カテゴリ:ドイツ



作品解説 · 18日 8月 2020
《自画像》は1500年にドイツのルネサンス期の画家アルブレヒト・デューラーによって制作された油彩パネル画。1500年初頭、彼の29歳の誕生日直前に描かれたこの作品は、彼が描いた3点の自画像の最後のものである。 美術史家は、デューラーの自画像の中でも最も個人的であり、象徴的であり、複雑なものとみなしている。 この自画像は、それ以前の多くのキリスト肖像に似ているという点でも、最も注目すべきものである。 美術史家は、その対称性、暗い色調、画家が直接鑑賞者と向き合い、祝福するかのように両手を胸の真ん中に挙げている様子など、宗教画の慣習との類似性を指摘している。

写真 · 28日 5月 2020
トーマス・ルフ(1958年2月10日生まれ)はデュッセルドルフ在住のドイツの写真家。「編集されたイメージと新たに想像するイメージの巨匠」と呼ばれる。 ローレンツ・ベルジュ、アンドレアス・グルスキーらと、元発電所だったスタジオをシェアして、活動している。 ルフは一般的に写真表現をコンセプチュアルアートへと発展させたことで評価されている。パスポート写真のようなありふれた人物写真を拡大したり、何気ないインテリアや都市の風景写真を拡大することで、どこか不可思議でシュルレアリスティックな作品に見えてくるというもの。

画家 · 13日 1月 2019
アンセルム・キーファー(1945年3月8日生まれ)はドイツの画家、彫刻家。 1970年代にヨーゼフ・ボイスやピーター・ドレーヤーのもとで美術を学ぶ。藁、灰、粘土、鉛、シェラックなど、さまざまな素材をキャンバスに混ぜ込んだ作品を制作することで知られる。...