近現代美術 · 10日 3月 2020
20世紀初頭におけるアメリカにおける「アートは」常に大衆のものであり、決してアカデミズムや富裕層の財ではなかった。 世界恐慌時の「連邦美術計画(FAP)」(1935-43年)は、1930年代の不況期におけるニューディール政策の一環として打ち出されたアメリカの視覚芸術に対する支援プロジェクトである。 連邦美術計画のナショナルディレクターだったホルガー・ケイヒルのもと、公共事業促進局(WPA)の5つの連邦計画第一の1つとして進められた最も大きなニューディール芸術計画である。 文化的活動び奨励策ではなく、仕事を失った芸術家や職人たちを雇い、壁画、イーゼル絵画、彫刻、グラフィックアート、ポスター、写真、演劇の背景デザイン、芸術品や工芸品を生産する救済策として制定された。

画家 · 13日 2月 2020
ジュール・モデルカイ・ピンカス(1885年3月31日-1930年6月5日)はブルガリアの画家。一般的に「パスキン」、もしくは「モンパルナスの王子」と呼ばれている。のち、アメリカ市民となる。 モンパルナスの芸術界隈と関連した活動が多く、エコール・ド・パリの代表的な画家の一人として認知されている。パスキンのおもな主題は女性で、カジュアルなポーズで描かれ、通常はヌードか部分的に着衣している。 パスキンはウィーンとミュンヘンで教育を受け、アメリカ滞在時は、多くの時間を南部で過ごした。うつ病とアルコール依存症に苦しみ、45歳で自殺。

画家 · 12日 2月 2020
モーリス・ユトリロ(1883年12月26日-1955年11月5日)はフランスの画家。素朴な都市の風景画で知られている。 フランス、パリのモンマルトル地区で生まれたユトリロは、モンマルトル出身の数少ない著名画家として知られる。 パリのモンマルトル地区近郊の曲がりくねった通りや路地の風景を好んで描いた。美術史ではエコール・ド・パリの作家として位置づけられている。

芸術運動 · 12日 2月 2020
「エコール・ド・パリ」は、第一次「エコール・ド・パリ」は、20世紀前半にパリで活動していた芸術界隈の総称だが、当時パリに滞在して活動していた非フランス人芸術家たちの総称として使われるケースが一般的である。1900年から1940年まではパリがアート・ワールドの中心地で、世界中から芸術家が集まっていたため「パリの学校(エコール・ド・パリ)」と呼ばれた。英語では「スクール・オブ・パリ」と呼ばれる。 エコール・ド・パリは、芸術運動を指す言葉ではなく、学校のような芸術機関でもない。日本語に訳せば“パリ派”が近いが、実際は“派”というほどのまとまりも、明確な主義主張もあるわけでもなく、シュルレアリスムや未来派のような「宣言」を出してもいない。 エコール・ド・パリとは、モンマルトルやモンパルナスに集まってきた芸術関係者たちの緩やかなネットワークで、カフェ、サロン、アトリエ、ギャラリーの集積地だった。

画家 · 11日 2月 2020
モイズ・キスリング(1891年1月22日-1953年4月29日)はポーランド生まれのユダヤ系フランス人画家。 オーストリア・ハンガリー二重帝国時代のクラクフ(現在のポーランド南部)にユダヤ人として生まれ、地元クラクフの美術学校で学ぶ。教師ユゼフ・パンキエヴィッチは、20世紀初頭の芸術運動の中心地だったフランスのパリに移ることをキスリングに勧める。 1910年、19歳のときにキスリングはパリのモンマルトルに移り、画家として活動を始める。1912年にモンパルナス地区の洗濯船に移り住む。そこで、東欧人やアメリカ人とイギリス人など外国人芸術家で構成される移民コミュニティ、通称「エコール・ド・パリ」に参加する。 第一次世界大戦が勃発すると、キスリングはフランスの外国部隊に志願する。1915年にソンムの戦いで負傷した後、フランス市民権を授与された。

10日 2月 2020
一般市場で最も高額で取引された絵画ランキング。 2019年現在の最も高額なのは、2017年11月15日にニューヨークのクリスティーズで競売がかけられたレオナルド・ダ・ヴィンチの《サルバトール・ムンディ》の4億5000万ドル。一般市場で流通している作品において史上最高額となる4億5000万ドルで落札された。 続いて、2015年11月にデヴィッド・ゲフィンからケネス・C・グリフィンに個人間取引されたウィレム・デ・クーニングの『インターチェンジ』の3億ドル。ケネス・C・グリフィンは『ナンバー17A』も2億ドルでデヴィッド・ゲフィンから購入している。

作品解説 · 07日 2月 2020
《ブロアの聖母》は、1478年にレオナルド・ダ・ヴィンチによって制作された作品。1914年以来、サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館が所蔵している。《聖母と花を持つ子ども》と呼ばれることもばる。 ブロアの聖母はアンドレア・デル・ヴェロッキオのもとで徒弟修業を積んでいたレオナルドが、画家として独り立ちして最初に描いた作品の可能性がある。大英博物館には本作のための予備習作が2点収蔵されているが、この習作はおそらく塗りつぶしていた。 予備スケッチと絵画自体は、当時レオナルドが視覚の概念に追求していたことを示唆している。子どもは母親の手によって視線を花に導かれている。 《ブロアの聖母》は、当時レオナルドの最も人気のある作品の1つだったことが判明している。ラファエルを含む多くの若手画家が模写している。 何世紀もの間、《ブロアの聖母》は消失したと考えられていたが 1909年に建築家レオン・ブノアがサンクトペテルブルクで義父のコレクションの一部として展示して騒動になった。 1790年代に著名な鑑識家アレクセイ・コルサコフがイタリアからロシアに持ち込んだと見なしてい

作品解説 · 07日 2月 2020
《岩窟の聖母》はレオナルド・ダ・ヴィンチによって制作された作品。同じタイトルの作品が2点存在しているが、一部の重要な点を除いて構図は同じである。 一般的に評価の高い最初のバージョンの方は、復元されないままパリのルーブル美術館が所蔵されている。もう1点は、2008年から2010年の間に復元され、ロンドンのナショナル・ギャラリーに所蔵されている。 絵画は両方とも約2メートル(6フィート以上)の高さがあり、油彩で描かれている。両方とももともと木製パネルに描かれていたが、ルーブル美術館のバージョンはキャンバスに移された。 マリア、キリスト、聖ヨハネという人物像を通して受肉の神秘を讃えている。柔らかな光に満たされた聖なる人物たちは、張り出す岩によって生命力を象徴している。この革新的で大胆な図像表現は評価が高く、当時から多くの複製が制作されている。

作品解説 · 04日 2月 2020
《最後の晩餐》は、15世紀後半にイタリアの画家レオナルド・ダ・ヴィンチによって制作された壁画作品。ミラノのサンタ・マリア・デレ・グラツィエ修道院の食堂の壁に描かれており、西洋世界で最も有名な絵画の1つと認識されている。 制作開始時期1495年から96年頃と想定されており、レオナルドのパトロンだったミラノ公爵ルドヴィコ・スフォルツァの教会と修道院の建物の改修計画の一部として依頼を受け制作されたものである。 この絵は、ヨハネの福音書13:21で伝えられているように、イエスの最後の晩餐と使徒たちの様子で、レオナルドが十二使徒のうちの1人がイエスを裏切ると告知して十二使徒の間で起きた驚きを描写している。 使用された道具やさまざまな環境要因、意図的に付けられた損傷のため、1999年に最後の修復が幾度も行われたにもかかわらず。今日ではオリジナルの絵はほとんど残っていない。

作品解説 · 03日 2月 2020
《モナ・リザ》、または別名《ラ・ジャコンダ》はレオナルド・ダ・ヴィンチによって制作された上半身が描かれた半身肖像画。「世界で最も有名で、多くの人に鑑賞され、書かれ、歌にされ、パロディ化された」芸術作品と言われている。77 cm × 53 cm。パリのルーブル美術館が所蔵している。 また、《モナ・リザ》は世界で最も価値のある絵画である。1962年1億ドルという史上最高の保険金がかけられている。これを現在の価格に換算すると約6億5000万ドル相当の保険価格に相当する。 絵画のモデルは多くの批評家たちによりフランチェスコ・デル・ジョコンドの妻であるリザ・ゲラルディーニの肖像とみなされており、白いロンバルディアのポプラのパネルに油彩で描かれている。 おもな制作時期は1503年から1506年と推定されているが、1517年まで遅くまで制作し続けてた可能性がある。また、最近の研究では1513年以前はまだ制作していないという研究報告もデている。 フランス王フランシス1世が購入してから、その後、フランス共和国の所有物となり、1797年から現在までパリのルーブル美術館に常設展示され

さらに表示する