· 

【作品解説】フィンセント・ヴァン・ゴッホ作品一覧

フィンセント・ファン・ゴッホの作品一覧

代表作


《ひまわり》
《ひまわり》

1987年3月30日、ロンドンで行なわれたオークションにて、ゴッホの《ひまわり》(F457)を安田火災海上(現・損害保険ジャパン日本興亜)が58億円で落札。その後、東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で展示されることになる。(続きを読む


《星月夜》
《星月夜》

《星月夜》は、1889年6月にフィンセント・ファン・ゴッホによって制作された後期印象派の油彩作品。73.7cm×92.1cm。ニューヨーク近代美術館が所蔵している。月と星でいっぱいの夜空と画面の4分3を覆っている大きな渦巻きが表現主義風に描かれている。ゴッホの最も優れた作品の1つとして評価されており、また世界で最もよく知られている西洋美術絵画の1つである。(続きを読む


《じゃがいもを食べる人々》
《じゃがいもを食べる人々》

ゴッホは貧しい農民の厳しい現実を描写しなければないと考えており、意図的に卑俗で醜いモデルを選んだが、完成した作品は自然であり汚れのない美しい作品であると思っていた。(続きを読む


《ペールタンギーの肖像》
《ペールタンギーの肖像》

《ペール・タンギーの肖像》は、1887年にフィンセント・ファン・ゴッホが描いた油彩画。「タンギー爺さんの肖像」と呼ばれることもある。 ゴッホはタンギーを3点描いているが、そのうちの1点である。これらの作品はパリに移った後のゴッホの画風の進歩をよく示しており、ゴッホが自分自身に求めていた静寂さが伝わってくる。(続きを読む


《医師ガシェの肖像》
《医師ガシェの肖像》

《医師ガシェの肖像》は1890年にフィンセント・ファン・ゴッホによって制作された油彩作品。ゴッホ死ぬ前の数ヶ月間、世話をしていたポール・ガシェ医師を描いたものである。(続きを読む


《カラスのいる麦畑》
《カラスのいる麦畑》

《カラスのいる麦畑》は、1890年にフィンセント・ファン・ゴッホによって制作された油彩作品。一般的にはゴッホの死の最後の一週間のうちに描かれたゴッホの最後の作品と見なされている。(続きを読む


シリーズ作


静物画(オランダ編)
静物画(オランダ編)

静物画は、ゴッホのオランダ初期作品において描かれた多くのドローイング、スケッチ、絵画の主題である。 オランダで制作された静物画の多くは、ゴッホがヌエネンに住んでいた1884年から1885年にかけてのものである。(続きを読む


農民画
農民画

『農民画』は、フィンセント・ファン・ゴッホが1881年から1885年にかけて制作した一連の作品群。ゴッホは、農民をはじめとする労働者階級の人々に特別な愛着と共感を抱いていた。特に、ジャン=フランソワ・ミレーなどの農民風俗画を好んでいた。(続きを読む


初期作品
初期作品

ゴッホが絵を書き始めたのは遅い。初期作品は、フィンセント・ファン・ゴッホが27歳と28歳のとき、本格的な芸術探求を始めた1881年と1882年に描いた絵画と素描の作品群から構成されている。(続きを読む


小麦畑
小麦畑

《小麦畑》はフィンセント・ファン・ゴッホが、宗教的な学習や説教、自然とのつながり、肉体労働者への感謝、他者に安らぎを与える手段を提供したいという欲求から生まれた数十点の絵画シリーズ。(続きを読む


その他の作品


《悲しみ》
《悲しみ》

《悲しみ》は、ゴッホが画家になる決心をして2年後に描かれた作品で、ゴッホのドローイング作品において最もよく知られているマスターピース。描かれている女性は、ゴッホの当時の愛人で娼婦だったクラシーナ・マリア・ホールニク(続きを読む


《アイリス》
《アイリス》

《アイリス》は、1889年にフィンセント・ファン・ゴッホによって制作された油彩作品。フランスのサン・ミレ修道院のサン・ポール・ドゥ・モウソーレ病院に入院しているときに描いた作品の1つ。(続きを読む


《開かれた聖書の静物画》
《開かれた聖書の静物画》

《描かれている重厚な聖書》は、ファン・ゴッホの父親が所有していたものである。ゴッホの父親はプロテスタントの牧師だった。ゴッホは本作品を父の死の直後に描いている。(続きを読む


《火の付いたタバコをくわえた骸骨》
《火の付いたタバコをくわえた骸骨》

《火の付いたタバコをくわえた骸骨》は1885年から1886年にあたりにフィンセント・ファン・ゴッホによって制作された油彩作品。骸骨とタバコに焦点を当てた小作品で、おそらく1885年から1886年にかけての冬に制作されている。(続きを読む


《高級売春婦》
《高級売春婦》

《高級売春婦》は、1887年にフィンセント・ファン・ゴッホが制作した油彩作品。ゴッホはアントワープに住んでいた1885年に日本の浮世絵に多大な影響を受ける。(続きを読む


《黄色い家》
《黄色い家》

《黄色い家》は1888年にフィンセント・ファン・ゴッホによって制作された油彩作品。《通り》と呼ばれることもある。このタイトルは1888年5月1日にゴッホが借りたフランスのアルルにあるラマルティーヌ広場2丁目の角にあった4フロアの家屋のことを指している。(続きを読む


《アルルの女》
《アルルの女》

ゴッホがアルルに滞在していたときに寝泊まりし、また黄色い家の家具を調達していたカフェ「カフェ・ド・ラ・ガール」のオーナーのジョゼフ・ミシェルジヌーの妻マリー・ジヌーを描いた作品である。(続きを読む


《アルルの寝室》
《アルルの寝室》

《アルルの寝室》は、1888年にフィンセント・ファン・ゴッホによって制作された油彩作品。ゴッホ自身が付けたタイトルは「寝室」である。 「黄色い家」として知られる、フランス、ブーシュ・デュ・ローヌ県アルルのラマルティーヌ広場2番地のゴッホの寝室を描いたものである。(続きを読む


《ファン・ゴッホの椅子》
《ファン・ゴッホの椅子》

《ファン・ゴッホの椅子》は、1888年にフィンセント・ファン・ゴッホによって制作された油彩作品。ロンドンの国立美術館が所蔵している。 タイル張りの床の上に、素朴な木製の椅子と、藁で編まれたシンプルな座面が描かれている。(続きを読む


《夜のカフェ》
《夜のカフェ》

《夜のカフェ》は1888年9月にフィンセント・ファン・ゴッホによって制作された油彩作品。アルルのラマルティーヌ広場30番地にあったゴッホが寝泊まりをしていたカフェ「カフェ・デ・ラ・ガール」の店内を描いた作品である。(続きを読む


《赤い葡萄畑》
《赤い葡萄畑》

《赤い葡萄畑》は1888年にフィンセント・ファン・ゴッホによって制作された油彩作品。ゴッホが生前中に売れたたった1枚の記念的作品として知られている。(続きを読む


《夜のカフェテラス》
《夜のカフェテラス》

《夜のカフェテラス》は、1888年にフィンセント・ファン・ゴッホによって制作された油彩作品。この作品を描いた翌年1898年にゴッホは耳切断事件を起こして入院することになるが、これは事件前に滞在していたフランスのアルル時代に制作されている。(続きを読む


《ローヌ川の星月夜》
《ローヌ川の星月夜》

《ローヌ川の星月夜》は、1888年にフィンセント・ファン・ゴッホによって制作された油彩作品。ゴッホがアルル滞在時に、夜のローヌ川の堤防の一角の風景を描いたものである。(続きを読む



《糸杉と星の見える道》
《糸杉と星の見える道》

《糸杉と星の見える道》は、1890年にフィンセント・ファン・ゴッホによって制作された油彩作品。ゴッホが糸杉を主題に置いた主要作品の1つとしても知られており、フランスのサン・レミ・ド・プロヴァンスで制作した最後の絵画作品である。(続きを読む


《悲しむ老人(永遠の門)》
《悲しむ老人(永遠の門)》

《悲しむ老人(永遠の門)》は、フィンセント・ファン・ゴッホが初期のリトグラフ作品をもとに、1890年にサンレミ・ド・プロヴァンスで制作した油彩画。 この絵は、自殺とされる死の2カ月ほど前に体調を崩し、療養していた5月上旬に完成した。1970年のカタログレゾネでは、「使い古されたもの:永遠の門」というタイトルがつけられている。(続きを読む


《オーヴェルの教会》
《オーヴェルの教会》

《オーヴェルの教会》は、1890年にフィンセント・ファン・ゴッホによって制作された油彩画。実物の教会は、パリの北西27kmに位置するフランス、オーヴェル・シュル・オワーズ市のエグリーズ広場にある。本作品は、パリのオルセー美術館が所蔵している。(続きを読む