カテゴリ:新表現主義



美術用語 · 13日 12月 2021
【美術解説】新表現主義「1970年代後半に発展した表現主義運動」
ストリート・アートは公共的な場所で制作された視覚芸術で、伝統的な美術館やギャラリーなどの会場の外で展示された非認可の公共芸術作品のこと。「グラフィティ(落書き、いたずら書き)」と同じ扱いとみなされている。 しかし、これらの芸術様式は芸術業界において、「独立公共芸術」や「ネオ・グラフィティ」、「ポスト・グラフィティ」と呼ばれ、アーバンアートやゲリラ芸術と密接に関連しているとみなされるようになっている。 ストリート・アートで使用される一般的な芸術様式やメディウムは、スプレーペイント、落書き、ステンシル、違法ビラ、ステッカーアート、ストリート・インスタレーション、彫刻である。 21世紀に入り、これらの表現形式のほかにライブ・パフォーマンスとそれをスマホやウェブサービスで配信する動画を利用したストリート・アートや、ヤーン・ボーミングと呼ばれる毛糸で覆われた彫刻も増えている。
作品解説 · 12日 12月 2021
【作品解説】ジャン=ミシェル・バスキア「フレキシブル」
《フレキシブル》は、1984年にジャン=ミシェル・バスキアが制作した絵画、グリオが描かれたこの作品は、2018年5月にフィリップスで4530万ドルで落札された。 《フレキシブル》は、カリフォルニア州ベニスにある彼のスタジオのフェンスを解体した、高さ8.5フィートのすのこ状の木の支柱に描かれたものである。
作品解説 · 09日 12月 2021
【作品解説】ジャン=ミシェル・バスキア「お金の鳥」
《お金の鳥》は、1981年にジャン=ミシェル・バスキアが制作した絵画。 「バード」の愛称で親しまれていたジャズミュージシャン、チャーリー・パーカーへのオマージュ作品。本作品は1981年に購入したルーベル・ファミリーのコレクションの一部となっている。
作品解説 · 09日 12月 2021
【作品解説】ジャン=ミシェル・バスキア「チャールズ・ザ・ファースト」
《チャールズ・ザ・ファースト》は、1982年にジャン=ミシェル・バスキアによって制作された絵画。 この作品は、ビバップの発展に貢献したジャズサックス奏者、チャーリー・パーカー(愛称:バード)へのオマージュである。 1985年、バスキアは『ニューヨーク・タイムズ』誌にこう語っている。「17歳の頃から自分はスターになれるかもしれないと思っていた。自分のヒーロー、チャーリー・パーカーやジミ・ヘンドリックスのことを考えていた......これらの人々がどのようにして有名になったのか、ロマンを感じていたんだ」。 バスキアはビバップ(モダン・ジャズ)が大好きで、それが彼の芸術の原動力になったと、ロンドンのバービカン・センターで開催された「バスキア:Boom for Real」の共同キュレーターであるエレノア・ネア氏は語っている。
作品解説 · 09日 12月 2021
【作品解説】ジャン=ミシェル・バスキア「戦士」
《戦士》は、1982年にジャン=ミシェル・バスキアによって制作された絵画。2021年3月、香港のクリスティーズで4,180万ドルで落札され、アジアのオークションで落札された西洋美術品の中で最も高額な作品となった。
アーティスト一覧 · 09日 12月 2021
【美術解説】ジャン=ミシェル・バスキア「アメリカで最も重要な新表現主義の画家」
ジャン・ミシェル・バスキア(1960年12月22日-1988年8月12日)は20世紀における最も重要なアメリカのアーティストの1人。 1970年代後半にニューヨーク、マンハッタンのロウアー・イースト・サイドのヒップ・ホップ、ポスト・パンク、ストリートアートなどがごちゃ混ぜになったサブカルチャー・シーンで謎めいた詩の落描きをするグラフィティデュオ「SAMO」の1人として悪評を成した。 1980年代までにバスキアは、グラフィティ・アート、プリミティヴィズム、そしてジュリアン・シュナーベル、デイビット・サル、フランチェスコ・クレモント、エンツォ・クッキらとともに新表現主義の作家として、ギャラリーや美術館などで展示を行うようになる。1992年にはホイットニー美術館で回顧展も催された。
作品解説 · 08日 12月 2021
【作品解説】ジャン=ミシェル・バスキア「黒人の歴史」
《無題(黒人の歴史)》は、1983年にジャン=ミシェル・バスキアが制作した絵画。《ナイル》と呼ばれることもある。蝶番付きの木製ボードに貼り付けられた3枚のキャンバスで構成されている。 本作品でバスキアは、古代エジプトとアメリカ南部の文化を題材として、西洋社会の認識と奴隷制に対する忘却を批判している。 アンドレア・フローネによると、この絵は「エジプト人をアフリカ人として再認識し、西洋文明の発祥地としての古代エジプトの概念を覆すもの」だという。
作品解説 · 08日 12月 2021
【作品解説】バスキア&ウォーホル「ゼニス」
《ゼニス》は、1985年にジャン=ミシェル・バスキアとアンディ・ウォーホルによって共同制作された絵画。2014年5月にフィリップス・オークションで1,140万ドルで落札され、ウォーホルとバスキアのコラボレーション作品では最高額を記録した。
作品解説 · 08日 12月 2021
【作品解説】ジャン=ミシェル・バスキア「キャデラック・ムーン」
《キャデラック・ムーン》は、1981年にジャン=ミシェル・バスキアが制作した絵画。歌手のデビー・ハリスが200ドルで購入した作品で、バスキアの最初のファイン・アート作品として認知されている。
作品解説 · 08日 12月 2021
【作品解説】ジャン=ミシェル・バスキア「専門家のパネル」
《専門家のパネル》は、1982年にジャン=ミシェル・バスキアが制作した絵画。 作品の一部(左上の二人の拳闘)は、バスキアの恋人であるスザンヌ・マルークやマドンナ間のキャットファイトを描写したもので、バスキアの個人的な生活の特定のイベントを題材にしている。 この作品は、グラフィティ・アートだけでなく、ポップカルチャーへの言及や古典絵画におけるシンボルに関するバスキアの優れた知識が含まれている。 1982年11月にニューヨークのファン・ギャラリーで開催されたバスキアの個展のために制作され展示された。現在はモントリオール美術館の主要コレクションとなっている。

さらに表示する