· 

【アートモデル】カミーユ・ドンシュー「モネの最初の妻で印象派の代表的モデル」

カミーユ・ドンシュー / Camille Doncieux

モネの最初の妻で印象派の代表的モデル


クロード・モネ《ラ・ジャポネーズ》
クロード・モネ《ラ・ジャポネーズ》

概要


カミーユ=レオニー・ドンシュー(1847年1月15日 - 1879年9月5日)は、フランスの画家クロード・モネの最初の妻。クロードとの間に2人の息子をもうけている。

 

彼女はモネをはじめ、ピエール=オーギュスト・ルノワール、エドゥアール・マネらによって多くの絵画でモデルを務め、描かれている。

略歴


若齢期


カミーユ=レオニー・ドンシューは、1847年1月15日、現在のフランス、リヨンの一部であるラ・ギヨティエールの町で生まれた。父シャルル・クロード・ドンシューは商人であった。

 

第二次フランス帝国時代(1852-1870)の初期に、シャルルは妻と娘を連れてパリのソルボンヌ大学近くに移り住む。

 

1857年に妹のジュヌヴィエーヴ=フランソワが誕生して数年後、一家はバティニョール(現在のパリ北西部の一角)に移り住む。バティニョールは芸術家たちに人気のある街だった。

 

カミーユは10代でモデルの仕事を始める。1865年に7歳年上のモネと出会い、彼のモデルとして数々の絵画のポーズを務めた。同時にモネの愛人であった彼女は、モネは当時貧しい生活を送っていた。

 

モネの叔母と父はカミーユとの交際を認めなかった。カミーユがモネの長男を腹に宿している間、モネは彼女をパリに残して、叔母の田舎の屋敷に別居し、モネ家族から毎月しおくりをもらい、カミーユとの関係を隠していた。カミーユは生活費もないまま、パリに取り残されていたという


■参考文献

https://en.wikipedia.org/wiki/Camille_Doncieux、2022年1月13日アクセス