· 

【作品解説】レオナルド・ダ・ヴィンチ「聖アンナと聖母子」

聖アンナと聖母子 / The Virgin and Child with Saint Anne

3人の身体が調和を取れた三角形


作者 レオナルド・ダ・ヴィンチ
制作年 1502-1516年
サイズ 168 cm × 112 cm
メディウム ポプラ板に油彩
所蔵者 ルーブル美術館

《聖アンナと聖母子》は1502年から16年にかけてレオナルド・ダ・ヴィンチによって制作された油彩作品。10年以上かけて制作されたもので、丁寧なスフマート技法が使われている。聖アンナの右足やマリアの顔は未完成になっている。

 

幼子と聖母マリアと、2人を慈愛の眼差しで見つめるマリアの母、聖アンナの3人が描かれている。マリアは聖アンナの膝に座っており、三角形の構図になっている。三世代が一直線に並ぶことで、3人の身体が調和を取れた三角形を形づくっている。

 

この絵には下敷きになったと思われるカルトン(着彩画と同寸で厚紙に描かれる下絵)が存在する。カルトンとの違いは、重心がより上に集まっていること、キリストに祝福を与えられる洗礼者ヨハネが帰依、代わりに子羊が描かれている。アンナの天を指し示す手も消えている。

 

フランソワ1世の庇護のもとレオナルドがアトリエにしていたフランスのクルー城でこの絵を見た、と同地を訪れた枢機卿ルイージ・ダラゴーナの秘書、アントニオ・デ・ベアティスは書いている。

 

レオナルドが没した後、1540年までの間はフランスにあったようだ。フランス国王が自分の礼拝堂に飾っていたこともいわれる。その後の来歴は不明だが、1629年にイタリアのカザーレ・モンフェッラートでリシュリー枢機卿が購入し、1636年にフランス国王に献上。現在ルーブル美術館が所蔵している。

聖アンナと聖母子と幼児聖ヨハネ』(1498年) ナショナル・ギャラリー
聖アンナと聖母子と幼児聖ヨハネ』(1498年) ナショナル・ギャラリー

■参考文献

https://en.wikipedia.org/wiki/Madonna_Litta、2020年4月16日アクセス