カテゴリ:ハンター・バイデン



ハンター・バイデンの画商は中国との深い関係
27日 7月 2021
駆け出しのアーティストであるハンター・バイデンが、ジョルジュ・ベルジェス・ギャラリーで50万ドルもの高額な絵画を販売する可能性があるというスキャンダルが続く中、このギャラリストと中国との深いつながりが浮上してきた。 ベルジェスは、2015年にレジデント誌に「中国での主導権を握ることを計画している」と語っただけでなく、2014年にはクエスト誌に「年に3、4回中国に行っている」「25人ほどのコレクターの強固なグループがあり、そのほとんどが海外にいる」と語っている。 ニューヨーク・タイムズ紙が2014年に、主観的なアート作品の販売において「上品な賄賂」を意味する中国語があり、中国で芸術作品の売買が賄賂として広く行われていると報じたのもその頃である。

トランプ氏「ハンター・バイデンのアートは100%賄賂!」
25日 7月 2021
ドナルド・トランプ前大統領は、7月24日土曜日の夜、アリゾナ州フェニックスで開催されたターニング・ポイント・アクション会議での演説で、ハンター・バイデンが芸術業界に参加しようとしていることを批判した。 「ハンター・バイデンが1枚の絵に50万ドルで販売するのはどうか、彼は今まで一度も絵を描いたことがないのに」 「もし、私の子供たちがそんなことをしたら、あなたは想像できますか? そして今、ホワイトハウスはそれを「透明性のないものにする」ことを正当化していますと。いやいや、実際には透明性にすべきものだが、実際には全くすべきではないという。なぜだとおもう? それは賄賂だからだ。賄賂だから。100%賄賂だから!」

ハンター・バイデンの画商「詐欺と契約違反」
ハンター・バイデンの取扱画商であるジョルジュ・ベルジェスは、2016年に彼のギャラリーに投資した芸術家から詐欺と契約違反で訴えられている。また、過去に個人破産しており、ほかに暴行、テロ容疑で起訴された過去がある。世界一の大国の大統領の息子が社会復帰を手助けするには、彼の人間性やキャリアに大きく依存しているため無視することはできない。