カテゴリ:有名作品



作品解説 · 10日 11月 2020
ルネ・マグリットは20世紀のシュルレアリスム運動で人気を博した芸術家の一人として知られている。1920年代、ベルギー人の画家は無意識や夢の世界を表現するため若い、アーティストの集団に参加した。マグリットは彼独自の芸術スタイル確立し、批評家たちはそれを「マジック・リアリズム」と評した。長いキャリアを通じて、マグリットは現実とファンタジーの境界を曖昧にし、鑑賞者たちが認知していたことに疑問を抱かせるようにした。