ブログカテゴリ:フィラデルフィア美術館



作品解説 · 01日 2月 2017
「花嫁」は1912年にマルセル・デュシャンによって制作された油彩作品。ミュンヘンに2ヶ月間滞在していた時期に描かれた作品群「処女 No.1」「処女 No.2」「処女から花嫁への移行」「花嫁」「飛行機」の1つに当たる。 「花嫁」では、これまでのように「ヌード、汽車の中の悲しげな青年」や「階段を降りる裸体 No.2」のような運動の変化を表示する線は表れない。「花嫁」では代わりに機械的要素と内臓的フォルムで描かれ、複雑に組み立てられたアンドロイドのようである。つまり、デュシャンは「花嫁」を機械に置き換えた。