ブログカテゴリ:ユダヤ



画家 · 22日 11月 2017
マルク・ザロヴィッチ・シャガール(1887年7月6日-1985年3月28日)はロシア出身のユダヤ系フランス人画家。初期モダニストの代表的な画家であり、また「エコール・ド・パリ」の中心人物。 キュビスム、フォーヴィスム、表現主義、シュルレアリスム、象徴主義など、さまざまな前衛芸術スタイルを融合し、また絵画、本、イラストレーション、ステンドグラス、舞台デザイン、陶芸、タペストリー、版画などさまざまな形式で表現活動を行った。 シャガールは、一般的に“モダニズムの開拓者”と“主要なユダヤ人画家”の2つの美術評価がなされている。美術批評家のロバート・ヒューズは、シャガールを“20世紀を代表するユダヤ人画家”と批評。美術史家のミシェル・J・ルイズは、シャガールを“ヨーロッパ初期モダニストの最後の生存者”と評した。