カテゴリ:日本



現代美術家 · 13日 9月 2019
森万里子(1967年生まれ)は日本の現代美術家。村上隆、奈良美智と並んで世界的に成功した日本の現代美術家の1人で。彼女の作品は世界中の美術館や個人コレクターに所蔵されている。 森は長い間、都市と未来に関連したSF的なセルフポートレイト作品を特徴とする作品を制作してきた。 彼女の作品は、思春期のファンタジー、ナルシシズム、ポップカルチャー、宗教、ファッションなど、多くのテーマにも触れている。 また、日本生まれの森は、芸者や漫画、日本の伝統文化に影響を受けたキャラクター作品が多数登場する。 キャリア全体を通じていえることの1つは、自己意識を超越し、変容する手段としてこうしたものに関心を抱いてたことである。

画家 · 05日 3月 2019
篠原愛は日本の画家。1984年鹿児島生まれ。多摩美術大学油彩学科卒業。以後、隔年ごとに個展を開催。国内だけでなくニューヨークなど海外でも個展を開催している。 花や金魚などの可愛らしいものに加え、血や臓物など本能を刺激するモチーフに囲まれた女の子たちを描き、少女の内面世界が絵の中で混ざり合った美しい異形を生みだしている。 また最近は、映画監督園子温の最新作「アンチポルノ」のポスターに篠原の絵画が使われていることで注目集めている。