カテゴリ:アート・モデル



作品解説 · 21日 5月 2020
《アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 Ⅱ》は1912年にグスタフ・クリムトによって制作された油彩作品。アデーレ・ブロッホ=バウアー(1881−1925)はクリムトの親友でありパトロンである。またウィーンの芸術愛好家サロンに出入りしていた女性で、クリムトが唯一、絵のモデルとして描いた人物である。もうひとつの作品が、《アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 Ⅰ》で、一般的にはこちらのほうが有名。

モデル · 20日 5月 2020
オルガ・コクラヴァ(1891年5月17日-1955年2月11日)はロシアのバレエ・ダンサー、パブロ・ピカソの最初の妻で、有名ポートレイト作品「椅子に座るオルガ」のモデルとしてよく知られている。 オルガ・コクラヴァは、ロシア帝国時代のニズフィンで生まれた。オルガはフランスでマダム・スローソンとの演技を鑑賞して、バレリーナになろうと決意。その後、セルゲイ・ディアギレフのロシア・バレエ団の一員として活躍するようになる。

写真 · 07日 5月 2020
エリザベス・リー・ミラー(1907年4月23日-1977年6月21日)はアメリカの写真家、フォトジャーナリスト、ファッションモデル。 1920年代のニューヨーク・ファッションシーンでモデルとして活躍したあと、パリにわたりファッションとファインアートの写真家として活躍した。 第二次世界大戦時にミラーは、『Vogue』専門の戦争写真家となり、ナチス・ドイツがイギリス対して行なった大規模な空襲「ロンドン大空襲」をはじめ、1944年の「パリの解放」、ブーヘンヴァルト強制収容所やダッハウ強制収容所を取材撮影した。

モデル · 14日 9月 2019
リー・トープラー(1948年-1975年5月19日)はスイスの舞台女優。H.R.ギーガー作品のモデル、ギャラリー経営者。またギーガーの恋人としてよく知られている。 ギーガーは、全裸の彼女をキャンバスにしてボディペインティングを行うなどトープラーをミューズとみなし、生と美貌を永遠化する作品を制作する。 彼女をモデルにした代表的な作品が、彼女の顔が機械と生体のバイオメカノイドで覆われた「リー・シリーズ(LiⅠとLi Ⅱ)」である。 ギーガーによれば、トープラーは「巨大な精力と生の欲望」を持った女性であり、また「太く短い人生」を望んでいたという。トープラーは、極度の情緒不安定、重度の薬物依存、肉体的苦痛に苛まれて、27歳という短い人生で終止符を打った。

モデル · 11日 7月 2018
アニー・ロジャーズ(1856年2月15日-1937年10月28日)はイギリスの女子教育のプロモーター。子ども時代にルイス・キャロルの写真モデルになっている。 1863年にルイス・キャロルの写真のモデルとなり、用意した衣装を着て撮影されている。また撮影した上の写真《f Annie Rogers and Mary Jackson as Queen Eleanor and the Fair Rosamund》にルイス・キャロルは詩をそえている。

モデル · 10日 7月 2018
エセル・ハッチ(1869-1975年)はイギリスの美術家。チャールズ・ドジソンと写真モデルとしても知られている。 彼女はイギリスの上層階級に属する女性で、エドウィン・ハッチ牧師の娘であり、ベアトリス・シェード・ハッチとエブリン・モッド・ハッチとは姉妹にあたる。 成人後は美術家として活動している。絵画サークル「ニューイングランド・アート・クラブ」の会員で、花が特徴の水彩画をたくさん制作した。彼女の絵はクリスティーズでも何度か競売にかけられている。

モデル · 09日 7月 2018
エブリン・ハッチ(1871-1951年)はイギリス人女性。 チャールズ・ラトウィッジ・ドジソン(ルイス・キャロル)のミューズモデルとして知られている。彼女は姉ベアトリスやエセルと同じく、ドジソンの小児ヌードモデルとなった数少ない女性の1人。ドジソンの少女の関係において現代での議論の的にもなっている。 彼女はドジソン死後に刊行された、ルイス・キャロル著『少女への手紙』の編集者でもある。

モデル · 09日 7月 2018
イザ・ボウマン(1874-1958年)はイギリスの女優。ルイス・キャロルの友人で彼との思い出について書いた書籍『ルイス・キャロル物語 不思議の国の現実のアリスから若い人たちへ』を出版している。 彼女は1886年に『不思議の国のアリス』の舞台版に脇役で出演、1888年の再演時はアリス役で出演した。彼女は15歳から19歳までチャールズ・ドジソンのもとに訪れ、交流している。キャロルは1888年7月にオックスフォーズへ訪れたイザについて記述しており、彼女は回顧録で彼の記述を転載した。

モデル · 09日 7月 2018
アレクサンドラ・キッチン(1864年9月29日-1925年4月6日)はイギリスの女性。チャールズ・ラトウィッジ・ドジソン(ルイス・キャロル)のお気に入りの写真モデルであり、有名な子どものお友だち。愛称はクシー。 彼女はドジソンのオックスフォード大学クライストチャーチに同僚で、のちにウィンチェスター大聖堂やダラム大聖堂の首席司祭となったジョージ・ウィリアム・キッチン牧師(1827−1912年)の娘である。 ドジソンは4歳から16歳の誕生日まで、50回以上のキッチンを撮影している。撮影した写真の中には演劇的な要素のある「活人画」が多く、キッチンがモデルの写真は初期の芸術写真として現代のコレクター、キュレーター、現代美術家たちに影響を与え、評価されている。特に有名な写真は「

モデル · 05日 7月 2018
ベアトリス・シェード・ハッチ(1866年9月24日-1947年12月20日)はイギリス人女性。 チャールズ・ラトウィッジ・ドジソン(ルイス・キャロル)のミューズモデルとして知られている。彼女はドジソンの小児ヌードモデルとなった数少ない女性の1人で、そのためハッチは現代においてもさまざまな研究の対象となっている。 ハッチのヌード写真(ドジソンの写真)は、現代においていまだ多くの芸術家たちに影響を与えている。

さらに表示する