作品解説 · 06日 8月 2022
【作品解説】フィンセント・ファン・ゴッホ「オリーブの木」
フィンセント・ファン・ゴッホは、1889年にサン=レミ=ド=プロヴァンス居住時期を中心に、少なくとも15枚のオリーブの木を描いている。 1889年5月から1890年5月まで、ゴッホ自身の希望で同地の精神病院に滞在し、病院の庭や、許可を得て壁の外に出て近くのオリーブの木や糸杉、小麦畑を描いていた。...
作品解説 · 14日 7月 2022
【作品解説】ジェームズ・ホイッスラー「薔薇と銀:磁器の国から来たお姫様」
《薔薇と銀:磁器の国から来たお姫様》は、画家ジェームズ・ホイッスラーが1863年から1865年にかけて制作した絵画。現在、ワシントンD.C.のフリーア美術館にある「孔雀の間」の暖炉の上に飾られている。 絨毯や屏風、大きな花瓶など、アジアの美術品に囲まれ、西洋風に着物をきこなしたヨーロッパ人女性が立っている様子が描かれている。 彼女は手扇を持ち、「切なげに」前を見ている。全体は印象派的な手法で描かれている。 絵画の額縁には、絵と同様のモチーフで、連なる円と無数の長方形の装飾が施されている。
アーティスト一覧 · 12日 7月 2022
【美術解説】アルフレッド・スティーブンス「ジャポニズムの影響を受けた社会はリアリズム」
アルフレッド・エミール・レオポルド・スティーヴンス(1823年5月11日 - 1906年8月24日)は、ベルギーの画家。優雅な近代女性を描いた作品で知られる。 貧しい浮浪者の生活を描いた社会派リアリズム絵画で注目された後、パリの上流階級の生活を描いた作品で批評家、読者から大きな支持を得る。 その写実的な作風と丁寧な仕上げには、17世紀オランダの風俗画の影響が見られる。
美術用語 · 07日 7月 2022
【美術解説】ジャポニズム
ジャポニスムとは、1858年に日本の鎖国政策が解除された後、19世紀に西ヨーロッパの多くの芸術家が日本の美術やデザインの人気と影響を受けたことを表すフランス語。 ジャポニスムは1872年にフランスの美術評論家で収集家のフィリップ・ブルティによって初めて解説された。 その影響は視覚芸術が最も顕著であったと思われるが、建築、造園、園芸、衣服などにも及び、舞台芸術にも影響を与えた。ギルバート&サリバンの『ミカド』はジャポニズムの代表的な例とみなされる。
美術用語 · 05日 7月 2022
【美術解説】ジャポネズリ
「ジャポネズリ」(英語:Japanesery)とは、フィンセント・ファン・ゴッホが、自身の作品に日本美術の影響が含まれていることを表現するために用いた言葉。
作品解説 · 03日 7月 2022
【作品解説】フィンセント・ファン・ゴッホ「アルルの跳ね橋(ラングロワ橋)」
《悲しむ老人(永遠の門)》は、フィンセント・ファン・ゴッホが初期のリトグラフ作品をもとに、1890年にサンレミ・ド・プロヴァンスで制作した油彩画。 この絵は、自殺とされる死の2カ月ほど前に体調を崩し、療養していた5月上旬に完成した。1970年のカタログレゾネでは、「使い古されたもの:永遠の門」というタイトルがつけられている。
作品解説 · 30日 6月 2022
【作品解説】フィンセント・ヴァン・ゴッホ作品一覧
《ひまわり》《星月夜》といった代表作やオークションの高額落札品までゴッホの作品を幅広く紹介しています。
作品解説 · 28日 6月 2022
【美術解説】ゴッホの静物画(オランダ編)
静物画は、ゴッホのオランダ初期作品において描かれた多くのドローイング、スケッチ、絵画の主題である。 オランダで制作された静物画の多くは、ゴッホがヌエネンに住んでいた1884年から1885年にかけてのものである。地味な色彩が多く、物体を横切って落ちる光の実験を行っていた。 次の2年間(1886~1887年)では、ゴッホが静物画を描く際の題材、色彩、技法を一変させることになる。なお、パリ時代では花の静物画を多く描き、色彩、光、そして近代画家から学んだ技法を試した。
作品解説 · 27日 6月 2022
【作品解説】フィンセント・ファン・ゴッホ「悲しむ老人(永遠の門)」
《悲しむ老人(永遠の門)》は、フィンセント・ファン・ゴッホが初期のリトグラフ作品をもとに、1890年にサンレミ・ド・プロヴァンスで制作した油彩画。 この絵は、自殺とされる死の2カ月ほど前に体調を崩し、療養していた5月上旬に完成した。1970年のカタログレゾネでは、「使い古されたもの:永遠の門」というタイトルがつけられている。
美術用語 · 26日 6月 2022
ポール・ガシェ「晩年のゴッホを治療した医師」
ポール・フェルディナン・ガシェ(1828年7月30日-1909年1月9日)は、フランスの医師。 フィンセント・ファン・ゴッホがオーヴェル・シュル・オワーズで過ごした最後の数週間の治療を行ったことで知られている。 ガシェは芸術家、特に印象派の偉大なパトロンであり、またアマチュア画家で、作品には自分の生まれ故郷にちなんで「ポール・ファン・ライセル」とサインを入れている。

さらに表示する