· 

【美術解説】トーマス・ルフ「コンセプチャル・フォトグラフィー」

トーマス・ルフ / Thomas Ruff

コンセプチャル・フォトグラフィー


概要


生年月日 1958年2月10日
国籍 ドイツ
表現媒体 写真
ムーブメント 芸術写真コンセプチュアル・アート
関連サイト トーマス・ルフ展 金沢21世紀美術館

トーマス・ルフ(1958年2月10日生まれ)はデュッセルドルフ在住のドイツの写真家。「編集されたイメージと新たに想像するイメージの巨匠」と呼ばれる。

 

ローレンツ・ベルジュ、アンドレアス・グルスキーらと、元発電所だったスタジオをシェアして、活動している。

 

ルフは一般的に写真表現をコンセプチュアルアートへと発展させたことで評価されている。パスポート写真のようなありふれた人物写真を拡大したり、何気ないインテリアや都市の風景写真を拡大することで、どこか不可思議でシュルレアリスティックな作品に見えてくるというもの。

略歴


若齢期と教育


トーマス・ルフは1958年にドイツ・シュヴァルツヴァルト、チェル・アム・ハーマスバッハで生まれた。ほかに5人の兄妹がいる。

 

1974年夏にルフは初めてカメラに関心を持ち始める。撮影の基本を学ぶ写真学校夜間クラスに通い、アマチュア写真雑誌で見られるような撮影を模倣しながら腕を伸ばした。模倣で腕を伸ばす方法はアカデミーに入ってからも続いた。

 

デュッセルドルフ芸術アカデミーに入ると、ベルント&ヒラ・ベッヒャー夫妻のもとで5年間学ぶ。この頃からヨーゼフ・ボイスマルセル・デュシャンらのコンセプチュアルな作品に大きく影響を受け、ルフ自身が写真表現をコンセプチュアル・アートへと発展させていく。ほかにステファン・ショア、ジョエル・マイヤーウィッツ、新しいアメリカの写真作家にも影響を受けたという。

 

はじめは、風景を中心に写真撮り始めたが、その後1950年代から70年代のドイツ一般家庭のインテリアの写真に移行し、続いてデュッセルドルフのアートやミュージックシーンの友人たちのポートレイトや建物の撮影する。

 

1977年から1985年までデュッセルドルフ芸術アカデミーでベルントとヒラ・ベヒャーから写真を学び、アンドレアス・グルスキー、カンディダ・ホーファー、トーマス・ストルース、アンジェリカ・ヴェングラー、ペトラ・ヴンダーリッヒなどの写真家に師事。

 

1982年には、パリの国際芸術大学で6ヶ月間を過ごす。1993年にはローマのヴィラ・マッシモに奨学生として滞在。 

作品


影響を受けたものについてルフは「私の師匠であるベルント&ヒラ・ベッヒャーは、スティーブン・ショア、ジョエル・マイヤーウィッツ、そして新しいアメリカの写真家の写真を見せてくれた」と述べている。

ポートレイト


1981年から1985年の間、ルフは同じ手法で60もの半身像ポートレイト写真を撮影。頭部の少し上に写真の上端が来る9cm✕12cmのパスポート写真のようなブレのないイメージで、撮影されている人物はおおよそ25歳から35歳ぐらい。

 

初期作品はモノトーン調で小さかったが、のちにカラーに切り替え、人物背景は単色カラーだった。1986年から、大サイズの写真作品に切り替わり、最終的には210✕165cmの写真作品となった。

 

1987年までにルフは、これらの作品をいくつかの方法で洗練させ、ほぼ正面からの全景で撮影する方法に落ち着き、完成した作品は記念碑写真を比率にまで拡大した。美術評論家のチャールズ・ヘーゲン氏はニューヨーク・タイムズ紙にこう書いている。「壁の大きさに膨らませた写真は、東欧の独裁者の巨大な旗のように見えた」

 

1986年から1991年にかけて撮影されたポートレイトは、色の影響が強すぎると感じたため、ルフは背景を明るく中性的なものにした。

 

フィリップ・ポコックとの対談では、ルフのポートレイトと1970年代の「ドイツの秋」テロ事件でのドイツの警察の観察方法との関連について言及している。実際、ラフは1992年に合成顔の実験をしていたときに、1970年代にドイツの警察が合成肖像画を作成するために使用していた「ミノルタモンタージュユニット」という画像生成装置に出会ったという。

 

鏡の組み合わせによって、4人のポートレイトが機械に送り込まれ、1枚の合成写真が作られるもので、ルフは顔の復元写真から始めたが、その後、現実には存在しないが、いるるかもしれない男性と女性の特徴を組み合わせた人工的な顔を構築することの方が面白いことに気付きはじめたという。

 

ルフは、約8×10インチのカラーポートレートのグループをまとめて吊るすことを意図しているの、バラエティをつけるため一人一人を色の違う背景で撮影している。

 

Thomas Ruff/VG Bild-Kunst, Bonn 2016,金沢21世紀美術館サイトより
Thomas Ruff/VG Bild-Kunst, Bonn 2016,金沢21世紀美術館サイトより

「ハウス」シリーズ


「ハウス」シリーズは1987年から1991年にかけて制作された。集合住宅や企業の社屋など、ごく普通の建築の外観を撮影している。デジタル編集により障害となるディテールを取り除き、イメージに模範的な特徴を与えている。

 

これらのうち、ルフは「この種の建物は、過去30年間の西ドイツ共和国のイデオロギーと経済を多かれ少なかれ表している」と指摘している。

 

建築家のヘルツォーク&ド・ムーロンはすぐにこの建築写真の形式に気づき、ルフを1991年のヴェネチア・ビエンナーレの建築のエントリーにリコラのための建物写真で参加するように招待した。

 

1999年、ルフはミース・ファン・デル・ローエのモダニズム建築をデジタルで改変した写真シリーズを制作した。建築家のイニシャルであるl.m.v.d.r.シリーズは、1999年から2000年にかけて、ドイツのクレフェルトにあるランゲハウスとエステルハウスの改修に関連してルフに依頼されたものである。

 

1980年代半ばから建築を題材にした仕事をしてきたルフは、クレフェルドの建物やバルセロナのパビリオン、ブルノのヴィラ・トゥゲンドハットの撮影に参加した。

ハウス,Thomas Ruff/VG Bild-Kunst, Bonn 2016,金沢21世紀美術館サイトより
ハウス,Thomas Ruff/VG Bild-Kunst, Bonn 2016,金沢21世紀美術館サイトより

星・夜・新聞の写真


「ハウス」シリーズに続いて1989年には、ルフの写真ではなく、彼がチリのアンデスにあるヨーロッパ南天天文台のアーカイブ画像(「南天のカタログ」、600枚のネガを含む)を元にした夜空の画像を使った「星」シリーズが登場した。

 

これらの星の写真は、特別に設計された望遠鏡レンズで撮影されたもので、一日の正確な時間と正確な地理的位置が記載され、カタログ化されている。これらの写真から、ラフは、彼が均一な壮大なスケールに拡大した特定の詳細を選んだ。

 

第一次湾岸戦争中の1992年から1995年にかけて、ルフは、湾岸戦争中に軍用と放送テレビ用に開発された暗視赤外線技術を用いて、建物の外観や建物の夜景を撮影した「夜」シリーズ(1992年から1996年)を制作した。

 

1994年から1996年にかけては、ステレオスコピーの映像が続き、1990年代には、新聞の切り抜きを元の字幕なしで拡大した「新聞」というシリーズもあった。

星,Thomas Ruff/VG Bild-Kunst, Bonn 2016 金沢21世紀美術館サイトより
星,Thomas Ruff/VG Bild-Kunst, Bonn 2016 金沢21世紀美術館サイトより

ヌード


2003年、ルフはフランスの作家ミシェル・ユエルベックのテキスト付きの写真集『ヌード』を出版した。ここに掲載されているルフのイメージは、カメラや伝統的な写真装置を使わずにデジタル処理され、隠蔽されたインターネット・ポルノグラフィをベースにしている。

 

2009年、アパーチャ財団は、インターネットで撮影した画像をJPEG形式で圧縮し、ピクセル単位で拡大した彼の記念碑的なシリーズに特化した大規模な書籍『JPEGs』を出版しました。

 

日本のマンガやアニメの画像を元にした「サブストラット」シリーズ(2002年~2003年)は、ウェブ上でデジタル的に改変された絵の探求を続けている。

 

しかし、彼の作品は、元の素材の視覚的な記憶を持たないまま、形や色の抽象化された作品となるよう素材を改変したり操作したりしている。

 

2011年2月7日、ニューヨーク・マガジンの表紙に彼のヌード写真が掲載された。

ヌード,Thomas Ruff/VG Bild-Kunst, Bonn 2016,金沢21世紀美術館サイトより
ヌード,Thomas Ruff/VG Bild-Kunst, Bonn 2016,金沢21世紀美術館サイトより

ジュークレス、カッシーニ、ma.r.s.


シリーズ「ザイクルス」と「カッシーニ」は、科学的な情報源に基づいて描かれています。ザイクルスは、ラフが19世紀の電磁気学の本で見つけた銅版画との出会いに触発された数学的な曲線の3Dレンダリングをベースにしている。

 

ルフは、3Dコンピュータモデリングプログラムを介してこれらの画像を翻訳したが、彼の通常の平坦化の代わりに、2Dにボリュームを与えている。

 

その結果、キャンバスに色のついた線や渦巻きの大きなインクジェットプリントができあがった。カッシーニの作品は、NASAが撮影した土星の写真を基にしている。ルフは、生の白黒プリントを飽和色の挿入で変換した。

 

ma.r.s.シリーズでは、同じくNASAのウェブサイトから入手した写真を基盤にしている。火星の生の白黒の断片的な表現を、彩度の高い色を挿入して変換した。彼はまた、遠近法をデジタル的に変更している。

近年


 最近のルフは、マン・レイやモホリ=ナジ・ラースローら20世紀初頭のカメラを用いずに紙の上に直接物を置いて感光させるフォトグラム(レイヨグラフ)を発展させた作品を制作している。一見すると透明度や照度の異なるランダムな形状が、螺旋や抽象的な形状や線で表現されるものである。

 

従来のフォログラムがモノクロームだったのに対し、ルフのフォトグラムはコンピューター上で仮想的な「暗室」空間を使って、物体の配置と彩色をデジタル操作できるのが大きな違いである。

 

2017年にベルリンのSprüth Magersのギャラリーで初展示された「press++」シリーズは、1920年代から1970年代にかけてアメリカの新聞や雑誌に掲載された画像や、ルフがeBayで見つけた画像をもとにしている。

 

これらの作品を制作するために、ルフはそれぞれの写真の表と裏をスキャンし、元の画像だけでなく、切り抜き、タッチアップ、日付スタンプ、走り書き、汚れなども考慮に入れてデジタル的に合成している。

 

スイスの建築家ヘルツォーク&ド・ムーロンとのコラボレーションを重ねた後、デュッセルドルフのラフ&グルスキーのスタジオビルを設計した。


■参考文献

https://en.wikipedia.org/wiki/Thomas_Ruff、2020年5月28にアクセス