· 

【作品解説】フィンセント・ファン・ゴッホ「ジャガイモを食べる人々」

ジャガイモを食べる人々 / The Potato Eaters

貧しい人々を描いたゴッホ初期作品の自信作


概要


作者 フィンセント・ファン・ゴッホ
制作年 1885年 
サイズ 82cm × 114cm
メディウム 油彩
所蔵者 ファン・ゴッホ美術館(アムステルダム)

《ジャガイモを食べる人々》は1885年にフィンセント・ファン・ゴッホが制作した油彩作品。82cm × 114cm。アムステルダムにあるファン・ゴッホ美術館が所蔵している。ゴッホの農民を主題とした絵画シリーズの傑作とみなされている。

 

この絵の油絵の原画はオッテルローのクレラー・ミュラー美術館にあり、また、この絵のリトグラフも制作され、ニューヨーク近代美術館などに所蔵されている。

構図


 1885年の3月から4月上旬にかけて、ゴッホは《ジャガイモを食べる人々》の習作スケッチをしており、それをパリにいる弟テオに送っているが、テオはこの作品に関してあまり関心を持たなかったとされ、また画面全体が暗すぎると批判も浴びた。

 

4月13日から5月初めまで制作を続け、同年末に小筆で修正を加えた以外はほぼ完成していた。

 

テオの反応をよそに、当時のゴッホとしては自身が本当に表現したかった農民の姿を描いたベスト作だったと述べている。また、かなり難易度の高い構図を描き上げて、自身が優れた画家への道を歩んでいることを証明したかったという。

 

 

ゴッホは貧しい農民の厳しい現実を描写しなければないと考えており、意図的に卑俗で醜いモデルを選んだが、完成した作品は自然であり汚れのない美しい作品であると思っていた。

 

2年後、パリで妹のウィレミナに宛てた手紙の中で、ゴッホは『ジャガイモを食べる人々』を最も成功した絵だと考えていたと書いている。

 

「自分の作品について思うことは、ヌエネンで描いたジャガイモを食べる農民の絵は、結局のところ私がやった最高の作品だということだ」。

 

しかし、この作品は描かれてすぐに友人のアントン・ファン・ラパルドから批判された。これは新進芸術家としてのゴッホの自信に打撃を与え、彼は友人にこう返した。

 

「あなたには...私の作品をあなたのような形で非難する権利はない」(1885年7月)、その後 「私はいつもやり方を学ぶためにまだできないことをやっている」と書いた。(1885年8月)と言っている。

 

フィンセント・ファン・ゴッホは、ベルギー人画家シャルル・ド・グルー、特に彼の作品《夕食前の祝福》を賞賛していたことが知られている。ド・グルーの作品は、農民の家族が夕食の前に恵みを口にする様子を荘厳に描いたものである。

 

ド・グルーの作品は、農民の家族が夕食の前に恵みを口にする様子を荘厳に描いたものである。この絵は、キリスト教の「最後の晩餐」の表現と密接に関連していた。

 

ゴッホの《ジャガイモを食べる人々》は、このド・グルーの作品から着想を得ており、ゴッホの作品にも同様の宗教的意味合いを見出すことができる。

シャルル・ド・グルー《夕食前の祝福》1861年
シャルル・ド・グルー《夕食前の祝福》1861年

バージョン


《ジャガイモを食べる人たちの第2習作》 1885年 クレラー・ミュラー美術館 オッテルロー
《ジャガイモを食べる人たちの第2習作》 1885年 クレラー・ミュラー美術館 オッテルロー
《ジャガイモを食べる人たちの習作》 1885年 個人蔵 (F77r)
《ジャガイモを食べる人たちの習作》 1885年 個人蔵 (F77r)
《ジャガイモを食べる人たちの習作》
《ジャガイモを食べる人たちの習作》

リトグラフ


ゴッホは《ジャガイモを食べる人たち》の構図をリトグラフにしてから絵に取り掛かった。テオに印象を送り、友人に宛てた手紙には、このリトグラフを記憶に基づいて一日で制作したと書かれている。

 

ゴッホは1882年にハーグで初めてリトグラフの実験をしている。彼は小規模なグラフィック作品を好み、イギリスの版画の熱心なコレクターであったが、グラフィック媒体での制作は比較的少なかった。 1882年12月3日ごろの手紙の中で、彼は次のように述べている。

 

「しかし、例えば版画の「ザ・グレイス」(木こり一家や農民の食卓)が、一気に最終形まで作られたと考えるのは大間違いだと思います。いや、たいていの場合、小さなものでも、イラストレーションという仕事を軽く考えている人が想像しているよりも、ずっと真剣な研究によってのみ、その堅固さと骨太さが得られるのだ......。とにかく、大きな額縁に入った絵は、とても充実しているように見えるのに、あとで見ると、とても空虚で、不満な感じがするのです。一方、木版画やリトグラフ、銅版画など、たまに見過ごすと、時間が経つにつれて愛着がわき、そこに何か大きなものを感じ取ることができる」。

リトグラフ(1885年4月) 裏向き、アムステルダム、ライクスミュージアム蔵
リトグラフ(1885年4月) 裏向き、アムステルダム、ライクスミュージアム蔵

ハーグ派からの影響


ゴッホといえば、ポスト印象派のイメージが強いが、実はもっと身近なところでは、アントン・モーヴやヨゼフ・イスラエルスといったハーグ派の画家たちがルーツとなっている。

 

1884年6月中旬に書かれた弟テオへの手紙の中で、ヴィンセントはこう述べている。

 

「新しい名前がたくさん出てくると、その名前を全く見たことがない僕には理解できないことが多いんです。印象派という言葉も、自分が思っていたのとは違うものだということはわかりましたが、何をもって印象派とするのか、まだはっきりしません。でも、私自身は、たとえばイスラエルスを見ていると、非常に多くのことを感じるので、何か違うもの、新しいものに興味を持ったり、熱望したりはしないんです」。

 

ゴッホが《ジャガイモを食べる人々》を描く前に、イスラエルスが《食卓の農民》で同じ主題を扱っており、1882年3月11日にテオに宛てた手紙のコメントから判断すると、ゴッホはこれ(あるいは少なくともその変形)を見て、自分なりのバージョンを制作する気になったのだろう。構図的には、両者とも背中を向けた人物を中心にした構図で、非常によく似ている。

 

《農民一家の食卓》で得た関心と同時に、ゴッホはよりシンプルな生活様式を好むようになった。ゴッホは、細かいことを気にしない性格で、弟のテオに宛てた手紙にこう書いたことがある。

 

「お金をもらうと、たとえ断食していても、食べ物のためではなく、絵を描く力が高まります。一方、私の命綱は、住んでいるところの人たちとの朝食と、夕方のクレメリーでのコーヒーとパンです...」。

 

ゴッホは、かなり裕福な家庭の出身でありながら、中産階級に感情移入していたようだ。労働者階級の生活の厳しい現実を題材にしていたのである。

 

また、彼は単純にジャガイモ、オランダ語ではアールダペルの持続性に感心していた。Aardappelは直訳すると「大地のリンゴ」で、よりシンプルで心のこもったライフスタイルをイメージしている。

盗難事件


1988年12月、クレラー・ミュラー美術館から《ジャガイモを食べる人々》の初期版、《織姫のインテリア》、《乾燥ひまわり》が窃盗団に盗まれた。1989年4月、窃盗団は身代金250万ドルを要求し、《織姫のインテリア》を返還した。他の2作品は1989年7月14日に警察が回収したが、身代金は支払われていない。

 

1991年4月14日、フィンセント・ファン・ゴッホ国立美術館で《ジャガイモを食べる人々》の最終版を含む主要絵画20点が強奪される事件が発生した。しかし、逃走車のタイヤがパンクし、絵画を残して逃走せざるを得なくなった。強盗から35分後、絵画は回収された