ブログカテゴリ:新古典主義



画家 · 28日 7月 2018
ジャン=バティスト・カミーユ・コロー(1796年7月16日-1875年2月22日)は、フランスの画家、版画家。風景画で知られる。 新古典主義と写実主義の中間を進むようなスタイルにある画家だが、戸外制作で移り変わりゆく太陽の光や影を詩情ゆたかに描き出す手法はのちの印象派の画家たちに影響を与えた。特に、風景画において重要視されており、生涯に3000枚以上の作品を制作。 また、美術教師として非常に優れており、弟子から多くの印象派芸術家たちが活躍した。よく知られているのは、カミーユ・ピサロ、ウジェーヌ・ブーダン、ベルト・モリゾ、スタニスラス・レピーヌ、アントワーヌ・シャントルイユ、フランソワ・ルイス・フランセ、シャルル・ルルーなどがいる。 コローは、1840年代から偉大な画家として評判を得るようになり、1848年までにパリ・サロンの審査員に選出され、1867年にはサロンの役員にまで昇進する。初期から中期まで不遇な扱いだったが、晩年に多くの人から認められ豊かになった大器晩成型の芸術家だった。 コローは自身が築いた財産を周囲の友人たちや社会へ分かちあう慈善家でもあった

作品解説 · 01日 2月 2017
「母と子」は1921年にパブロ・ピカソによって制作された油彩作品。 1917年にピカソは、ロシアの芸術プロデューサー、セルゲイ・ディアギレフの「ロシア・バレエ団」の舞台衣装をデザインするためにローマを旅行する。その際にピカソは古代ローマやルネサンスなどの古典様式に大変感銘を受け、自身の作品に古典様式を導入し始めた。これがピカソの新古典主義と言われるスタイルの頃で、ドミニク・アングルの「オダリスク」や、ルノワールのヌード絵画からはっきりと影響を受けていた。