· 

【作品解説】アンディ・ウォーホル作品一覧「マリリン・モンロー、スープ缶、毛沢東など」

アンディ・ウォーホルの作品一覧

代表作


キャンベルのスープ缶
キャンベルのスープ缶

《キャンベルスープの缶》または《32のキャンベルスープの缶》は、1961年11月から1962年3月または4月にかけてアンディ・ウォーホルが制作した作品。32枚の51 cm × 41 cmのキャンバスから構成されている作品。(続きを読む


撃ち抜かれたマリリンたち
撃ち抜かれたマリリンたち

《撃ち抜かれたマリリンたち》は、1964年に制作されたもので。ヘンリー・ハサウェイによる1953年の映画『ナイアガラ』のプロモーション写真に影響を受けて描かれている。赤、オレンジ、青、セージブルー(オークションにかけられる作品)、ターコイズなど、さまざまな色で描かれたパターンがある。(続きを読む


毛沢東
毛沢東

《毛沢東》は1973年にアンディ・ウォーホルによって制作されたシルクスクリーン作品。中華人民共和国の政治家毛沢東のポートレイト。天安門広場に掲げられている6メートルある毛沢東の肖像画をコピーしたもので、文化大革命後の中国を表現したものであるという。(続きを読む


ブリロ・ボックス
ブリロ・ボックス

《ブリロ・ボックス》は、1964年にアンディ・ウォーホルによって制作された作品。市販のブリロのパッケージの精密な模倣品である。この作品は、「芸術は人生を模倣する」という考えを表現し、また、私たちが何が芸術であるかと認識し、そして芸術の価値を見出すことについて疑問を投げかけている。(続きを読む


その他の作品


マリリン二連画
マリリン二連画

《マリリン二連画》は、画面左側に敷き詰められた25のモンローの顔は明るく着色されているが、画面右側の25のモンローの顔は黒と白のモノクローム調になっている。キャンバスの"左右の関係性"やモンローの"生と死の関係性"など、モンローの人生における出来事や意味を多重的に見せる形で画面が構成されている(続きを読む


金のマリリン・モンロー
金のマリリン・モンロー

顔を囲むように描かれた《金のマリリン・モンロー》(ウォーホルのマリリンの中で唯一この色を使っている)は、キリスト教美術史における宗教的イコンを想起させるが、その共鳴は、作品に病的な魅力を漂わせている。(続きを読む


銀色の車の衝突(二重災害)
銀色の車の衝突(二重災害)

《銀色の車の衝突(二重災害)》は、1963年にアンディ・ウォーホルが制作したセリグラフ作品。「死と災害」シリーズの一部。

 「死と災害」シリーズは、自動車事故、電気椅子、自殺、飛行機墜落事故などの描いた新聞や警察の報道写真を利用した作品である。(続きを読む


コカ・コーラ3
コカ・コーラ3

《コカ・コーラ3》は、1962年にアンディ・ウォーホルによって制作された油彩絵画。当時販売されていたコカ・コーラのボトルを描いた6フィートのモノクロ絵画である。(続きを読む