· 

【作品解説】ヨハネス・フェルメール「真珠の耳飾りの少女」

真珠の耳飾りの少女 / Girl with a Pearl Earring

オランダで最も美しいフェルメールの絵画


ヨハネス・フェルネール《真珠の耳飾りの少女》1665年
ヨハネス・フェルネール《真珠の耳飾りの少女》1665年

概要


作者 ヨハネス・フェルメール
制作年 1665年
サイズ 44.5 cm × 39 cm
メディウム キャンバスに油彩
所蔵者 マウリッツハイス美術館

《真珠の耳飾りの少女》は、オランダ絵画の黄金時代の画家ヨハネス・フェルメールが1665年頃に描いたと推定されている油彩画。作品はキャンバスに油彩で、高さ44.5cm、幅39cm。「IVMeer」のサインがあるが正確な年代は不明。

 

この絵は17世紀にオランダで描かれたトロニー画で(オランダの黄金時代の絵画やフランドル地方のバロック絵画によく見られる作品)、肖像画ではなく「顔」を描いたものである。

 

数世紀にわたって様々なタイトルが付けられてきたが、20世紀末には描かれている少女が身につけていた大きな真珠の耳飾りにちなんで、現在のタイトルで知られるようになった。

 

1902年からハーグのマウリッツハイス美術館に所蔵されており、さまざまな文学的な論議の対象とされてきた。2006年には、オランダで最も美しい絵画に選ばれた。

重要ポイント

  • オランダで最も美しい絵画として知られている
  • 肖像画ではなく「顔(頭)」を描いたトロニー画
  • さまざまな国でさまざまなタイトルが付けられてきた

基本的な情報


この絵は17世紀にオランダで描かれたトロニーで(オランダの黄金時代の絵画やフランドル地方のバロック絵画によく見られる作品)、肖像画ではなく「顔」を描いたものである。エキゾチックなドレス、東洋のターバン、そしてありえないほど大きな真珠のイヤリングを身に着けたヨーロッパの少女を描いている。

 

2014年には、オランダの天体物理学者ヴィンセント・アイクがイヤリングの素材に疑問をていしている。鏡面反射、洋ナシの形、イヤリングの大きさを根拠に、真珠というよりも磨かれたズズのように見えると主張した。

 

1994年の最新の修復で、微妙な配色と、見る者を見つめる少女の親密なまなざしが大幅に改善されている。なお修復の過程で、現在ではやや濁っている暗い背景が、元々は深いエナメルのような緑色であったことが判明した。

 

この色彩効果は、現在見られる黒い背景の上に、薄く透明な絵の具(釉薬)を重ねることで得られたものだという。しかし、緑の釉薬の有機顔料である藍と溶着の2つの顔料は色あせてしまっている。

所有者の変遷


フェルメールの稀少な作品が海外に流出してしまうのを長年阻止しようとしていたヴィクトル・デ・スチュアースの助言により、アーノルドゥス・アンドリース・デ・トムベは、1881年にハーグのオークションでこの作品をわずか2ギルダー+30セントで(現在の購買力で約24ユーロ)で落札した。

 

当時、この作品の状態は悪く、デ・トンベには相続人がいなかった。デ・トムベには相続人がいなかったので、1902年にマウリッツハイス美術館に寄贈された。

 

1965年と1966年には、ワシントンD.Cのナショナル・ギャラリーで開催されたフェルメール展で展示された。

 

2012年には、マウリッツハウス美術館の改修・拡張工事における巡回展の一環として、日本では東京国立西洋美術館で、2013年から2014年にかけてアメリカではアトランタのハイミュージアム、サンフランシスコのデ・ヤング美術館、ニューヨークのフリック・コレクションで展示された。

 

その後、2014年にイタリアのボローニャで展示された。2014年6月にマウリッツハイス美術館に戻ってきた。

ハーグのマウリッツハイス美術館
ハーグのマウリッツハイス美術館

技術


地色は、チョーク、鉛白、黄土色、ごくわずかな黒で構成されており、濃密で黄色がかった色をしている。暗い背景には、ボーンブラック、ウエルド(ルテオリン、レセダ・ルテオラ)、チョーク、少量の赤黄土色、藍色が含まれている。顔とドレーパリーはおもに黄土色、天然のウルトラマリン、骨黒、木炭黒、鉛白を使って描かれている。

 

2018年2月から3月にかけて、美術の専門家からなる国際的なチームが2週間をかけて、美術館内に特別に作られたガラス張りの工房で、一般の人も見学できるようにしながらこの絵画の研究を行った。研究ではフェルメールが使用した手法や材料について詳しく知るために、作品を枠から外して顕微鏡やX線装置、特殊なスキャナーを使って解析した。

 

このプロジェクトは「スポットライトの中の少女」と名付けられ、マウリッツハイス美術館の保存修復士であるアビー・ヴァンディヴェール氏が主宰し、その成果がマウリッツハイス美術館によって発表された。ヴァンディヴェールのブログには、プロジェクトの詳細がたくさん書かれている。

 

その結果、繊細なまつげの存在、頭の後ろの緑のカーテン、変更点、使用した顔料とその由来の詳細などが判明した。

 

眉毛がなく、背景に特徴がないことから、フェルメールは理想化された顔や抽象的な顔を描いているのではないかと推測されていましたが、その後の発見により、実際の空間であり、実在した人物を描いていることがわかった。

 

ただし、真珠は輪郭がなく、また、少女の耳からそれをひっかけるフックがないため幻想だと説明している。

絵画のタイトル


この絵は何世紀にもわたって、様々な国で様々なタイトルが付けられてきた。元々は、フェルメールの没後の目録に記録されている「トルコ風に描かれた」(Twee tronijnen geschildert op sijn Turx)という2つのトロニー作品のうちの1つであったと考えられている。

 

1696年にアムステルダムで行われた絵画の販売に出品された可能性があり、当時のカタログには『アンティークの衣装を着た肖像画、並外れて芸術的』(Een Tronie in Antique Klederen, ongemeen konstig)と記載されている。

 

1902年マウリッツハイス美術館に遺贈された後、この絵は『ターバンを着けた少女』として知られるようになったが、そのタイトルの由来は1675年の目録にターバンがヨーロッパのトルコ人との戦争の間、魅力的なファッションアクセサリーになっていたことがメモされていたためである。

 

しかし、1995年までには現在の『真珠を付けた少女』というタイトルのほうが適切だと考えられるようになった。

 

真珠は、実際、フェルメールの絵のうち21点に描かれているが、その中でも《真珠のネックレスを付けた女性》では、真珠が非常に目立っている。

 

ほかに、《手紙を書く女性》《若い女性の習作》《赤い帽子をかぶった少女》《笛を吹く少女》にもイヤリングのみ描かれている。

 

一般的にこの絵の英語のタイトルは単に「Head of a Young Girl(少女の頭)」と呼ばれていたが、「The Pearl(真珠)」と呼ばれることもあった。ある評論家は、この名前はイヤリングのディテールからだけでなく、暗い背景の中で人物が内面的な輝きを放っていることから付けられたと説明している。

《真珠のネックレスを付けた女性》,1664年
《真珠のネックレスを付けた女性》,1664年

■参考文献

https://en.wikipedia.org/wiki/Girl_with_a_Pearl_Earring、2020年5月25日アクセス