カテゴリ:ルネサンス



古典 · 26日 8月 2020
ヤン・ファン・エイク(1390年-1441年7月9日)は、ブルージュで活動したフランドル地方の画家。 初期ネーデルラント絵画の革新者の1人として知られており、また初期北方ルネサンス芸術の最も重要な画家の1人でもある。 ファン・エイクは1380年から1390年頃、現在のベルギーのマーセイク(当時のマーセイク、それが彼の名前の由来)で生まれた可能性が高いとされている。 1422年頃ハーグで仕事をはじめたときには、すでに助手付きの工房を所有する巨匠で、オランダとハイノーの支配者であったピティレス家のヨハネ3世の庇護のもと画家や使用人として活動した。

作品解説 · 18日 8月 2020
《自画像》は1500年にドイツのルネサンス期の画家アルブレヒト・デューラーによって制作された油彩パネル画。1500年初頭、彼の29歳の誕生日直前に描かれたこの作品は、彼が描いた3点の自画像の最後のものである。 美術史家は、デューラーの自画像の中でも最も個人的であり、象徴的であり、複雑なものとみなしている。 この自画像は、それ以前の多くのキリスト肖像に似ているという点でも、最も注目すべきものである。 美術史家は、その対称性、暗い色調、画家が直接鑑賞者と向き合い、祝福するかのように両手を胸の真ん中に挙げている様子など、宗教画の慣習との類似性を指摘している。

古典 · 12日 8月 2020
アルブレヒト・デューラー(1471年5月21日-1528年4月6日)はドイツの画家、版画家。ドイツ・ルネサンスの代表的な芸術家であり理論家である。 ニュルンベルクに生まれたデューラーは、20代で高品質の木版画でヨーロッパ中にその名声と影響力を確立した。 ラファエロ、ジョヴァンニ・ベリーニ、レオナルド・ダ・ヴィンチなど同時代のイタリアを代表するルネサンス芸術家と交流を持ち、1512年には皇帝マクシミリアン1世の庇護を受けた。

古典 · 21日 7月 2020
ジョット・ディ・ボンドーネ(1267年頃-1337年1月8日)は、一般的にジョットとして知られる中世後期のイタリアの画家、建築家。ゴシック・黎明期ルネッサンス期に活躍した芸術家と見なされている。 ジョットの同時代の銀行家であり歴史家でもあるジョヴァンニ・ヴィラーニは、ジョットを「彼の時代で最も君臨的な絵画の巨匠であり、自然に沿った人物やポーズを描いた」と評価し、彼の「才能と卓越性」は公に認められていたと記録している。 ジョルジョ・ヴァザーリは、著書『最も優れた画家、彫刻家、建築家の生涯』の中で、ジョットはこれまで流行していたビザンチン様式に決定的な打ちこわし、今日私たちが知っているような偉大な絵画芸術を確立し、200年以上も放置されていた技術を蘇らせたと評している。

画家 · 20日 7月 2020
レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452年4月15日-1519年5月2日)は、ルネサンス期イタリアの博学者。 彼が関心を持っていた分野は発明、絵画、彫刻、建築、科学、音楽、数学、工学、文学、解剖学、地質学、天文学、植物学、筆記学、歴史学、地図学など。 古生物学、痕跡化石、建築学などさまざまな学問のジャンルで創始者であり、美術史において最も偉大なルネサンスの芸術家の1人とみなされている。パラシュート、ヘリコプター、戦車を発明において功績があると言われることもある。 彼自身が、ルネサンス・ヒューマニズムの理想を具現化した存在である。 多くの歴史家や学者はレオナルドに対して、"万能の天才"または"ルネサンス・マン"の模範的な人物であり、人類史において最もさまざまな分野の才能を発揮した個人と見なしている。歴史家のヘレン・ガードナーによれば、彼の興味範囲とその興味対象への深い知識という点で、人類史上先例がなく、「彼の精神や性格は人間離れしており、また同時に神秘的で遠い世界の人に思える」と評している。 マルコ・ロシィは、彼の生涯や性格においては多くの憶測がなされているが、彼

古典 · 17日 7月 2020
ルネサンスは、日本の教科書や一般的なメディアでは簡単に「古典古代(ギリシア、ローマ)の文化を復興しようとする文化運動」と説明されている。 しかし、本来ルネサンスという言葉はもっと複雑であり、いまだ専門家たちでもさまざまな意見・解釈がなされている。文化運動を指す場合と時代区分を指す場合でしばしば混乱が生じる。 最も共通的に受け入れられている見解としては、ルネサンスとは「中世から近代への移行の印」であり、「15世紀と16世紀を覆うヨーロッパの歴史的期間」といえる。ルネサンスは中世後期のヨーロッパ世界の危機の後に発生した根本的な社会変化と関連した歴史的遷移期間といえる。 なお、標準的に時代区分(15世紀と16世紀)に加え、長期ルネサンス支持者の間には、その始まりを14世紀、終わりを17世紀と主張するものもいる。ルネサンスが近代の始まりなのか、それとも中世の範囲になるのか、という点についても論議が続いている。

作品解説 · 16日 7月 2020
『ピエタ』像は、バチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂に収蔵されているミケランジェロによる彫刻作品。ミケランジェロのサイン入りの唯一の作品である。 この作品は、複数あるミケランジェロによる同主題「ピエタ」シリーズの最初の作品で、磔刑の後、母マリアの膝の上で抱かれたイエスの遺体を描いた有名な作品である。 『ピエタ』はローマに駐在していたフランスの枢機卿ジャン・デ・ビルヘールからの依頼で制作された。 カッラーラ産の大理石で作られたこの彫刻は、枢機卿の葬儀の記念碑のために作られたが、18世紀に現在の場所、バジリカの入り口北側の第一礼拝堂に移された。 ミケランジェロによるピエタ像の作風は、これまでのイタリアの彫刻でにはないもので、ルネサンスの理想とする古典美と自然主義のバランスをとった重要な作品として評価されている。

画家 · 10日 7月 2020
ピーター・ブリューゲル・エルダー、通称「ブリューゲル」(1525-1530〜1569年9月9日)は、オランダ・フラマン・ルネサンス絵画の最も重要な画家、版画家。 中世ヨーロッパの風景画や農民の情景(風俗画)を描いたことで知られており、大規模な絵画において両方のタイプの主題に焦点を当てた先駆者である。 ブリューゲルは宗教的な主題が絵画の主題として当たり前でなくなった時代に最初に育った世代の一人として、また、革新的な主題の選択で注目を集め、オランダの黄金時代の絵画、そしてその後の絵画全般に影響を与えた。

スカルプチャー · 08日 7月 2020
《ダビデ》像は、イタリアの芸術家ミケランジェロが1501年から1504年の間に大理石で制作されたルネッサンス彫刻の傑作。 ダヴィデ像は5.17メートル(17.0フィート)の大理石像で、フィレンツェの芸術で好まれていたの主題のひとつである。 ダヴィデ像はもともと、フィレンツェ大聖堂の東端の屋根に沿って設置される一連の預言者像の一つとして制作依頼されていたが、最終的にはフィレンツェの市民政府の所在地であるヴェッキオ宮殿の外、シニョーリア広場の公共の広場に設置されることにななった。1504年9月8日に除幕された。 この像は1873年にフィレンツェのアカデミア美術館に移され、のちにレプリカ作品が元の場所に設置された。

画家 · 06日 7月 2020
ミケランジェロ・ディ・ロドヴィコ・ブオナロティ・シモーニ(1475年3月6日-1564年2月18日)は、盛期ルネサンス時代のフィレンツェ共和国で生まれ、後の西洋美術の発展に比類のない影響力を発揮したイタリアで最も有名な彫刻家、画家、建築家、詩人。 一般的に「ミケランジェロ」という名称で知られている。彼の芸術的多彩さと技術的高さは、当時ライバルだったレオナルド・ダ・ヴィンチにともに比較され、典型的な「ルネサンス・マン」の称号の与えられるほど評価が高かった。 代表作は30歳前に制作した「ピエタ」と「ダビデ」の2つの彫刻作品。また、ダ・ヴィンチと異なり絵画にはあまり関心を示さなかったが、ローマのシスティナ礼拝堂の天井に描いた《システィーナ礼拝堂天井画》と祭壇の壁に描いた《最後の審判》は、西洋美術史上最も影響力のあるフレスコ画として評価されている。

さらに表示する