ブログカテゴリ:グラフィック・アート



ヒプノシスはロンドンを拠点にしたイギリスのアートデザイングループ。 ロック・ミュージシャンやバンドのアルバムのジャケット制作をしていたことで知られる。 最も有名なジャケットは、1973年のピンク・フロイドの『The Dark Side of the Moon』。最後の作品は1982年のレッド・ツェッペリンの『コーダ』である。彼らのジャケットには詩的な要素が含まれている。

作品解説 · 14日 7月 2019
『四季』は1896年にアルフォンス・ミュシャによって制作された装飾パネル画。ミュシャの初めての装飾パネル画。...

作品解説 · 14日 7月 2019
『ジスモンダ』は1894年にアルフォンス・ミュシャによって制作されたポスター。ミュシャが初めて制作したポスターであり、ミュシャの出世作。...

作品解説 · 14日 7月 2019
『夢想』は1897年にアルフォンス・ミュシャによって制作されたリトグラフ作品。この作品も『黄道十二宮』と並んでミュシャ作品のなかで人気が高いものの1つで、何度も再販され、ヴァージョン数も数多く作られている。...

作品解説 · 14日 7月 2019
『黄道十二宮』は1896年にアルフォンヌ・ミュシャによって制作されたリトグラフ。ミュシャ作品において最もよく知られている作品である。...

作品解説 · 14日 7月 2019
『ジョブ』は1896年にアルフォンス・ミュシャによって制作されたポスター作品。広告ポスターの代表的作品。誇張された豊かな女性の髪のは“ミュシャ・ウーマンの象徴的なイメージともなった。...

イラストレーター · 03日 7月 2019
アルフォン・マリア・ミュシャ(1860年7月24日-1939年7月14日)は、チェコの画家、イラストレーター、グラフィックデザイナー、アール・ヌーヴォーの代表的な画家として知られている。広告、ポストカード、ブックデザイン、ステンドグラスなど幅広いジャンルで活躍。 アール・ヌーヴォー様式が流行していたパリの「ベルエポック」時代、大女優サラ・ベルナール主演の舞台『ジスモンダ』の宣伝ポスターで大きなセンセーショナルを巻き起こし有名人となる。以後、ポスターをはじめ、装飾パネルなど数々の耽美で幻想的な女性イラストレーションを制作し、アール・ヌーヴォーの巨匠としての地位を確立。 1900年に開催されたパリ万博は、ミュシャ様式を世界に広めた重要なイベントで、またアール・ヌーヴォーが勝利した展覧会と称されるほど、このベル・エポックの時代はアール・ヌーヴォーの絶頂期だった。

イラストレーター · 11日 11月 2017
マウリッツ・コーネリス・エッシャー(1898年6月17日-1972年3月27日)は、オランダのグラフィック・アーティスト。通称はM.C.エッシャー。ウッドカット、メゾチント、リトグラフなどの形式で、計算し尽くした幾何学的な絵を描くことで知られる。 エッシャー作品は、特に幾何学的オブジェに焦点が置かれたものとなっており、不可能図形、無限空間、鏡映、シンメトリー、透視図、星型多面体、截断図、双曲幾何学線、平面充填形などの数学的手法をもちいて絵画空間が構成される。 エッシャー自身はそれほど数学的能力はなかったとされているが、ジョージ・ポリア、ロジャー・ペンローズ、ハロルド・コクセターといった当時の数学者や結晶学者のフリードリヒ・ハーグらから影響を受け、彼独自のテセレーションの研究をしていたと考えられている。