ブログカテゴリ:抽象表現主義



画家 · 07日 4月 2018
ポール・ジャクソン・ポロック(1912年1月28日-1956年8月11日)はアメリカの美術家。抽象表現主義ムーブメントを先導した代表的な人物で、キャンバスを床に置いて、絵具缶から直接絵具を滴らせるドリップ・ペインティングという独自のスタイルを展開。...

画家 · 14日 9月 2017
趙無極(ピン音: Zhào Wújí;1921年2月13日-2013年4月9日)は中国の画家。のちにフランス市民権を取得。パリのアカデミー・デ・ボザールの会員。中国の伝統水墨画と近代美術様式を融合させた画家として評価されている。...

作品解説 · 10日 7月 2017
《女性 3》は1953年にウィレム・デ・クーニングによって制作された油彩作品。デ・クーニングの1951年から1953年に制作された女性を主題としたシリーズ6作品の1つ。 女性はデ・クーニングが繰り返した描いた主題だった。デ・クーニングは1940年代初頭から定期的に女性の絵を描き始め、その後、1950年代に最も力を入れて描いた。絵の多くはほとんどグラフィティのようなかんじで、巨大な目、巨大な胸、笑顔、大きな爪が強調して描かれている。 1970年代後半から1994年までこの絵は、テヘラン現代美術館が所蔵していたが、1979年イラン革命でこの絵は政府による視覚芸術に関する厳格で表現の規則ができたために展示することができなくなった。1994年にスイスの画像のトーマス・アマンが、16世紀のタフマースブ1世が所蔵していた画集『シャー・ナーメ』のペルシア写本と交換して手にいれた。

作品解説 · 23日 6月 2017
《Number 17A》は1948年にジャクソン・ポロックによって制作された作品。絵具缶から絵具を直接滴らせるドリッピ・ペインティングと呼ばれる方法で描かれており、本作はポロックのドリッピングシリーズのなかでも初期の作品にあたる。 一見するとランダムかつ自然に生成されたような構図に見えても、実際はこの作品を生成するのにポロックは事前にかなり自己の動きを意識して、コントロールしていた跡が見える。

作品解説 · 23日 6月 2017
《No.6(すみれ、緑、赤)》は1951年にマーク・ロスコによって制作された油彩作品。抽象表現主義作品のカラーフィールド・ペインティングとみなされている。《No.6》はこの時期のロスコのほかの作品と同じように、全体的に不均衡でかすみがかった薄暗い色味で描かれている。 主題はなく色の印象だけで鑑賞者に強烈なメッセージを伝えているが、この時代のロスコはまだ貧しく、画家としては売れず、一般的に憂鬱な時期であったといわれている。しかし、翌年の1952年にニューヨーク近代美術館で開催された「15人のアメリカ人」展にロスコは招待され、ジャクソン・ポロックやウィリアム・バツィオーツと並んで、正式に抽象表現主義のメンバーとして紹介され、ロスコは売れ始めた。

作品解説 · 22日 6月 2017
《インターチェンジ》は1955年にウィレム・デ・クーニングによって制作された油彩作品。2015年にデヴィッド・ゲフィン財団が、アメリカのヘッジファンドマネージャーであるケネス・グリフィンに個人間取引で3億ドルで売却したことで、2015年当時、最も高額な油彩作品として記録を更新した。現在は作品はシカゴ美術館に貸出し展示が行われている。 「インターチェンジ」は抽象表現主義の代表的な作品で、作品全体は躍動感に満ちている。画面にはいかなるオブジェクトもなく、「悲しい」や「嬉しい」など特定の感情をはっきり描写しているわけでもない。それにも関わらず、鑑賞者にはダイナミズムや動きの感覚を呼び起こすよう意図して描かれている。