ブログカテゴリ:エドゥアール・マネ



近現代美術 · 18日 2月 2018
《フォリー・ベルジェールのバー》は1882年にエドゥアール・マネによって制作された油彩作品。96cm × 130cm。 その年のパリ・サロンで展示された作品で、マネの最後のマスターピース。当時のパリで最も大きな劇場「フォリー・ベルジェール」内のバーを描いたもので、この絵画は世界的に人気が高く、学術論文の対象にされることもよくある。 この絵画はもともとマネの近所に住んでいた作曲家のエマニュエル・シャブリエが所有していたもので、ピアノの上にこの絵を飾っていたという。現在はロンドンのコートールド・ギャラリーが所蔵している。

画家 · 12日 2月 2018
エドゥアール・マネ(1832年1月23日-1883年4月30日)は、フランスの画家。モダニズムの生活を描いた最初の19世紀の画家の一人で、写実主義から印象派への移行を促した重用な人物とみなされている。 政界と強い関係を持つ上流階級の家庭で育ったマネだが、未来の裕福で約束された家庭生活を捨て、ボヘミアン・ライフに走り、そして絵画の世界に夢中になる。 1863年にパリの落選展で展示した《草上の昼食》や、1865年にパリ・サロンに展示された《オリンピア》は、パリの娼婦の裸体を描いたものだが、これが一般的に近代美術の始まりと考えられており、マネは近代美術の創始者としてみなされている。 両作品ともに大きなスキャンダラスを起こし、後に印象派を創始する若い画家たちに多大な影響を与えた。 晩年のマネの生活は、同時代のほかの偉大な芸術家たちと絆を深めながら、革新的であり将来の美術家たちに大きな影響を及ぼすような独自のスタイルを形成していった。