カテゴリ:後期印象派



【作品解説】フィンセント・ファン・ゴッホ「ジャガイモを食べる人々」
作品解説 · 27日 12月 2021
「ジャガイモを食べる人々」は1885年にフィンセント・ファン・ゴッホが制作した油彩作品。82cm × 114cm。アムステルダムにあるファン・ゴッホ美術館が所蔵している。 1885年の3月から4月上旬にかけて、ゴッホは「ジャガイモを食べる人々」の習作スケッチをしており、それをパリにいる弟テオに送っているが、テオはこの作品に関してあまり関心を持たなかったとされ、また画面全体が暗すぎると批判も浴びた。 テオの反応をよそに、当時のゴッホとしては自身が本当に表現したかった農民の姿を描いたベスト作だったと述べている。また、かなり難易度の高い構図を描き上げて、自身が優れた画家への道を歩んでいることを証明したかったという。

【作品解説】フィンセント・ファン・ゴッホ「悲しみ」
作品解説 · 27日 12月 2021
「悲しみ」は、1882年にフィンセント・ヴァン・ゴッホによって制作されたドローイング作品。44.5cm×27.0cm。イギリスのウォルソール新美術画廊のガマン・ライアン・コレクションの1つ。カタログ・レゾネではF929aとなっている。 ゴッホが画家になる決心をして2年後に描かれた作品で、ゴッホのドローイング作品において最もよく知られているマスターピース。描かれている女性は、ゴッホの当時の愛人で娼婦だったクラシーナ・マリア・ホールニク(通称シーン)。

【作品解説】フィンセント・ファン・ゴッホ「黄色い家」
作品解説 · 27日 12月 2021
「黄色い家」は1888年にフィンセント・ファン・ゴッホによって制作された油彩作品。「通り」と呼ばれることもある。このタイトルは1888年5月1日にゴッホが借りたフランスのアルルにあるラマルティーヌ広場2丁目の角にあった4フロアの家屋のことを指している。 画面手前中央右側の緑色のシャッターの小さな家屋がゴッホが借りていた家である。入居直後、ゴッホはテオに手紙で「陽光で黄色になる家と背景の新鮮な青色の対比が素晴らしい」と黄色い家に関する説明とそのスケッチ画を同封して送付している。

【作品解説】フィンセント・ファン・ゴッホ「アルルの女」
作品解説 · 27日 12月 2021
「アルルの女」は、1888年にフィンセント・ファン・ゴッホによって制作された油彩作品。92.5 cm × 73.5 cm。パリのオルセー美術館が所蔵している。 ゴッホがアルルに滞在していたときに寝泊まりし、また黄色い家の家具を調達していたカフェ「カフェ・ド・ラ・ガール」のオーナーのジョゼフ・ミシェルジヌーの妻マリー・ジヌー(1848年6月8日-1911年8月2日)を描いた作品である。「ジヌー婦人の肖像」と呼ばれることもある。 「アルルの女」は複数存在する。最初のバージョンは現在、パリのオルセー美術館が所蔵しているもので、黄麻布キャンバスに油彩で描かれたものである(上の写真)。この作品はゴーギャンが所有していた。 2つ目のバージョンは、現在ニューヨークのメトロポリタン美術館が所蔵しているもので、キャンバスに油彩で描かれたものである。婦人のポーズや構図は同じではあるが、最初の作品ではテーブルに傘が置かれていたのに対し、2つ目の作品では本に置き換えられている。

【作品解説】フィンセント・ファン・ゴッホ「火の付いたタバコをくわえた骸骨」
作品解説 · 27日 12月 2021
「火の付いたタバコをくわえた骸骨」は1885年から1886年にあたりにフィンセント・ファン・ゴッホによって制作された油彩作品。32cm × 24.5cm。アムステルダムにあるファン・ゴッホ美術館に所蔵されている。 骸骨とタバコに焦点を当てた小作品で、おそらく1885年から1886年にかけての冬に制作されている。当時ゴッホはアントウェルペンで、アントウェルペン王立芸術学院の授業に出席していたが、授業は退屈で習うべきものが何もないと感じ、大学の教師たちと衝突していた頃に描かれたものである。

【作品解説】フィンセント・ファン・ゴッホ「糸杉と星の見える道」
作品解説 · 27日 12月 2021
「糸杉と星の見える道」は、1890年にフィンセント・ファン・ゴッホによって制作された油彩作品。ゴッホが糸杉を主題に置いた主要作品の1つとしても知られており、フランスのサン・レミ・ド・プロヴァンスで制作した最後の絵画作品である。現在はクレラー・ミュラー美術館が所蔵している。

【作品解説】フィンセント・ファン・ゴッホ「赤い葡萄畑」
作品解説 · 27日 12月 2021
「赤い葡萄畑」は1888年にフィンセント・ファン・ゴッホによって制作された油彩作品。ゴッホが生前中に売れたたった1枚の記念的作品として知られている。 1888年10月、ゴッホが計画していた芸術コロニーを頼ってゴーギャンがアルルを訪れる。二人はアトリエをシェアし、戸外制作も行うようになる。本作品はその頃に制作されたものである。 ゴッホは当時、秋を感じさせる赤と黄色に変化したアルルのブドウ畑に魅了されていた。太陽の黄色い光が水面に反射し、赤い葡萄畑とうまく調和している。

【美術解説】フィンセント・ファン・ゴッホ「後期印象派の代表で近代美術の父」
アーティスト一覧 · 27日 12月 2021
フィンセント・ヴァン・ゴッホ(1853年3月30日-1890年7月29日)はオランダの画家。後期印象派運動の中心人物。西洋美術史において最も有名で影響力のある芸術家の1人。近代美術の創設者とみなされており、20世紀初頭に出現した前衛芸術家たちに大きな影響を与えた。 わずか10年の創作期間のうちに約2100点以上の作品を制作。そのなかの約860点は油彩作品であり、フランスに滞在し、37歳で自殺するまでの約2年間で短期集中制作されたものである。風景画、静物画、ポートレイト、セルフポートレイトなどを大胆な色使いと表現主義的な激しいブラシストロークで描く。 上層中産階級の家庭で生まれたゴッホの子ども時代は、真面目で、大人しく、ナイーブだったという。若い頃のゴッホは画商で、よくヨーロッパ中を旅してまわっていたが、ロンドンに移り、失恋後、うつ病を患い画商の仕事をたたむ。

【美術解説】エドヴァルド・ムンク「ノルウェーを代表する表現主義」
アーティスト一覧 · 02日 12月 2020
エドヴァルド・ムンク(1863年12月12日-1944年1月23日)はノルウェーの画家、版画家。代表作品は1893年に制作した「叫び」。ノルウェー国内だけでなく、フランスやドイツで活躍する。 ムンクは自身の慢性的な精神疾患、遺伝的欠陥、性的自由、宗教的理想など、人間性や死に対してして多大な関心を持っていた芸術家で、こうした主題を強烈な色彩や半抽象的なフォルムで女性のヌードやセルフポートレイト形式で表現した。 また、内面を表現するのに最も説得力のあるポーズを探求しはじめた結果、頭を両手で抱えたり、どこか演劇のステージ上に立つ役者たちのようにオーバーアクションで描かれる点がほかの作家と大きく異る。「叫び」における頬を両手に当てたポーズは、のちに映画「ホーム・アローン」などで使われており、ポップカルチャーへの影響も大きい。

07日 6月 2020
「ヌードの習作」は、1880年にポール・ゴーギャンによって制作された油彩作品。裸の女性が衣服を縫っている姿を描いている。現在、コペンハーゲンにあるニイ・カールスベルグ・グリプトテク美術館が所蔵している。 マネやクールベの静物画や構図の影響が色濃く見られる作品。裸の女性は、マンドリンやタペストリーが飾られているマゼンダの壁を背後にし、ベッドメイキングが整っていないベッドに座り、縫い物に夢中になっている。光は女性の背後から差し込み背中を照らしているが、顔や胸のあたりは影になっている。

さらに表示する