ブログカテゴリ:音楽



現代美術家 · 03日 1月 2020
ヨーコ・オノ・レノン(1933年2月18日生まれ)は日系アメリカ人の前衛芸術家、歌手、ソングライター、平和活動家。英語と日本語の両方で行うパフォーマンス・アートや映画製作など非常に多様な方法で表現活動をしている。日本名は小野洋子、オノ・ヨーコ。 オノは1969年から1980年に殺害されるまでイギリスのシンガソングライターでビートルズのメンバーだったジョン・レノンと結婚していた。 東京で育ち、ニューヨークで数年間過ごした。彼女は学習院大学に入学したが、2年で退学し、1953年に父の転勤にともないニューヨークへ移る。サラ・ローレンス大学でしばらく過ごした後、前衛集団フルクサスに参加し、ニューヨークのダウンタウンの前衛アートシーンで活躍した。 1966年のロンドンでの個展『未完成の絵画とオブジェ』でオノは初めてレノンと出会い、1968年にカップルとなり、翌年結婚。1969年にアムステルダムとモントリオールでで2人は、マスコミに大々的に取り上げられ新婚旅行を利用してベトナム戦争に反対する抗議デモ平和活動パフォーマンス「ベッド・イン」を実行した。

ヒプノシスはロンドンを拠点にしたイギリスのアートデザイングループ。 ロック・ミュージシャンやバンドのアルバムのジャケット制作をしていたことで知られる。 最も有名なジャケットは、1973年のピンク・フロイドの『The Dark Side of the Moon』。最後の作品は1982年のレッド・ツェッペリンの『コーダ』である。彼らのジャケットには詩的な要素が含まれている。

イベント · 06日 5月 2017
Bjorkの回顧展「Bjork」は、2015年3月8日から6月7日までアメリカ・ニューヨーク近代美術館(MOMA)で開催されたアイスランド出身のミュージシャンのBjorkの回顧展。 音楽だけでなく視覚美術としても優れた才能を発揮したBjorkに焦点を当てた展覧会で、20年以上におよぶBjorkのこれまでの活動を8枚のアルバムと、映像、ビジュアルワーク、楽器、オブジェクト、衣装などから振り返ることになった。 これまでBjorkのヴィジュアルワークを担当したスパイク・ジョーンズ、クリス・カニンガム、アンドリュー・トーマス・ホワンなどの映像作家に対する評価機運が高まる内容ともなった。キュレーターはMOMAチーフ・キュレーターのクラウス・バイセンバッチ。