カテゴリ:作品解説



【作品解説】バンクシー作品一覧 ねずみ、風船の少女などバンクシーの作品完全解説
ストリート・アート · 31日 12月 2020
バンクシーの代表的な作品についての解説です。《風船と少女》やネズミの作品などについて。

【作品解説】バンクシーの作品 2020年作品一覧
ストリート・アート · 31日 12月 2020
バンクシーが2020年に発表した作品一覧です。今年はパンデミックやを主題とした作品が多く、政治問題に関してはブラック・ライブズ・マターに関するものが中心でした。『ルイーズ・ミッシェル号』は「投資」を主題とした新しい作品。

ストリート・アート · 04日 12月 2020
《ジョージ・フロイド追悼壁画》は、2020年5月28日、グレタ・マクレーンやゼナ・ゴールドマン、カデックス・ヘレラらによって制作されたストリート・アート。東38丁目&シカゴ・アベニューの角にあるコンビニエンスストア「カップフーズ」の壁に描かれている。 この場所は、ジョージ・フロイドがミネアポリスの警察官の膝で押さえつけられ死亡した殺害現場の近くである。 ジョージ・フロイドの肖像と彼の名前が描かれており、名前の中には抗議者が描かれている。また、背景には警察の横暴で亡くなった他のアフリカ系アメリカ人の名前が入った大きなひまわりが描かれている。イメージ下部にはジョージ・フロイドの言葉「I can't breathe」を癒やす目的で「I CAN BREATHE NOW」と書き換えられている。

17日 11月 2020
『アッティカ合衆国』は1971年から1972年にかけてニューヨークの芸術家で活動家のフェイス・リングゴールドが制作したプロテスト・アート。 アメリカ全土が4分割され、黒人民族主義者のマーカス・ガーベイの汎アフリカ国旗で使われている緑、赤、黒の3色カラーリングで構成されている。また、ライフルのスコープを通した眺めと十字架を重ねあわせている。 地図には、1880年代のオレゴン州での反中国暴動、約4000人のチェロキー族インディアンを虐殺したオクラホマ州のトレイル・オブ・ティアーズ、ミシシッピ州のエメット・ティルのリンチ事件、1968年のテネシー州でのマーティン・ルーサー・キング・ジュニア暗殺事件、カリフォルニア州、ミシガン州、テキサス州での暴動など、アメリカ全土で起きたリンチ、レイプ、戦争、先住民の虐殺、その他の暴力の残忍なエピソードとその日付と詳細が記入されている。

ストリート・アート · 11日 11月 2020
「沈黙=死」は1987年に制作されたプロテスト・アート。アヴラム・フィンケルシュタイン、ブライアン・ハワード、オリバー・ジョンストン、チャールズ・クロフ、クリス・リオーネ、ホルヘ・ソカラスの6人による共同作品である。1980年初頭にはメディアが無視していたエイズの危機を告発した。

作品解説 · 10日 11月 2020
ルネ・マグリットは20世紀のシュルレアリスム運動で人気を博した芸術家の一人として知られている。1920年代、ベルギー人の画家は無意識や夢の世界を表現するため若い、アーティストの集団に参加した。マグリットは彼独自の芸術スタイル確立し、批評家たちはそれを「マジック・リアリズム」と評した。長いキャリアを通じて、マグリットは現実とファンタジーの境界を曖昧にし、鑑賞者たちが認知していたことに疑問を抱かせるようにした。

ストリート・アート · 09日 11月 2020
『ロバート・E・リー像の破壊』は、2020年6月、ミネアポリスで発生したBLM運動が全米に拡大していく中で起こったプロテスト・アート。バージニア州リッチモンド中心地に設置されているリー将軍像が奴隷制の象徴として落書きなどの攻撃を受けた芸術。 1890年以来、高さ61フィートの巨大な馬術像がバージニア州リッチモンドにそびえ立っている。これは、最初の南軍南部連合の旧首都に建立された記念碑で、リッチモンド市の歴史的なモニュメントアベニューに残っている唯一の南軍の彫像である。 BLM運動が発生するまでは、たまに来る観光客以外にほとんど人が集まることはない寂れた場所だった。 しかし、ジョージ・フロイドに対する警察の残虐行為や人種差別に対する抗議が全国に広がり、多くの都市で連邦記念碑が取り壊されていく中で、この像にも注目が集まり始めた。多くの人々がここにやってきて像を引き倒そうとしたが、巨大過ぎて倒せないため、代わりに落書きされ、その外観は劇的に芸術化した。

作品解説 · 27日 8月 2020
《アルノルフィーニの肖像》は、1434年にオランダの画家ヤン・ファン・エイクによって制作された油彩画。オーク材のパネルに描かれている。 イタリアの商人ジョヴァンニ・ディ・ニコラオ・アルノルフィーニと彼の妻を描写したと考えられている全身二重肖像画である。おそらく、フランドル地方の都市ブルージュにある2人の住居内の様子を描いたものとされている。 その美しさ、複雑な図像、幾何学的な直交的遠近法、鏡を用いた絵画空間の拡大などから、西洋美術の中でも最も独創的で複雑な絵画の一つとみなされている。 エルンスト・ゴンブリヒによれば、「イタリアのドナテッロやマサッチョの作品と同じくらい新しく、革命的なものだった。現実世界のシンプルな一角が突然、魔法のようにパネルに固定されていた... 歴史上初めて、芸術家は真の意味での完璧な目撃者となった」という。

作品解説 · 20日 8月 2020
『ウィトルウィウス的人体図』は、レオナルド・ダ・ヴィンチが1490年頃に描いたドローイング。このドローイングは理想的な人体のプロポーションを表現しており、「プロポーションの法則」あるいは「人体の調和」と呼ばれることがある。 円と四角にきっちり内接した2人の男性の裸体が重ねられた状態が描かれている。2人の手足の位置は異なる。 正方形と円形は、古代ローマの建築家ヴィトルヴィウスの『建築家論』の第三書内の説明文に由来している。 ヴェネツィアのアカデミア美術館が所蔵しているが常設展示はされていない。最近では、フランスとイタリアの協定の一環として、2019年10月24日から2020年2月24日まで、ルーヴル美術館のダ・ヴィンチ作品展で展示された。

作品解説 · 29日 5月 2020
レオナルド・ダ・ヴィンチの代表的な作品についての解説です。《モナ・リザ》や《最後の晩餐》などについて。

さらに表示する