礼拝堂天井画》と祭壇の壁に描いた《最後の審判》は、西洋美術史上最も影響力のあるフレスコ画として評価されている。
作品解説 · 03日 2月 2023
【作品解説】レオナルド・ダ・ヴィンチ「赤チョークによる男の肖像」
ルネサンス時代を代表する名画である《赤チョークによる男の肖像》(1510年頃)は、レオナルド・ダヴィンチが描いたと推定されている60歳頃の自画像として、世界中で知られています。本記事では、作者の確定的な証明がないにもかかわらず、歴史家や学者たちによる議論を紹介し、それをもとに本作品を解説します。トリノ王立図書館に所蔵されている作品を中心に、ルネサンス・マンとしてのレオナルドを象徴するイメージとともに、肖像画における象徴的な意味を探求します。
アーティスト一覧 · 03日 2月 2023
【美術解説】アルベルト・ジャコメッティ「20世紀モダニズム彫刻の代表、実存主義の不安」
アルベルト・ジャコメッティは、20世紀を代表する彫刻家として知られています。特に戦後のフランスの彫刻界において最も高い評価を得ています。本記事では、アルベルト・ジャコメッティの生涯や作品を解説し、彼の芸術様式を紹介します。彼の作品からは、人間の状態についての哲学的な疑問、実存論的、現象学的な議論が抽出されます。彼の作品は、極力余分なものをすべてそぎ落とし、本質に迫ろうとする、独特な人間像を模索するものです。さあ、本記事を読み進めて、アルベルト・ジャコメッティの芸術世界に触れてみましょう。
アーティスト一覧 · 03日 2月 2023
【美術解説】ジャクソン・ポロック「アクションペインティング」
アメリカの美術家であるポール・ジャクソン・ポロックは、抽象表現主義ムーブメントを先導し、独自のスタイルであるドリップ・ペインティングを開発しました。彼の作品は、「アクション・ペインティング」として広く知られています。本記事では、ポール・ジャクソン・ポロックの生涯や作品を解説し、彼が美術界にもたらした影響について詳しく解説します。また、彼の作品を評価するための視点を提示し、ポール・ジャクソン・ポロックが美術界に与えた価値を考察します。
作品解説 · 02日 2月 2023
【作品解説】ウィジェーヌ・ドラクロワ「民衆を導く自由」
《民衆を導く自由》は、自由の概念を体現した女性が、片手にフランス革命旗、片手にマスケットを持ち、多様な人々を率いてバリケードを越えて進んでいく姿を描いたものです。本記事では、《民衆を導く自由》について詳しく解説し、ドラクロワが表現した自由の概念を掘り下げることを目的としています。自由を表現した作品として、どのような意味が込められているのか、ぜひご一読ください。
作品解説 · 02日 2月 2023
【作品解説】アンディ・ウォーホル「キャンベルスープの缶」
アンディ・ウォーホルのキャンベルスープ缶作品は、1960年代のポップカルチャーを代表する作品として知られています。この記事では、ウォーホルのキャンベルスープ缶作品について、その作品概要や特徴、そしてその意味を詳しく解説します。また、ウォーホルがキャンベルスープ缶作品を制作した背景などもご紹介します。芸術史の一端を学びたい方、そしてウォーホルの作品に興味がある方は、ぜひご一読ください。
作品解説 · 01日 2月 2023
【作品解説】ミケランジェロ「カッシナの戦い」
ミケランジェロの代表作として知られる《カッシナの戦い》。本記事では、この作品がどのような背景で誕生したのか、どのような特徴があるのか、などを詳しく解説します。また、ミケランジェロがイタリアのヴェッキオ宮殿からの依頼で制作した未完成のフレスコ画であったことを紹介します。また、レオナルド・ダ・ヴィンチとの対比も取り上げ、《カッシナの戦い》が持つ意義を掘り下げていきます。ぜひ本記事を読んで、ミケランジェロの作品を深く理解していただければと思います。
作品解説 · 01日 2月 2023
【作品解説】レオナルド・ダ・ヴィンチ「アンギアーリの戦い」
レオナルド・ダ・ヴィンチの代表作である《アンギアーリの戦い》は、1505年にフィレンツェのヴェッキオ宮殿の壁に描かれた壁画である。主題は1440年のアンギアーリの戦いを描いたもので、レオナルドの新しい技法を用いて描かれていたため、完成させることができず、14年で消えてしまったとされている。そのため、「失われたレオナルド」とも呼ばれる。本記事では、レオナルドの《アンギアーリの戦い》がどのように制作し、消失したのかを解説します。
アーティスト一覧 · 01日 2月 2023
レオナルド・ダ・ヴィンチの科学と発明
レオナルド・ダ・ヴィンチは、古代から現代までの世界史において非常に重要な存在です。彼は、土木工学、化学、地質学、幾何学、流体力学、数学、機械工学、光学、物理学、火工学、動物学などの科学分野でも才能を発揮していました。本記事では、レオナルドの生前の技術力と発明の腕前を詳しく検証し、その科学的研究の全貌を明らかにします。さらに、彼の発明が現在の科学発展に与えた影響についても詳しく検証します。科学史に興味を持つ方は、ぜひ本記事をご一読ください。

さらに表示する