カテゴリ:印象派



【アートモデル】カミーユ・ドンシュー「モネの最初の妻で印象派の代表的モデル」
アーティスト一覧 · 13日 2月 2022
カミーユ=レオニー・ドンシュー(1847年1月15日 - 1879年9月5日)は、フランスの画家クロード・モネの最初の妻。クロードとの間に2人の息子をもうけている。 彼女はモネをはじめ、ピエール=オーギュスト・ルノワール、エドゥアール・マネらによって多くの絵画でモデルを務め、描かれている。

【作品解説】クロード・モネ「ラ・ジャポネーズ」
作品解説 · 11日 1月 2022
「ラ、ジャポネース(日本の女性)」は、1876年にクロード・モネによって制作された油彩作品。231cm×142cm。ボストン美術館所蔵。クロード・モネの日本趣味とモネ自身の西洋美術のアイデンティティが融合された作品。 初めて展示されたのは、1876年に開催された第2回印象派展。そのときにこの2メートルを超える巨大な絵画は大きな注目を集め、賛美と嘲りがほぼ同じ割合で誘発させた。保守派の批評家からは「人間味のない表情の大きな人形」「デミモンドイン(高級売春婦の嘲りの意味)」「二人の中国人」「赤色の機械」などの批判を浴びた。特に偏見を持っていない一般的な鑑賞者からモネの大体な色使い、自信に満ちた筆使い、そしてモネの日本画への遊び心を賞賛した。

【美術解説】クロード・モネ「自然の色彩と光を描く印象主義の創設者」
アーティスト一覧 · 01日 9月 2018
オスカー・クロード・モネ(1840年11月14日-1926年12月5日)はフランスの画家。印象派の創設者。 「自然(特に戸外制作での自然風景)に対して自分が認識した感覚を表現する」という基本的な印象派哲学を一貫して実行した実践者。 「印象派」という言葉は、パリ・サロンから独立して1874年に開催された第一回独立展で展示されたモネの作品《日の出、印象》に由来している。 フランスの田舎の記録化しようとするモネの野望のなかで、光の変化と季節の移り変わりを捕えるために、何度も同じシーンを描く方法に行き着く。 1883年からモネはジヴェルニーに移り、そこで家や土地を購入し、モネの作品でよく主題になる睡蓮を中心とした広大な風景画制作を始めた。 1899年にモネは睡蓮を描き始めた。最初は中心に日本の橋を置いた垂直的視点だったが、その後死ぬまでの20年間は、巨大サイズの絵画シリーズとなった。

【作品解説】クロード・モネ「睡蓮」
作品解説 · 15日 8月 2018
《睡蓮》はクロード・モネによって制作された約250枚の油彩絵画なるシリーズ作品。フランス、ジヴェルニーにあるクロード・モネの自宅の庭(現在のモネ財団)を描いたものである。モネの晩年までの30年の間に制作されたもので、モネ後期作品の代表でもある。特に白内障で苦しんでいるときに多数制作された。

12日 8月 2018
ポール・デュラン=リュエル(1831年10月-1922年2月5日)はフランスの画商。おもに、印象派やバルビゾン派の画家たちと連携していた。 彼は近代画商の先駆者の1人して評価されており、俸給制で画家たちの生活を支援したり、画家の個展を開催した。

06日 8月 2018
カミーユ・ピサロ(1830年7月10日-1903年11月13日)は、デンマーク植民地時代のセント・トーマス島で生まれたデンマーク系フランス人画家。印象派および新印象派の画家。 1874年から1886年の間に8度開催された印象派展すべてに参加した唯一の画家。ピサロの美術史における重要性とは、前期印象派と後期印象派の両方に貢献したことである。 ピサロは、ギュスターヴ・クールベやジャン=バティスト・カミーユ・コローなど、偉大な先駆者から学ぶ。その後、印象派展に参加しつつ、54歳で新印象派のスタイルを採用し、ジョルジュ・スーラとポール・シニャックらとともに印象派の発展に貢献する。 ピサロは、ジョルジュ・スーラ、ポール・セザンヌ、ヴィンセント・ファン・ゴッホ、ポール・ゴーギャンら4大後期印象派の父親的立場としても活動。ポール・スザンヌは「彼は私の父のような存在だ。相談できる男で、良君主のようだった」と話している。また、ピサロはポール・ゴーギャンの絵の師匠でもあった。

06日 8月 2018
アルフレッド・シスレー(1839年10月30日-1899年1月29日)はイギリスの画家。印象派。生涯の大半をフランス過ごしたが、国籍はイギリスである。 彼は首尾一貫して、戸外制作で、おもに風景画を描く印象派として知られている。 1857年から60年のロンドン滞在中に絵画に関心を持ち、パリのシャルル・グレールの画塾でモネ、ルノワール、バジールらと出会い、後に印象派展に参加した。

06日 8月 2018
印象派または印象主義は、19世紀後半にフランスで発生した絵画を中心とした芸術運動で、当時のパリで活動していた若手画家たちのグループを起源としている。 印象派は、1870年代から1880年代にかけて、フランスの保守的な公式美術展覧会「サロン・ド・パリ」から、独立した展覧会を開催した。 印象派という名前は、クロード・モネの作品《印象・日の出》に由来している。この絵がパリの風刺新聞「ル・シャリヴァリ」で批評家ルイ・ルロワから批判されたのをきっかけに、「印象派」という新語、または印象派グループが生まれた。

05日 8月 2018
ジョルジュ・ピエール・スーラ(1859年12月2日-1891年3月29日)はフランスの画家。後期印象派の代表的な画家で、また新印象派運動の創設者。分割主義や点描主義という革新的な絵画方法を使ったことで評価されている。 彼の合理的で数学的なものへの激しい情熱は、それまでの印象派のような瞬間的情景を再現するものではなく、構図、色彩、光などの緻密な計算によって絵画を作り上げることになった。 また新印象派を立ち上げこれまでの近代美術の方向性を変え、19世紀絵画のイコンの1人となった。代表作は点描法を用いて描いた「グランド・ジャット島の日曜日の午後」で新印象派、ポスト印象派の時代のフランス絵画を代表する作品となった。

03日 8月 2018
ピエール=オーギュスト・ルノワール(1841年2月25日-1919年12月3日)はフランス画家。印象派の発展においてリーダーシップ的な役割を果たしたことで知られる。 美の賛美、特に女性の美を追求した作品で知られており、「ルノワールはルーベンスからヴァトーへの直接的系統に属する最後の伝統絵画の代表者」と評価されている。 初期には新古典主義のアングルや、ロマン主義ドラクロワなどの影響を受け、その後、モネらの印象派のグループに加わる。晩年は女性の美を追求し肖像画で独自の境地を拓いた。日本など、フランス国外でも人気の高い画家である。 映画俳優のピエール・ルノワールや映画監督ジャン・ルノワール、陶芸作家のクロード・ルノワールの父でもある。さらに映画監督クラウド・ルノワールの祖父でもある。

さらに表示する