ブログカテゴリ:森万里子



現代美術家 · 13日 9月 2019
森万里子(1967年生まれ)は日本の現代美術家。村上隆、奈良美智と並んで世界的に成功した日本の現代美術家の1人で。彼女の作品は世界中の美術館や個人コレクターに所蔵されている。 森は長い間、都市と未来に関連したSF的なセルフポートレイト作品を特徴とする作品を制作してきた。 彼女の作品は、思春期のファンタジー、ナルシシズム、ポップカルチャー、宗教、ファッションなど、多くのテーマにも触れている。 また、日本生まれの森は、芸者や漫画、日本の伝統文化に影響を受けたキャラクター作品が多数登場する。 キャリア全体を通じていえることの1つは、自己意識を超越し、変容する手段としてこうしたものに関心を抱いてたことである。