カテゴリ:ストリートアート



芸術運動 · 04日 5月 2020
アンダーグラウンド・アートは広義的な意味では、アート・ワールドにおいて従来の規範から外れた芸術形態を指す。アウトサイダー・アートとファインアートの中間のような存在。 アンダーグラウンド・アートは、もともとは『OZ』『インターナショナル・タイムズ』『イースト・ビレッジ・アザーランド』『サンフランシスコ・オラクル』といったアンダーグラウンド・プレス(地下出版物)やアメリカ西海岸のunderground comixなどで掲載された芸術のこと。"comix"という綴りは、メインストリームの"comics"と区別するために造語された綴りであり、XはX指定のことを意味している。その前身はビート・ジェネレーションとパリの実存主義など西洋サブカルチャーの歴史にある。 最近ではアンダーグラウンド・アートという言葉は、グラフィティやコミック・ストリップ・アートのようなサブカルチャー・アートを表現するのに使われている。ヴィジョナリー・アートやサイケデリック・アートのようなドラッグを利用した絵画制作や、グラフィティやストリート・アートなど公共空間への落描き、人権を侵害するような暴力的な芸術な芸術制