カテゴリ:メアリー・カサット



画家 · 03日 8月 2018
メアリー・スティーブンソン・カサット(1844年5月22日-1926年6月14日)は、アメリカの画家、版画家。 ペンシルヴァニア生まれたが、人生の大半をフランスで過ごし、そこでエドガー・ドガと親しくなり、印象派のメンバーと展示活動を行う。 カサットはよく社会風景やプライベートな女性の生活、特に母子間の親しい絆を強調する表現を行った。 カサットは、1894年にギュスターヴ・ジェフロワに「ベリト・モリゾ、マリー・ブラックモンと並ぶ3大女性印象派画家の1人」と描かれている。