カテゴリ:ユディット



作品解説 · 14日 1月 2019
《ユディト》は1901年にグスタフ・クリムトによって制作された油彩作品。ホロフェルネスの首をはね、手に持つヘブライ人寡婦ユディトの姿を描いたものである。 ユディトは旧約聖書外伝「ユディト伝」に登場する女性。ユディトを主題とした絵画は一般的に、彼女の住むユダヤの町べトリアにホロフェルネス将軍が侵攻して町は陥落状態にあったが、ユディトが敵陣におもみきホロフェルネスの寝首を掻いて持ち帰り、敵軍は敗走するという物語を描写したものである。 クリムトが聖書の「ユディト伝」という主題に取り組もうとしていた時代は、すでに美術史においてユディットの解釈や基本的な表現方法は確立されつつあった。