· 

2018年12月のアート・ニュース


■12月29日

Artnetによる2018年に起きたアート・ワールドの論争事件12

 

ヒロ・ムライ、チームラボ、バンクシーまでArtsyが2018年視覚文化を振り返る

 

Artsyによる2018年に起きた美術史における大発見15

 

美術手帖による2018年のアートマーケットを振り返る

 

堤清二は現代アートで日本人を啓蒙した

誇り高き芸術家たちのパトロンだった堤清二

セゾン現代美術館で堤清二の魂と語り合った

 

20世紀におけるアヘンと芸術の複雑な関係

 

ザックリした画商の歴史

 

マルセル・デュシャンは中国現代美術にどのように影響を与えているのか

 

ヌード・セルフポートレイトの開拓者アン・ブリグマン

 

ハーストからマッギンレーまで。世界的アーティストが手がけたミュージックビデオをピックアップ

 

19世紀西洋の日本ブーム=「ジャポニスム」が与えた意外な影響

 

オランダの静物画に「頭蓋骨」が描かれた、宗教的な理由とは?

 

ウクライナから大戦中に盗まれた絵画、米民家で発見 美術館に返却へ

 

覆面芸術家・バンクシーのグラフィティアートをプリントした限定Tシャツ&スウェット

 

 

 

■12月25日

2019年前半のロンドンの注目展示。ゴッホ、ゴーギャン、ドロテア・タニング、ダイアン・アーバスなど

 

アート市場専門の世界的大手通信社を創出するArtpriceとCision

 

美術品の価値、フローからストックへ

 

堤清二は現代アートで日本人を啓蒙した

 

女性問題で指を撃ち落とされる? 「叫び」のムンクの意外な素顔とは 

 

なぜ、こんなに“芸術文化”が集まってる?上野がUENOになるためにできること

 

 

よしもと芸人が「アートとお笑い」融合 松本人志が感心する「パラデル漫画」とは

 

■12月21日

1位はレアンドロ・エルリッヒ展の61万人。2018年美術展覧会入場者数 TOP10

 

無名の少年から伝説のアーティストへ──若きバスキアを知る映画

 

ヒグチユウコの大規模な展覧会が開催!

 

【関連】ヒグチユウコ「猫のイラストレーター」

 

■12月20日

バンクシーの新作品がイギリス、ポート、タブロットの鉄鋼労働者のガレージの壁に突如現れる!

Instagram

 

アンダーグラウンド映画の伝説、ケネス・アンガーが放つ映像的記憶とは? 短編集から抜粋した写真作品を発表

 

■12月19日

ぬか喜びの韓国系住民、壁画撤去が今度は撤回

 

Googleが火災で全焼したブラジル国立美術館をウェブ上に再現

 

「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2019」歴史的建造物で国内外フォトグラファーの新作展示

 

 

ジョブズのサイン入りMac雑誌、約542万円で落札。サインなし名刺もオークションで約71万円の高値に 

 

■12月18日

AKIRAの世界、ふたたび。大友克洋がデザイン監修のNHKスペシャル『東京リボーン』が放送開始

 

2019年、注目の展覧会&アートNews 10。

 

 

パウル・クレーの生誕139周年を記念したGoogle Doodle

【関連】パウル・クレー「色彩と線の魔術師」

 

競売にかけられたダリの最も有名な作品の1つ「ロブスター・テレフォン」を国外流出を防ぐためスコットランド国立美術館が購入

【関連】ロブスター・テレフォン

 

【関連】エドワード・ジェームズ

 

■12月17日

ボー・スタントンの旭日旗の壁画が消去されるなら、シェパード・フェアリーが自身で描いた壁画も消去する予定

 

中国は「芸術コピー国の世界的首都」の汚名をそそごうと戦っている

 

ナチスによる美術品略奪と奪還を巡る相続人たちの戦いを追う「ヒトラーVS.ピカソ」4月公開

 

タレルやアブラモヴィッチのスパも。オーストラリア最大のプライベートミュージアム「MONA」が「Motown」計画を発表

 

■12月16日

旭日旗を想起、LAコリアタウンの公立校壁画消去

 

ビジネスエリートになぜ「アート鑑賞」が必要か

 

お金持ちが高額品の換金に迫られる事情3選 香港オークションが断然世界一と言えるワケ 

 

 

ゴッホの自画像の背景は、なぜうねっていたのか?

 

■12月14日

ピラミッドで男女裸に 手助けのエジプト人2人逮捕 

【関連】デンマーク人写真家の公式サイト

 

人権のために戦い続けよう。アイ・ウェイウェイが人権組織のイベント「Fly The Flag」に向けデザインした旗を発表

 

ピカソ、クレーの名画の「裏側」を見る展覧会でナチス略奪の軌跡を知る

 

ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代」国立西洋美術館で、作品約100点&資料が集結

 

クリムトの「金の夫人」のモデルとして知られるアデーレ・ブロッホ=バウアー夫人のダイヤモンド指輪が、サザビーズ・ロンドンのオークションで5万5千ドルで落札

【関連】アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I 

 

スタンリー・ウィットニーは70歳でどのようにして現代抽象絵画のイコンとなったのか

 

企画展「塩田千春展:魂がふるえる」を森美術館で - ”糸”のアーティストの過去最大規模の個展

 

ガチムチで毛深く中年男性のためのGBTQサブカルチャー「ベア」に特化した展覧会「LOVED」がヨーロッパでスタート

【関連】「LOVED」公式ページ-Facebook

 

 

■12月12日

ピラミッドでセックス写真を撮影したデンマーク写真家アンドレアス・Hvidの公式サイト

 

ピラミッドでセックス写真を撮影した理由とは?

 

アート・バーゼル・マイアミ売上レポート 

 

 

アート・バーゼル・マイアミで展示された最も奇妙で最悪な10作品

 

アート・バーゼル・マイアミ高額作品販売リスト。14人の作家16の作品が100万ドル以上で販売。マルク・シャガールの作品は300万ドル

 

 

村上隆や草間彌生に次ぐ、世界が注目する7人の日本の現代美術の巨匠。奈良美智、タカノ綾、森万里子、杉本博司、束芋、森山大道、塩田千春

 

ニュージャージー州の倉庫で発見されたウィレム・デ・クーニングの6作品が250万ドルで売却される

 

戦後に生み出されたフォトコラージュ、そのイメージの源泉を追って。岡上淑子の個展が東京都庭園美術館で開催

 

【関連】岡上淑子「マックス・エルンストに影響を受けた幻のコラージュ・アーティスト」

 

■12月10日

欧州人権裁判所、ロシア政府にプッシー・ライオットへ5万5000ドルの人権侵害賠償金の支払いを命じる

 

「日本では考えられない、突然の大出世」 美術館ディレクターのグローバル思考

 

80年代に“セルフィー”を先取りした美術家が今、問うこと

 

■12月8日

福沢一郎の生誕120年を記念して、パリ時代から晩年まで多摩美術大学所蔵の全作品を一堂に展示 

 

「ル・コルビュジエ」建築の原点となる作品を紹介する展覧会が国立西洋美術館で開催

 

ゴールデンカムイ、大英博物館の公式Twitterを飾る。

 

■12月7日

【近現代美術】

 

大英博物館で「日本の漫画展」 19年5月、世界最大規模

 

東京都現代美術館が3月下旬にリニューアルオープン 2つの展覧会を開催

 

デュシャン作品の殿堂。

フィラデルフィア美術館館長、ティモシー・ラブに中尾拓哉がインタビュ

 

日本人アーティストはなぜ世界で通用しないのか?<芸術起業論> - 村上 隆

 

「アルフォンス・ミュシャ展」が新宿で - 代表作「ジスモンダ」など約400点展示、グッズ販売も

 

「クリムト展」 東京・愛知で開催 -《ユディトI》など過去最大級、20点以上の油彩画

 

【オークション】

 

スティーブ・ジョブズのAppleⅠ手書き仕様書がオークションに出品。落札予想価格は約680万円

 

アインシュタイン直筆の「神の手紙」、3億円超で落札

 

【アート・ワールド】

アート・バーゼル・マイアミ2018開催。12月6日-9日

【関連】Art Basel-Twitter

 

シリン・ネシャット

現在最も注目されている政治系危険アーティスト。アメリカを基盤に活動しているイラン人。

【関連】Wikipedia

【関連】artnet

 

プラダ」や「フェンディ」も参加 世界最大級アートフェス「アート・バーゼル・マイアミ2018」の見所

 

【芸術映画】

ポンピドゥ・センターで河瀬直美監督の展覧会がスタート 上映でJ・ビノシュ登場

 

【アウトサイダーアート】

「何だ、これは!」アウトサイドで生きる人たちが本当にかっこいい!!

 

■12月6日

【近現代美術】

絶対に見逃せない美術展2019【1】

 

ノーベル賞を獲る人になぜか共通する「趣味」アートと科学の意外な類似点とは一体何か 

 

世界的名作が集結!話題の美術館ランキング 2018年は企画展示の当たり年?

 

iPhoneで撮った映像作品で2018年ターナー賞を受賞

 

【芸術映画】

アカデミー映画博物館が2019年開館 宮崎駿の大規模展やチームラボの展示

【関連】Academy Museum of Motion Pictures(公式サイト

【関連】Academy Museum of Motion Pictures-Wikipedia

 

【アート・ワールド】

バンクシー、難民ボートの作品で「重量当てクイズ」

 

【アウトサイダー・アート】

日本に埋もれていた衝撃の傑作「アール・ブリュット」が海外で高評価されているワケ

【関連】ART BRUT FROM JAPAN, ANOTHER LOOK - NOVEMBER 30, 2018 THROUGH APRIL 28, 2019(スイス)

【関連】アール・ブリュット ジャポネⅡ(パリ)

【関連】ボーダレス・アートミュージアムNO-MA」(滋賀)

【関連】もうひとつの美術館(栃木)

【関連】精神疾患の驚異アウトサイダー・アート

 

【ロウブロウ】

しりあがり寿も登壇の『バッドアート美術館展』レポート 名作か迷作か? 全110点が日本初公開!

 

 ■12月5日

パリ暴動で付近の美術館やオークションハウスが休業

 

Google、デジタルアート・ギャラリーにARを導入

 

マイケル・ケンナ写真展:A 45 Year Odyssey 1973-2018

 

■12月4日

原爆開発の科学者リチャード・P・ファインマンメモ、NYサザビーズで競売 広島投下後、いら立ち吐露

【関連】The Incandescent Drafts Of Brilliant Physicist Richard Feynman Have Sold At Auction For $3.8 Million

 

先週のオークション市場では近現代美術の中で、現代美術のみ売上が減少に

 

日本人は知らない、世界中の金持ちが「アート」を買う本当の理由 

 

■12月3日

Banksy が自身の作品 “Dream Boat” を景品としたチャリティーキャンペーンを開催

 

宇野亞喜良にインタビュー - “笑わない”少女絵を描く理由、毒と耽美の世界に迫る

 

ヴィヴィアン・マイヤーの希少なカラー写真の個展がNYで開催中

【関連】Howard Greenberg Gallery

【関連】【完全解説】ヴィヴィアン・マイヤー「謎のアマチュア写真家」

【関連】【写真集】Vivian Maier: The Color Work

【関連】Vivian Maier Color-YouTube

 

■12月2日

台北に新たなアートフェア「台北當代(タイペイダンダイ)」が誕生。ガゴシアンなど世界有数の90ギャラリーが参加

【関連】台北當代公式サイト

【関連】兵臨城下,帶來重大改變的「台北當代」──專訪台北當代藝博創辦人任天晉

【関連】首屆台北當代藝術博覽會 明年登場! | 華視新聞 20181118-YouTube

【関連】首屆台北當代藝術博覽會 畫廊名單公佈

 

 

■12月1日

巨匠画家「ゴッホ」の写真…実は弟のテオだった

 

オーストリアでルノワールの絵画が盗難に

 

寺田倉庫グループ、AIG損害保険とファインアートに特化した損害保険サービス

 

今、なぜビジネスマンにアートが必要なのか?

 

これからのビジネスにはアート的な視点が必要/クリエイティブディレクター 佐藤可士和さん