カテゴリ:ラファエロ



古典 · 12日 7月 2020
ラファエロ・サンツィオ・ダ・ウルビーノ(1483年4月6日-1520年4月6日)は、イタリアの画家、建築家。美術史においてラファエロは、ミケランジェロ、レオナルド・ダ・ヴィンチと並んで盛期ルネサンスの三大巨匠の1人とみなされている。 また、ラファエロの作品は、その明確な形態、構成のシンプルさ、そして人間の壮大さという新プラトン主義の世界を正確に視覚化させたことで評価された。 ラファエロは37歳という若さで亡くなったが、非常に多作で、また異常に巨大な工房を経営し、大規模な傑作を多数残した。彼の最もよく知られている作品は、バチカン宮殿にある『ラファエロの間』にある『アテナイの学堂』である。 ローマでの初期時代を経た後の彼の作品の多くは、工房が制作したものが多いため、作品の質にばらつきがあるが、基本的には彼が描いた下絵、ドローイングをもとに制作されている。 ラファエロは生前、ローマでは非常に大きな影響力を持っていたが、ローマ以外の国では、彼の作品の多くは共同版画の画家として知られていた。 ラファエロの死後、偉大なライバルであるミケランジェロの影響力が、18世紀か