カテゴリ:オランダ



作品解説 · 25日 5月 2020
《真珠の耳飾りの少女》は、オランダ絵画の黄金時代の画家ヨハネス・フェルメールが1665年頃に描いた油彩画。 数世紀にわたって様々なタイトルが付けられてきたが、20世紀末には描かれている少女が身につけていた大きな真珠の耳飾りにちなんで、現在のタイトルで知られるようになった。 1902年からハーグのマウリッツハイス美術館に所蔵されており、さまざまな文学的で論議の対象とされてきた。2006年には、オランダで最も美しい絵画に選ばれた。

ストリート・アート · 25日 1月 2019
フロレンティン・ホフマン(1977年4月16日生まれ)はオランダのアーティスト。代表作『ラバーダック』のような遊びごころ的なストリート・インスタレーション作家として知られている。 ホフマンは1977年4月16日、オランダのデルフゼイルで生まれた。ホフマンはエメンで初等・中等教育を受けたあと、カンペンのズヴォレ芸術デザイン大学に入学し、卒業。 その後、ベルリンのベルリン=ヴァイセンゼー美術大学に入学し、美術の修士号を取得。現在はロッテルダム在住し、4人の子どもたちと暮らしている。

イラストレーター · 11日 11月 2017
マウリッツ・コーネリス・エッシャー(1898年6月17日-1972年3月27日)は、オランダのグラフィック・アーティスト。通称はM.C.エッシャー。ウッドカット、メゾチント、リトグラフなどの形式で、計算し尽くした幾何学的な絵を描くことで知られる。 エッシャー作品は、特に幾何学的オブジェに焦点が置かれたものとなっており、不可能図形、無限空間、鏡映、シンメトリー、透視図、星型多面体、截断図、双曲幾何学線、平面充填形などの数学的手法をもちいて絵画空間が構成される。 エッシャー自身はそれほど数学的能力はなかったとされているが、ジョージ・ポリア、ロジャー・ペンローズ、ハロルド・コクセターといった当時の数学者や結晶学者のフリードリヒ・ハーグらから影響を受け、彼独自のテセレーションの研究をしていたと考えられている。