カテゴリ:作品解説



【作品解説】クロード・モネ「死に際のカミーユ」
作品解説 · 12日 1月 2022
《死に際のカミーユ》は、1879年にクロード・モネによって制作された油彩作品。 モネが妻を描いた絵の中でも最も衝撃的な作品であり、最も切実な作品。カミーユとクロードの真の優しさ、揺るぎない愛を表現している。 カミーユは晩年、出産に伴う消化不良症などの病気を患い、大きな苦しみを味わい、32歳の若さで亡くなった。モネは深い悲しみに包まれながら、この複雑な作品を制作した。

【作品解説】クロード・モネ「庭園の女性たち」
作品解説 · 12日 1月 2022
《庭園の女性たち》は、1866年にクロード・モネによって制作された油彩作品。26歳の初期作品で戸外で描かれた大作。 キャンバスのサイズが大きすぎたため、溝を掘ってそこにキャンバスをはめ込み、上半分を描く必要があった。それにより、モネは作品全体で単一の視点を維持することができたという。 舞台となっているのは、モネが借りていた家の庭で、モデルとなりポーズを撮っているのは、当時の恋人であり、のちに妻となるカミーユ・ドンシューである。

【作品解説】クロード・モネ「サント・アドレスの庭園」
作品解説 · 11日 1月 2022
《サント・アドレスの庭園》は、1867年にクロード・モネが制作した油彩絵画。1879年4月10日から5月11日にかけてパリで開催された第4回印象派展に出品されたものである。 本作品は、モネが1867年の夏、ル・アーヴル(フランス)に近い英仏海峡沿いのリゾート地サント・アドレスで過ごしたときに制作されたものである。 伝統的な手法で描かれた滑らかな部分と、高速で分離した筆致のきらめく部分、そして純色の斑点が組み合わされている。

【作品解説】クロード・モネ「庭園と女性」
作品解説 · 11日 1月 2022
《庭にいる女性》は、1866年にクロード・モネによって制作された油彩作品。82×101cmという比較的大きなサイズで、現在、ロシアのサンクトペテルブルクにあるエルミタージュ美術館に所蔵されている。 26歳のころの初期作品で、後にモネが高く評価する典型的な印象派の作品とは異なり、極めて構成的で細部まで描き込まれている。

【作品解説】ミケランジェロ作品一覧「ダビデ、最後の審判、ピエタ」
作品解説 · 02日 1月 2022
ダビデ像で知られるミケランジェロの作品を解説します。

【作品解説】フランシス・デ・ゴヤの作品一覧「ブラックペインティング」
作品解説 · 31日 12月 2021
我が子を食らう絵画や近代美術の先駆者として評価されているフランシス・デ・ゴヤの作品です。

【作品解説】マルセル・デュシャンの作品一覧「便器、レディメイド、現代美術の父」
作品解説 · 30日 12月 2021
便器、レディメイド、現代美術の父として知られるマルセル・デュシャンの作品です。

【作品解説】ルネ・マグリット作品一覧「山高帽、りんご、シュール」
作品解説 · 29日 12月 2021
パイプ、山高帽の男などの作品で知られるルネ・マグリットの作品を解説します。

【作品解説】サルバドール・ダリ作品一覧(2)
作品解説 · 28日 12月 2021
《記憶の固執》の時計画をはじめさまざまなダリ作品を紹介しています。

【作品解説】サルバドール・ダリ作品一覧(1)
作品解説 · 27日 12月 2021
《記憶の固執》の時計画をはじめさまざまなダリ作品を紹介しています。

さらに表示する