トランプ氏「ハンター・バイデンのアートは100%賄賂!」

トランプ氏「ハンター・バイデンのアートは100%賄賂!」

本来は透明性にすべきものだ


ドナルド・トランプ前大統領は、7月24日土曜日の夜、アリゾナ州フェニックスで開催されたターニング・ポイント・アクション会議での演説で、ハンター・バイデンが芸術業界に参加しようとしていることを批判した。

 

「ハンター・バイデンが1枚の絵に50万ドルで販売するのはどうか、彼は今まで一度も絵を描いたことがないのに」

 

「もし、私の子供たちがそんなことをしたら、あなたは想像できますか? そして今、ホワイトハウスはそれを「透明性のないものにする」ことを正当化していますと。いやいや、実際には透明性にすべきものだが、実際には全くすべきではないという。なぜだとおもう? それは賄賂だからだ。賄賂だから。100%賄賂だから!

 

「セントラルパークで鉛筆を使って肖像画を描くことができる250ドルの優秀な画家たちがいることを知っているだろうか。彼らはとても素晴らしい仕事をする。彼らは天才だ。"ただの天才"だよ。セントラルパークに行くと、アーティストたちがずらりと並んでいるんだ。交渉すると彼らは250ドルで描いてくれる。彼らは信じられないほどの才能があります。中には、短時間で信じられないようなことをやってのける人もいます。」

 

「賄賂だよ。不名誉なことだし、フェイクニュースメディアはそれを問題ないように話しているが、透明性を確保するべきだ。信じられないことだよ。これは賄賂だ!

 

ホワイトハウスは、大統領の息子のアートを購入した人を匿名にする契約を画商としているが、最近では購入希望者との面会希望を明らかにしている。共和党員だけでなく、主流メディアやアート界の人々からも、その適切さに対する疑問が投げかけられている。