カテゴリ:作品



作品解説 · 26日 1月 2023
【作品解説】マルセル・デュシャン「泉」
マルセル・デュシャンの「泉」の背景と制作について深く掘り下げることは、美術愛好家にも一般読者にも有益なことです。この記事には、彼のキュビズム絵画から「泉」の制作につながった事件などの詳細など、この間に起こったことの概要が書かれています。ダダイスム運動の効果を知り、マルセル・デュシャンの作品への貴重な洞察を得てください。さっそく、ご紹介しましょう。
作品解説 · 26日 1月 2023
【作品解説】フィンセント・ファン・ゴッホ「夜のカフェテラス」
フィンセント・ファン・ゴッホの代表的な作品の一つである「夜のカフェテラス」について、もっと知りたいと思いませんか? ここでは、ゴッホの作品にまつわるエピソードや制作方法、この作品にまつわる手紙や「夜のカフェテラス」の背景などを解説していきます。さっそく、ご紹介しましょう。
作品解説 · 18日 1月 2023
【作品解説】サルバドール・ダリ「グレート・マスターベーター」
「大自慰者」は、1929年にサルバドール・ダリによって制作された油彩作品。「記憶の固執」とともにダリの初期の代表作とみなされている。記憶の固執の24 cm × 33 cmに比べるとはるかに巨大な110 cm × 150 cmもある。作品は現在、スペインのマドリードにある国立ソフィア王妃芸術センターに所蔵されている。
作品解説 · 15日 1月 2023
【作品解説】フランシスコ・デ・ゴヤ「我が子を食らうサトゥルヌス」
有名なフランシスコ・デ・ゴヤの名作「わが子を食らうサトゥルヌス」をご存知でしょうか?この忘れがたい絵の歴史と制作について、もっと知りたいと思いませんか?この記事では、この絵の詳細な解説と、この傑作を制作したときのゴヤの心境についてご紹介します。この素晴らしい作品を探求し、ゴヤのアプローチとテクニックをもっと学びましょう。それでは、「わが子を食らうサトゥルヌス」をご覧ください。
作品解説 · 13日 1月 2023
【作品解説】サルバドール・ダリ「ツバメの尾」
「ツバメの尾」は、1983年5月に制作されたサルバドール・ダリの最後の油彩作品。 ガラが亡くなった1年後に「これが最後の絵だ。」と話して描き上げた作品で、その後、死ぬまでダリは絵を描いていない。ガラと昔見た燕の軌跡と数学者ルネ・トムの数学理論「カタストロフィ理論」を基盤にして制作されている。生前ダリは、トムのカタストロフィー理論を「世界で最も美しい数学理論」と絶賛していた。
作品解説 · 12日 1月 2023
【作品解説】フィンセント・ファン・ゴッホ「星月夜」
フィンセント・ファン・ゴッホの「星月夜」は、印象派の代表的な作品であり、満天の星空を見事に表現しています。この名画は、実際に見たことのある人はほとんどいないであろう雰囲気を、ゴッホが優雅に表現した例といえるでしょう。星の輝きを強調することで、ゴッホは驚くほど魅惑的な雰囲気を作り出したのです。さて、この素晴らしい絵の制作秘話を探ってみましょう。
作品解説 · 12日 1月 2023
【作品解説】パブロ・ピカソ「ゲルニカ」
ピカソは芸術を通して戦争の結末を強調し、戦争の名誉よりも恐ろしさを描くことで、軍事行動の意味を考えるよう観客に促した。これは当時としては画期的なことだった。「ゲルニカ」は、人類の破壊的な能力を象徴的に表すと同時に、暴力と絶望に直面した人間の精神の表現ある。ここでは、ゲルニカについて解説していきます。
作品解説 · 11日 1月 2023
【作品解説】クロード・モネ「ラ・ジャポネーズ」
「ラ、ジャポネース(日本の女性)」は、1876年にクロード・モネによって制作された油彩作品。231cm×142cm。ボストン美術館所蔵。クロード・モネの日本趣味とモネ自身の西洋美術のアイデンティティが融合された作品。 初めて展示されたのは、1876年に開催された第2回印象派展。そのときにこの2メートルを超える巨大な絵画は大きな注目を集め、賛美と嘲りがほぼ同じ割合で誘発させた。保守派の批評家からは「人間味のない表情の大きな人形」「デミモンドイン(高級売春婦の嘲りの意味)」「二人の中国人」「赤色の機械」などの批判を浴びた。特に偏見を持っていない一般的な鑑賞者からモネの大体な色使い、自信に満ちた筆使い、そしてモネの日本画への遊び心を賞賛した。
作品解説 · 11日 1月 2023
【作品解説】サルバドール・ダリ「記憶の固執」
サルバドール・ダリの代表作といえば、溶けて柔らかくなった時計を描いた「記憶の固執」。この初期の作品は、ダリ自身のアイデンティティを最もよく表現している傑作である。また、ありえないモチーフを組み合わせて非現実的な絵画を作り上げたシュルレアリスムの代表作でもあります。ダリが何を表現したかったのか、その美術史的な意味を解説していきましょう。
作品解説 · 10日 1月 2023
【作品解説】フィンセント・ファン・ゴッホ「ひまわり」
「ひまわり」はフィンセント・ファン・ゴッホの静物絵画シリーズ。ひまわりシリーズは2つある。 初期シリーズは1886年から1887年頃にパリで弟のテオと住んでいるときに制作されたもので、土の上にひまわりの花が寂しげな雰囲気で置かれた作品群である。後期シリーズはアルル滞在時の1888年制作されたもので、花瓶に活けられたひまわりの花束を描いた作品群である。種子頭の質感を出すように両方のシリーズとも絵の具を厚く塗布して描かれている。 ゴッホにとってひまわりとはユートピアの象徴であったとされている。しかし、ほかの静物画作品に比べるとゴッホの主観や感情を作品に投影させることに関心がなかったと見られている。ひまわりシリーズの制作は、ゴッホの友人だったゴーギャンと関わりの深い作品で、特に後期は自身の絵画技術や制作方法を披露することを目的に制作されていたという。

さらに表示する