· 

【作品解説】レオナルド・ダ・ヴィンチの作品を一覧!モナリザ、最後の晩餐など作品完全解剖

レオナルド・ダ・ヴィンチの作品一覧

ルネサンス期の巨匠であるレオナルド・ダ・ヴィンチの主要な作品を解説します。彼の作品は、美術、建築、発明、芸術など、さまざまな分野に及ぶ多彩な才能を持つ彼の天才的な才能を物語ります。本記事では、「モナ・リザ」「最後の晩餐」「身体の描き方」など、レオナルド・ダ・ヴィンチが生前に残した作品について解説します。また、彼の作品が持つ意味や影響なども踏まえて、レオナルド・ダ・ヴィンチの作品を深く理解していきましょう。レオナルドの概要や略歴を知りたい方はこちらへ。


《モナ・リザ》
《モナ・リザ》

《モナ・リザ》、または別名《ラ・ジャコンダ》はレオナルド・ダ・ヴィンチによって制作された上半身が描かれた半身肖像画。盛期イタリア・ルネサンスの傑作の1つと評価されている。「世界で最も有名で、多くの人に鑑賞され、書かれ、歌にされ、パロディ化された」芸術作品と言われている。(続きを読む


《アイルワースのモナ・リザ》
《アイルワースのモナ・リザ》

《アイルワースのモナ・リザ》はルーブル美術館が所蔵しているレオナルド・ダ・ヴィンチの作品《モナ・リザ》とよく似た油彩作品。《初期モナ・リザ》とも呼ばれている。作者は不明。ストレートの黒髪と魅力的な微笑みは《モナ・リザ》と不思議なほどよく似ている。(続きを読む



《最後の晩餐》
《最後の晩餐》

《最後の晩餐》は、15世紀後半にイタリアの画家レオナルド・ダ・ヴィンチによって制作された壁画作品。ミラノのサンタ・マリア・デレ・グラツィエ修道院の食堂の壁に描かれており、西洋世界で最も有名な絵画の1つと認識されている。(続きを読む



《サルバトール・ムンディ》
《サルバトール・ムンディ》

《サルバトール・ムンディ(救世主)》は1490年から1519年ごろにレオナルド・ダ・ヴィンチによって制作された油彩作品。世界の救世主としてのイエス・キリストの肖像が描かれたもので「男性版モナリザ」と呼ばれることがある。ほかに「ラスト・ダ・ヴィンチ」と呼ばれることもある。(続きを読む


《イエス・キリストのチョーク画》
《イエス・キリストのチョーク画》

彼女はこの作品が「サルバトール・ムンディの真の姿」であるとし、また一方で、2017年にクリスティーズで4億5530万ドルで落札された《サルバトール・ムンディ》は、このドローイングのイエスの絵と大きく異なるため、ダ・ヴィンチ作の可能性は低いと考えていると話した。

続きを読む



《洗礼者ヨハネ》
《洗礼者ヨハネ》

《洗礼者ヨハネ》は1513年から1516年ころにかけてレオナルド・ダ・ヴィンチによって制作された油彩作品。完成作品の中では彼の最後の作品で、実質的な遺作とみなされている。また、レオナルドのスフマート技法が最高潮に達した頃の作品である。サイズは69 cm × 57 cm。パリのルーブル美術館が所蔵している。(続きを読む



《受胎告知》
《受胎告知》

《受胎告知》は1472年から1475年ころにレオナルド・ダ・ヴィンチが制作した油彩作品。レオナルドの実質的なデビュー作品として知られている。また、彼の油彩作品の中では最大のサイズのひとつである。(続きを読む



《キリストの洗礼》
《キリストの洗礼》

《キリストの洗礼》はレオナルド・ダ・ヴィンチによる油彩作品。ウフィツィ美術館が所蔵している。イタリアのルネッサンス期に画家アンドレア・デル・ヴェロッキオのアトリエで1472年から1475年頃に制作した絵画で、一般的にはヴェロッキオとの共同作品とみなされている。(続きを読む



《カーネションの聖母》
《カーネションの聖母》

《カーネションの聖母》は1478年から1480年ころにかけてレオナルド・ダ・ヴィンチによって制作された油彩作品。《受胎告知》のすぐ後、ほぼ同時期に描かれた作品で、そのためか、2枚の絵のマリアはよく似ている。人物の表情や不安定な構図には、まだ稚拙が残る。(続きを読む



《ジネーヴラ・デ・ベンチの肖像》
《ジネーヴラ・デ・ベンチの肖像》

《ジネーヴラ・デ・ベンチの肖像》は、1474年から1478年ころにレオナルド・ダ・ヴィンチによって制作された油彩作品。リヒテンシュタイン公爵から当時の美術品最高価格となる500万ドルで購入。南北アメリカにおける公共の場で鑑賞可能な唯一のレオナルドの油彩作品である。(続きを読む



《ブロアの聖母》
《ブロアの聖母》

《ブロアの聖母》は、1478年にレオナルド・ダ・ヴィンチによって制作された作品。アンドレア・デル・ヴェロッキオのもとで徒弟修業を積んでいたレオナルドが、画家として独り立ちして最初に描いた作品の可能性がある。(続きを読む



《東方三博士の礼拝》
《東方三博士の礼拝》

《東方三博士の礼拝》は1481年にレオナルド・ダ・ヴィンチによって制作された油彩作品。フィレンツェのスコペートにあるサン・ドナト・ア・スコペト修道院のアウグスティニア修道士から依頼を受けたものだが、翌年にミラノに旅立つことになったため未完成の状態で終わった。(続きを読む



《荒野の聖ヒエロニムス》
《荒野の聖ヒエロニムス》

《東方三博士の礼拝》は1481年にレオナルド・ダ・ヴィンチによって制作された油彩作品。フィレンツェのスコペートにあるサン・ドナト・ア・スコペト修道院のアウグスティニア修道士から依頼を受けたものだが、翌年にミラノに旅立つことになったため未完成の状態で終わった。(続きを読む



《リッタの聖母》
《リッタの聖母》

《リッタの聖母》は1490年にレオナルド・ダ・ヴィンチによって制作されたテンペラ画。《カーネーションの聖母》のように、2つのアーチ型の開口部がある暗い屋内に人物が描かれており、部屋の向こうには上空からの山の風景が描かれている。(続きを読む



《岩窟の聖母》
《岩窟の聖母》

《岩窟の聖母》はレオナルド・ダ・ヴィンチによって制作された作品。同じタイトルの作品が2点存在しているが、一部の重要な点を除いて構図は同じである。(続きを読む



《白貂を抱く貴婦人》
《白貂を抱く貴婦人》

《白貂を抱く貴婦人》は1489年から1490年ころにレオナルド・ダ・ヴィンチによって制作された油彩作品。描かれている人物は、当時レオナルドが奉仕していたミラノ公ルドヴィーコ・スフォルツァの愛妾チェチリア・ガッレラーニで、ルドヴィーコの要請で描かれた。(続きを読む



《ウィトルウィウス的人体図》
《ウィトルウィウス的人体図》

『ウィトルウィウス的人体図』は、レオナルド・ダ・ヴィンチが1490年頃に描いたドローイング。このドローイングは理想的な人体のプロポーションを表現しており、「プロポーションの法則」あるいは「人体の調和」と呼ばれることがある。(続きを読む



《ミラノ貴婦人の肖像》
《ミラノ貴婦人の肖像》

《ミラノの貴婦人の肖像》は1490年から1496年ころにレオナルド・ダ・ヴィンチによって制作された油彩作品。62 cm × 44 cm。パリ、ルーブル美術館が所蔵している。《見知らぬ女性の肖像》という絵画名でも知られている。(続きを読む



《聖アンナと聖母子》
《聖アンナと聖母子》

《聖アンナと聖母子》は1502年から16年にかけてレオナルド・ダ・ヴィンチによって制作された油彩作品。10年以上かけて制作されたもので、丁寧なスフマート技法が使われている。聖アンナの右足やマリアの顔は未完成になっている。(続きを読む



《女性の頭部》
《女性の頭部》

《女性の頭部》は1508年にレオナルド・ダ・ヴィンチによって制作された油彩作品。《ほつれ髪の女性》と呼ばれることもある。木製パネルに高度なルネサンス様式で描かれた未完成の作品である。(続きを読む



《アンギアーリの戦い》
《アンギアーリの戦い》

レオナルド・ダ・ヴィンチの代表作である《アンギアーリの戦い》は、1505年にフィレンツェのヴェッキオ宮殿の壁に描かれた壁画である。主題は1440年のアンギアーリの戦いを描いたもので、レオナルドの新しい技法を用いて失敗したため、完成させることができず、14年で消えてしまったとされている。(続きを読む



《赤いチョークの肖像画》
《赤いチョークの肖像画》

ルネサンス時代を代表する名画である《赤チョークによる男の肖像》は、レオナルド・ダヴィンチが描いたと推定されている60歳頃の自画像として、世界中で知られています。本記事では、作者の確定的な証明がないにもかかわらず、歴史家や学者たちによる議論を紹介し、それをもとに本作品を解説します。(続きを読む



《美しい姫君》
《美しい姫君》

"美しき姫君 "は、1490年代のミラノ流行期に描かれたとされる若い女性の肖像画である。この絵はスイスの秘密の金庫に保管されており、多くの学者がこの肖像画はレオナルド・ダ・ヴィンチ自身によって描かれたのではないかと推測している。(続きを読む