· 

【芸術運動】エコール・ド・パリ「パリの外国人画家たち」

エコール・ド・パリ / École de Paris

パリの外国人画家たち


概要


パリに滞在している外国人芸術家


「エコール・ド・パリ」は、第一次世界大戦以前にパリで活動していた3つの芸術グループ(中世の装飾写本グループ、フランス人グループ、非フランス人グループ)を指す言葉であるが、特に当時パリに滞在していた非フランス人芸術家たちの総称として使われるケースが多い。1900年から1940年まで、パリには世界中から芸術家が集まっていたためである。なお、英語では「スクール・オブ・パリ」と呼ばれる。

 

エコール・ド・パリは、芸術運動を指す言葉ではなく、芸術機関でもない。日本語に訳せば“パリ派”であるが、“派”というほどのまとまりも、明確な主義主張があるわけでもなく、「宣言」を出してもいない。 

 

彼らの活動の中心は初期はモンマルトルだったが、1910年頃からモンパルナスに移動した。どちらも貧しい芸術家たちが居住していた地区で、モンマルトルにあった安アパート「洗濯船」がよく知られている。

 

洗濯船はパブロ・ピカソが恋人のフェルナンド・オリビエと共にここに住んで。ほかにアメデオ・モディリアーニ、ギヨーム・アポリネール、ジャン・コクトー、アンリ・マティスらも出入りし、活発な芸術活動の拠点となった。

エコール・ド・パリの画家


代表的な作家は、パブロ・ピカソ(スペイン人)、マルク・シャガール(ロシア人)、アメディオ・モディリアーニ(イタリア人)、ピート・モンドリアン(オランダ人)である。マルク・シャガール(ポーランド系ユダヤ人)、モイズ・キスリング(ポーランド系ユダヤ人)

 

フランス人ではピエール・ボナーレアンリ・マティスジャン・メッツァンジェアルベール・グレーズで、ピカソとマティスがエコール・ド・パリの二大リーダー的な存在だった。

 

さらに、日本人の藤田嗣治、フランス人であるがモーリス・ユトリロ、マリー・ローランサンなどを加えることもある。

マルク・シャガール「私の村」
マルク・シャガール「私の村」
マリー・ローランサン「扇子を持つ女性」(1912年)
マリー・ローランサン「扇子を持つ女性」(1912年)

ボロアパート「洗濯船」で共同生活


エコール・ド・パリの画家たちは「洗濯船」というボロアパートで共同生活していた。洗濯船は、パリ18区のモンマルトル地区にあったアパートのニックネームである。

 

正しい住所はラビナン通り13番地。20世紀初頭の美術史においてたびたび現れる有名なアパートで、パリへ上京してきたさまざまな外国人文化人が洗濯船を住居にしたり、また会合の場所として利用した。

 

ここには、作家、演劇関係者、画家、画商などが集まった。ここに住んでいた有名な画家はパブロ・ピカソ、ジョルジュ・ブラック、アメデオ・モディリアーニ、ギヨーム・アポリネールなどが挙げられる。1970年5月にアパートの大半が火事で全焼したが、1978年に完全に再建された。

 

「洗濯船」という名前は詩人のマックス・ジャコブが名付けた。建物が暗くて汚く、住居というよりもほとんど瓦礫のようなかんじで、嵐の日になると、アパートは揺れ動き、軋み、その外観はセーヌ川沿いで船を掃除している人々を想起させたことから「洗濯船」と呼んだ。建物の構造から19世紀に製造工場の施設として使われていたと思われる。

 

洗濯船に住んでいた芸術家で初めて有名になったのは1890年頃に住んでいたマキシム・モーフラである。その後1900年から1904年の間にキース・ヴァン・ドンゲンやパブロ・ピカソが入居して、芸術家たちの注目を集め、多くの貧しい芸術家が入居するようになった。

 

1904年以後は、洗濯船は非公式のクラブのような場所になり、アンリ・マティス、ジョルジュ・ブラック、アンドレ・ドラン、マリー・ローランサンなど多くの芸術家が立ち寄るようになった。作家ではギヨーム・アポリネール、アルフレド・ジャリ、ジャン・コクトー、画商ではカーンワイラーなどが訪れた。

貧乏芸術家たちが集まった「洗濯船」
貧乏芸術家たちが集まった「洗濯船」

“呪われた画家”としての表現


彼らの多くはモンパルナスのドーム、ロトンド、クポールといったカフェを根城とし、パリにおけるマイノリティとしてのある種の仲間意識、連帯感はあったが、画家としてはそれぞれ独立独歩で、主題も様式もそれぞれであった

エコール・ド・パリ様式なるものも存在しないが、故郷をもたぬ流浪の民、偏見と迫害の十字架を背負った民族としての悲しみ、不安、鬱積した思いを一種の共通項として挙げることはできる

 

彼らが“呪われた画家”と呼ばれる由縁であるが、虚ろな目をしたモディリアニの人物、激しい地殻変動を思わせるスーチンの不安に揺れ動く風景などはその一例である。

アメディオ・モディリアーニ《子供とジプシー女》(1912年)
アメディオ・モディリアーニ《子供とジプシー女》(1912年)

藤田嗣治とモンパルナスのキキ


1913年にパリに到着していた藤田嗣治は、エキゾティックな風貌と社交的な性格、そして乳白色の独特の半油性の下地に細い墨線で描く手法により、モンパルナスの喧噪に欠かせない存在となった。

 

白人女性の肌の美しさを際立たせる下地と、平面的で浮世絵を連想させる人物表現は、日本美術の伝統とパリのモダニズムを融合させた独自のスタイルとして高い評価を集め、市場の人気も急速に高まっていく。

 

またモンパルナスのキキを有名にしたのが、藤田嗣治だった。藤田が描いたキキの裸婦《寝室の裸婦キキ》(1922年)が、サロン・ドートンヌで大評判となり、その日のうちに8千フランで売れた。

 

それ以来、藤田とプランのふたりはモンパルナスの有名人となった。またキキは、ポーランド人の画家、モイズ・キスリングをはじめとするエコール・ド・パリの画家たちのモデルとなった。

ナチスの弾圧


しかし1930年代のナチスの台頭とともにマルク・シャガールモイズ・キスリングといったユダヤ人の彼ら多くは、安閑としてはいられず、その多くは亡命を余儀なくされた。

 

画家ではないが、ピカソやエコール・ド・パリの面々とも親しかった詩人マックス・ジャコブが、ユダヤ人なるがゆえに強制収容所送りとなり、そこで悲惨な最期を迎えたことは、これらユダヤ人の画家たちが直面した過酷な運命を暗示しているといえよう。


■参考文献

・すぐわかる20世紀び美術 フォーヴィスムからコンセプチュアル・アートまで

School of Paris - Wikipedia


あわせて読みたい