タッカー・カールソン「ハンター・バイデンの美術販売はひどく腐敗している」

無学の新人画家が5000万で販売予定?

ハンター・バイデンの美術販売はひどく腐敗している


タッカー・カールソン:ハンター・バイデンが本当にやりたかったことは絵を描くことだったのです。そして今、ハンター・バイデンは彼の絵を販売していますが、その絵はとても素晴らしく、ニューヨークやロサンゼルスのプライベートギャラリーでは、1枚だけ買うために50万ドルも払う人がいたと言われています。

 

ワシントン・ポストによると、ホワイトハウスが彼を支援しているそうです。彼らはハンター・バイデンが絵画を購入した人を匿名にする契約を結ぶ手助けをしたそうです。

 

ミランダ・デバインは、バイデン一家と議会とのビジネス取引について、ワシントンポスト紙で幅広く報道してきたジャーナリスト。今回は彼女に登場していただきます。ホワイトハウスは長男の美術品取引を支援していますが、ここ数週間、あるアーティストが50万ドルもする美術品取引内容を秘密にするなんて、私には明らかな汚職としか思えません。

 

ミランダ・デバイン:ハンター・バイデンの絵画の購入者とその出身国を秘密にして取引の透明性を下げれば、誰かが彼の絵画に50万ドルを費やしてホワイトハウスへのアクセス権を買っているかもしれないという問題を解決できると考えていることがおかしいのです。狂気の沙汰ですが、少なくとも、ホワイトハウスが倫理について話し合っているのは良いことです。

 

ニューヨーク・ポスト紙がハンター・バイデンのラップトップについての記事を掲載してからまだ9ヶ月しか経っておらず、少なくとも倫理的な問題があることは明らかで、私たちもそれについて報告してきました。しかし、ホワイトハウスは、自分たちの倫理方針を、マンハッタンの美術品取引担当者やハンターの仲間に、スムーズに委託できると考えているようで、ちょっと信じられません。

 

ハンターの仲間は、購入者をどうにかして吟味します。中国の男が中国共産党の高官メンバーであるかどうか、ロシアの男が元汚職モスクワ市長や、ウクライナのエネルギー関連の汚職オリガルヒと関係があるかどうか、どうにかして知っています。彼は自分が外交政策の専門家でも諜報員でもないことをどうやって知ったのでしょうか。

 

それ自体がおかしいのですが、もう一つおかしいのは、ハンターとその仲間が、これらの絵画の価格を決めることにして、それを提示していることです。50万ドルと言いましたが、初めての画家にしては破格の値段です。今週売られたピカソは、メイン州のクローゼットで30年間眠っていたものが発見されたものです。それが15万ドルで落札されたのに、ハンターはその3倍を要求しているのですから、うまくいくとは思えません。

 

タッカー・カールソン:つまり、国際的な芸術市場には何のいかがわしさもありませんし、大規模な税金の無駄遣いでもありません。麻薬カルテルとの取引の方が、少なくとも彼らは自分たちが何者であるかを知っているので、より直接的な取引ができると思います。ありがとうございます。お会いできて嬉しいです。

 

関連リンク【アウトサイダー・アート】ハンター・バイデンが「賄賂としての芸術」を開く