カテゴリ:ターナー



画家 · 12日 2月 2018
ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー(1775年4月23日-1851年12月19日)は、イギリスの画家、版画家、水彩画家。ロマン主義の作家。波が荒々しく、全体的に不穏さが感じる海洋風景画で知られている。 ターナーは、1840年頃からイギリスの有力批評家ジョン・ラスキンから支持されはじめ、現在では水彩風景画や海洋絵画における偉大なイギリス人巨匠画家の一人と認識されており、またその鮮やかな光の描き方から、”光の画家”と言及されることがある。 ターナーは、現代テクノロジーに関心を持っていたのも特徴で、《雨、蒸気、スピード》では蒸気機関車が、《テレメアの戦い》では蒸気船が描かれている。